November 2009

November 28, 2009

同級生

小学6年の1回しか、一緒のクラスにならなかった同級生。私はからかわれる側でケンカばかりしていたし、好きとも思わなかったけど印象深い同級生。中学にあがるとクラスも離れ、話すこともまったくなくなったけど、頭の中にはあいつがいた。親同士が仲良しなのもあるが、個性が独特で我が道を行く的な子だったからだろう。

だけど、もう会えないんだよな。私たちのいる場所から遠いところへ、私たちどころかお母さんよりも早く行っちゃうなんて。しかも、誰もいないうちに、眠ったまま静かにだなんて…
とにかく、未だに信じられない。その話が来たときは嘘だと思ったし、昨日対面したときにはホントに「寝てるだけなんだろう?起きてよ」と言いたくなったほどだもの。まだまだやりたいことがたくさんあっただろうに。これからってときに、なんで。確かに私たちもいつかはその「遠く」へ旅立つけど、24でそこへ行っちゃうなんていくら何でも早すぎるよ。それがたまらなく悲しい。ねえ、なんでなのさ…

まあ、あまり折り合いがよくなかったお前にしてみれば、お前の中で私の印象は薄いのかもしれない。でも、私もいろいろ言いたいことはある。それは文句ではなく、今の自分の気持ち。一緒のクラスだったとき大ゲンカして、さんざん傷つけたことにも、意地張って謝らなかったしな。まあそれはお前も同じで、お互い様ではあるが。
とにかく12年も遅れたが、あのとき素直に「ごめんなさい」と言えなかったぶん、私が悪かったところは謝りたいし、お前が私にしてきたことも許したい。私の声も届かない遠くへ行ってしまったお前に届いているかはわからないけど、これが今の私の気持ち。少しでもいいから、届いているといいな。

まあ、いつになるかはわからないが、私たちもいつかはその「遠く」へ旅立つ。そのときまで、お前の大事な友達を見守ってやってくれ。私がそっちへ行ったときには、自慢話なり文句なりいろいろ聞いてやるから、またケンカしような。そのときはお互い、お手柔らかにね。


この同級生とは、今日が最後のお別れ。ここに書いたこと以外にも思うことはあるけど、彼女の前ですべての気持ちを伝えたいと思う。

百億の人々が 忘れても 見捨てても
空の掌の中 人は永久欠番
空の掌の中 人は永久欠番(中島みゆき「永久欠番」より)

Rest In Peace

prelude9900 at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

November 22, 2009

頂点までもうすぐだ!ベガルタ仙台!!

DSC02542なんて言ったらいいのかわかんないけど、やっぱりベガルタ仙台はやってくれた。その一言に尽きます。どうもこんばんは。父とともに、セレッソ大阪との首位決戦をユアスタで観戦してきた早乙女乱子です。スタジアムでは写真のタオルが販売されていて、チケット完売の情報と同じくらい、期待度の高さをキックオフ前から感じました。

とにかく、今日の試合は一進一退の攻防という表現が適切な内容でしたね。セレッソのボール支配率と、ベガルタ仙台の支配率がほぼ同率のような気がしました。ただ、セレッソはセカンドボールを拾うことが多く、そこからの攻撃展開にかなりはらはらしながら応援してましたよ。いずれにせよ、林の好セーブや相手のミスキックで救われましたが…

ベガルタも自分たちの守備並みに固いセレッソの守備をこじ開けるべく、攻めあがってましたね。あんな厳しいマークの中、前半のシュートだけでも確実に2点は取れていたであろう。ポストにはじかれたり、キーパーに阻まれたりと、ホントに惜しかったです。
後半はセレッソに香川が入り、若干セレッソペース。個人技でゴール前まで持っていかれて危ない状態になることが多かったように思います。それでも、選手の戻りがセレッソの攻撃に追いついていて、確実にクリアしていましたね。林の好セーブにも何度救われたことか…

そしてドローで終わるかと思われた後半ロスタイム終了間際。千葉直樹のパスを受けた朴 柱成がヘディングシュート!これが決まって逆転首位です!!スタンド総立ちでのベガルタ仙台コールに、鳥肌が立つほどの興奮を覚えました。

こうして、今日の決戦はベガルタ仙台の劇的勝利で終わりましたが、まだリーグ戦は2試合、天皇杯も残っています。リーグの頂点も、サッカーの頂点も獲得できるよう、最後まであきらめず、がんばってほしいです。私も最後まで応援していくからね!


