March 2010

March 30, 2010

ハイブリッドカー乗り比べ

ここ1週間、異動前の引き継ぎやら年度末やらでバタバタしていた早乙女乱子です。どうもこんばんは。日常ネタでは書くネタがあまりないので、今日は久々に車ネタでもいこうかな。しばしお付き合いを…

先週の土曜にハイブリッドカー3台(ホンダのCR-Z、トヨタのプリウスとSAI)に試乗してきました。まあ、予想通りというか何というか…そんな感じのドライブフィールでしたが。

まず、トヨタのハイブリッド車2台について。プリウスは先代からみればだいぶよくなっています。ブレーキのききもしっかりしていますし、足回りも堅めの設定です。ただ、それらもあくまで「先代と比べれば」。実際に運転してみると、けっこう気になる点がありました。
その1つが、先代以下のインパネの質感。いかにもプラスチックです的な質感が視覚的にも触覚的にも伝わってきて、どうも好きになれません。
そして走らせてから気になった点。まず長所とも感じたブレーキ。ブレーキシステム本体はいいんですよ。問題はブレーキ制動時に感じる違和感です。トヨタのハイブリッド車のブレーキは回生ブレーキを多用することから、ちょっとした踏み込みで緩やかに制動させることが難しく、普通のガソリン車から乗り換えるとかなり違和感を感じます。ちょっと深く踏み込めば回生ブレーキから急に通常のブレーキに切り替わって前につんのめりますし。まあ、慣れればそんなに気にならないものですが、気持ちいい感覚とはほど遠いです。逆に慣れるまでが怖い…
2つめは「発進時のもたつき」。これも低速時にモーターのみで走行するシステムの関係ですが、合流などで瞬間的に速度を上げたい場合には、エンジンに切り替わるまでの1〜2秒で本当にいらつきます。エンジンが作動している状況下でベタ踏みしても、瞬間的な加速感はフィットどころかオートマチックのスバルサンバー(私の課の営業車)以下でした。

で、もっとも気になったのが足回り。確かに堅くなって、乗り心地は先代よりも格段にいいです。しかしながら、どこかふわふわとした感覚は相変わらず。ホンダのかなり堅い足回りに慣れていることを差し引いても、長く乗っていると車酔いしそうな気がします。
ちなみに、これらは基本的にSAIでも同じことが言えますね。発進時のもたつきこそエンジンの高出力でなくなっていますが、ほかのところははっきり言ってプリウスより少しマシという程度。わりと長い距離を試乗したので、どちらの車でも物足りなさと下半身のふわふわ感だけが残りました。室内空間はどっちも広いので、足回りさえもっとしっかりしていれば疲れにくいんだけどねえ。

さて、ホンダCR-Zの感想に移ろう。まず、犠牲になっている点が多いです。背の低さはもちろんのこと。ラゲッジスペースと後部座席の狭さからわかるように、完全に実用向きではありません。後ろに人を乗せるときは、フロントシートもちょっと窮屈な位置までスライドさせなければいけないし。
ですが、その割り切りのぶん、走りはすごく楽しいです。試乗車はオートマチック車でしたが、それでもものすごくわくわくする反応が見られました。ECONモードで走っても瞬間的な加速感は変わらないし、SPORTSにすると信じられないほど強い力が出るし。足回りもかなり堅く、エンジンとのバランスがかなりいいです。オートマチック車でこれだから、6速マニュアル車の楽しさは全く別次元なんだろうなと、容易に想像できます。機会があれば、6速マニュアル車にも試乗してみたいと本気で思ったほどです。

まあ、どの車もキャラが全然違うから、比較のしようがないといえばそうかもしれません。私がアンチトヨタ党でなおかつホンダ党だから、書くことがホンダに偏りますしね(まあ、ちゃんとトヨタの長所もホンダの短所も認めていますよ)…
でも1つ言えるのは、車を運転する楽しさはホンダのハイブリッドが抜きん出ているということですね。母のインサイトも思い通りに走らせやすく、ファミリーカーながら楽しさを感じさせてくれますもの。「ハイブリッドカーは、エコで終わるな」というポリシーが少し走っただけでも伝わってくる。そこがホンダのいいところだと思います。

さてと、そろそろお風呂に入って寝ますかね。じゃ、おやすみ!

prelude9900 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 

March 20, 2010

もう1年ほしかった

今の課で働く時間が。先日、4月1日付の人事異動が発表され、1年も経たないうちに別の課へ異動することが決まった早乙女乱子です。こんばんは。

まあ、人事異動