さて、これから同期の子と食事してきます。それではまた。


prelude9900 at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | ベガルタ仙台

November 18, 2009

とぅえんてぃーふぉーいやーずおーるど

はい、今日が誕生日の早乙女乱子です。どうもこんばんは。

なんだろうねえ、誕生日を迎えてから翌年の誕生日に至るまでの時間が年々短くなってるような気がしてしょうがない(爆。まあ、何があっても1日は24時間、1年も365日なんだけどさ。特に去年の誕生日から今日までは例年になく短かった。それだけやることがいっぱいで、日々が過ぎていくのを感じる間もなかったんだろうねえ…

ここで、去年の誕生日から今日までを少し振り返ってみよう。最初の半年はいわゆる「売り手市場」の時代に内定が取れないまま(今思えば、最初に受験した会社に最後の最後で蹴られたショックを引きずりすぎたせいだろう…)「第二期就職氷河期」に入り、そのまま誕生日を過ぎても就活の日々という状態でしたね。もう受け続けるしかないと、適性とか職種とか無関係に、いろいろな会社の就職試験を受け、幾度となくお祈りメールをもらううちに気づけば年明け。さらには年が明けても状況は変わらず、またがむしゃらにやっていくうちにもう卒業。極めつけは新年度かよ!そんな感じでした。卒業式直後は将来への不安と焦りから精神的にも不安定になって、学生就職支援センターの相談窓口で「いっそ、殺してー!」と言って泣いた日もありました。
そしてその日が今の職場と出会った日。私の話を聞いて、「この仕事なら向いてると思う」と、職員の方が求人を紹介してくれたのがその出会いでした。「あなたを必要としてくれるところはきっとあるからそんなふうに思わないで」という職員の一言に支えられて、今の職場の紹介を受け入れたことを今でも覚えています。その何日か後に行った、山下達郎さんのコンサートで聞いた「ピンチはチャンスです」という達郎さんの一言にも勇気づけられたしね。

そして縁あって就職試験に合格し、働く日々が半年。覚えることがいっぱいで、指示を受けつつ仕事を覚えていく日々を過ごすうちに、いつの間にか今日という日を迎えていましたよ。まあ、仕事ではいろいろと失敗したり、怒られたり、悔しい思いをしたりもするけど、それでも自分に合ってる職場だし、「やめたい」の4文字は全然出てきません。まだまだ必要な知識があって覚えるのが大変だけど、とことんやっていきたいと思っています。

今日で24歳。だけど年齢が上がったからってあまり変わった気がしません。この歳になっても相変わらずアニオタ、漫画オタ、ホンダマニア、果てはアダルトゲームプレーヤーだし。でも、すべてのことに最後まで真面目に取り組むことは公私関係なく、大事にしながら生活していきたいと思います。

最後に、私を生んでくれた両親をはじめ、私を取り囲むすべての方々へ。
今年も無事に誕生日を迎えられたのは、他ならぬみなさんが私と一緒にいてくれたおかげです。ありがとう!

prelude9900 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 15, 2009

天皇杯ベスト8進出!

今日は別に予定もなく、部屋の掃除と片付けをしながらサッカー天皇杯第4回戦の戦況を見守っていたわけですが…やはり、今年のベガルタ仙台は強い。ナビスコカップ覇者FC東京相手に0-3で大勝し、ベガルタ史上初のベスト8進出を決めました。どうもこんばんは。このモチベーションとペースで行けば、ベガルタのJ2優勝どころか天皇杯優勝も夢じゃないとマジで思えてきた早乙女乱子です。

ちなみにテレビでは明治大学とアルビレックス新潟の試合。こちらもいい試合でしたね。結果は1-3でアルビレックスの勝利に終わりましたが、明治大学もアルビレックスに引けを取らない攻撃力と、最後まであきらめない精神力で相手を圧倒していたと思います。そういう意味では負けても、チームが持っている力はJ1チームと何ら大差ない。今日の敗退で、悔しい気持ちもあるだろうけど、総合的な能力はJ1と互角なんだから、来年はこの悔しさをバネに、今のモチベーションを保ってベスト8進出、さらにはベスト4を狙ってほしい。そう思います。

さて、ベガルタ仙台に話を戻そう。mixiコミュの実況トピックでしか経過を見ていないので、実際の試合内容がどうだったかは論ずることができないけど、実況トピックや両チームの公式ページから判断するに、ボール支配率はベガルタの方が上回っていたようです。確かにFC東京もゴール前のクロスを平山が相手GKと競って、こぼれを羽生が拾いシュート(ゴールネットを揺らすも、ファウルでノーゴール)するなど、力では負けてなかったけど、先制点を許してどこか焦りが出てしまったような感じ。試合総括を見る限り、決定機を活かせなかったようです。

ひとまず、昨年の借りを返して(去年は2-1でベガルタが敗れている。そのときは今日とまったく逆のパターンで、試合内容はよくても<オシム前日本代表監督すらベガルタを絶賛するほどだった>ベガルタが決定機を活かせなかった)、ベガルタ仙台史上初のベスト8進出となったわけですが、もちろんまだ終わりじゃない。まさに勝って兜の緒を締めよです。気を引き締めて、まずは22日のセレッソ大阪戦に勝利し、リーグ戦の首位を奪還してほしい。そして、リーグ戦最終目標である優勝を果たしたうえで、天皇杯準々決勝に臨んでほしいと思います。特に、準々決勝はJ1首位の川崎フロンターレですからね。モチベーションを維持して、頂点を目指すことを期待します。それが実現できるよう、私も応援するしね。

さてと、明日は早出なので、お風呂に入ってそろそろ寝ます。じゃ、おやすみ!

prelude9900 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | ベガルタ仙台

November 08, 2009

長かった、苦しかったけど、ホントによかった

悲願を達成した劇的な瞬間から8時間経ちましたが、まだ興奮冷めやりません。どうもこんばんは。とにかく、うれしいの一言しか出てこない早乙女乱子です。昇格が決まった瞬間にはうれしさのあまり、横にいた父に飛びかかってしまいましたから(苦笑。

最後の最後で涙をのんだあの日から1年。土砂降りの大分スタジアムでの屈辱から6年。どっちから数えても本当に長かったけれど、彼らはついにやってくれましたよ。何度でも繰り返すけど…




ベガルタ仙台、J1復帰です!!!!


それまでみたいに「残留したから監督を変える」という愚行に走らなかったことも大きかったけれど、6年間J2で戦っていく中で、選手もサポーターも成長したことから今日という特別な日につながったと思います。なかなか復帰できなくても、信頼を揺るがす出来事を犯しても(昨シーズンのキャンプ中)、サポーターは選手を信じて応援し続けたし、選手もそれに応えて、自分たちの失敗はプレーで挽回するようにしてきたし、そこからも今回の結果は選手とサポーターが一緒になって勝ち取ったものと言えましょう。

そして、今日の試合はこれまでの集大成とも言えるほど、立ち上がりから相手を圧倒する内容でした。前半2分に中島のゴールで先制して、23分には千葉直樹のヘディングで突き放し。後半には菅井とマルセロソアレスのゴールで試合を決めました。守備も、後半の立ち上がりこそ水戸の反撃に苦しんだものの、全員が終始落ち着いて守備していたように思います。

そんな仙台をサッカーの女神は見放しませんでした。今日の試合で昇格を決めるには、3位の甲府と4位の湘南が両方とも引き分け以下でなければならないという条件があったんですが、ふたを開けてみると甲府は福岡に1-2で破れ、湘南はヴェルディと2-2でドロー。試合中も、仙台が勝ってからも昇格を祈っていましたが、湘南が引き分けたという情報を入手してからはそれが確信に変わりました。そして、甲府の敗北が決まった瞬間には前述の通り横にいた父に飛びかかってしまうほどのうれしさを感じ、その余韻は今もさめていません。

さて、6年という長いJ2残留期間を終えたベガルタ仙台。しかし、ここから先は今シーズンとは違った意味で、もっと厳しい道が待っています。プレーのレベルも違うし、トップリーグである以上周囲のチームを見る目だってより厳しくなる。だからこそ、かつての京都パープルサンガや自分たちみたいに、数年での逆戻りなんて絶対許されないし、絶対あり得ない。J2降格、そして6年の足踏みを経験して、選手、サポーターともにそのことをきっと学んだはずだし、みんな強く肝に銘じているはずです。J1昇格は1つの通過点。次はJ1でも通じるチームであることを他チームに見せつけるべく、J2逆転優勝、さらにはサッカー最高峰の「天皇杯優勝」を見据え、残りの試合を戦ってほしいと思います。

最後に、やっぱり私は最後まであきらめず、勝利を求めてがんばるベガルタ仙台が好きですし、信じています。昨年の入れ替え戦のロスタイムや、勝ちがほぼ見えても怒濤の攻撃を続けた今日の後半みたいなゲームを、J1の舞台でも数多く見せてほしい。ってか、それを見せるのはJ1とか、J2とか関係ない。どのリーグでも力強いプレーができれば、自ずと結果はついてくる。どのリーグでも頂点を目指し、私も応援という形でベガルタ仙台とずっと共闘していきたいと思います。

prelude9900 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | ベガルタ仙台

やったぁー!

c55f57c2.jpgベガルタ仙台、J1復帰だぁーっ!!


prelude9900 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) From Mobile 

November 04, 2009

寒い、とかく寒い…

寒いです。今朝はみぞれも降ってたし。暖かい日が続いたと思ったら急に寒くなるなんて、いったい何なんでしょうねえ…どうもこんばんは。何事もなく…とは言えませんが、どうにかこうにか繁忙期を乗り切った早乙女乱子です。またまた2週間ぶりの登場ですね。もういっそのこと、隔週1回更新にしちゃおうかしら(苦笑。まあそんな枠を作るよりかは、勝手気ままに書きたいことが書けた方がいいので、マジでスタンスを変える気はないけどね。連続更新か否かに関係なく、今まで通りネタがあればばーっと書き出していこうと思います。

とはいえ、今日も遠くに出かけたわけでも、何か特別なことをしたわけでもないんだけどね(爆。疲れが出たせいか、午前中は家の片付けをした後倒れ込むように寝ちゃって3時間気づかなかったし。午後も、積雪対策として車の雪下ろしを買いに行ったくらい(まだ積もるには早いが)。非常に怠惰な過ごし方だけど、それまでが忙しかったんだし、まあいいか…

ちなみに、雪下ろしはオートバックスで売ってた特価品を買いました。柄が木製で軽いのはいいんだけど、その柄が短いのがネックです。保管場所は取るものの、効率よく積もった雪を落とせるから、どっちかと言えば柄は長い方がいいんだよねえ。単純に値段だけで選んだのが失敗だった…でも、柄が短いぶん、トランクで場所を取らないし、それはそれでいいか。それよりも重要なのはスタッドレスタイヤだし(去年買い換えたばっかりで、溝はバッチリ)。いつ交換しようかな?今月中旬には変えるつもりだけど、同僚に交換をお願いする手前、早めに予定を立てなくちゃ…

予定と言えば、カレンダーもそろそろ用意する時期か。来年のカレンダーはらき☆すたにしようかな?それともけいおん!にしようかな?どっちも捨てがたいけど、けいおん!のカレンダーの方がシンプルにまとまってていい感じなので、今回はけいおん!のカレンダーにするかもしれません。まあもう少し考えてから買おう。まだ時間はあるし…

どれ、明日も仕事。そろそろ寝ます。…って書いた瞬間日付変わった(爆。あぁっ、もういいや。寝ちゃおう寝ちゃおう寝ちゃおう!

prelude9900 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 
現在の訪問者
Hondaファンパーツ
記事検索
Caution

・当ブログの一部記事およびカテゴリには、不適切表現(15歳以上推奨)を含むものがあります。そうした記事はその旨を明記の上、不適切表現が含まれる部分より先を「続きを読む」からご覧いただくよう設定しておりますが、ご覧の際には十分ご注意ください。
不適切表現ありの記事をご覧になって生じた結果について、当方では責任を負いかねます


・記事の無断転載は一部・全部を問わずご遠慮ください。ただし、バトンに関しては質問文のみ転載可です。

・誹謗中傷など、公序良俗に反するコメントならびにトラックバックであると管理人が判断した場合、無条件で削除します。また、このようなコメントやトラックバックへの対策として、これらの表示を承認制としております。管理人が反映作業を行うまでは記事に反映されませんので、ご注意ください。


なお、当ブログおよび私、早乙女乱子は取り扱う各作品の原作者様、出版社様、本田技研工業様ならびにその他の関連企業等とは一切関係ありません。




関係記事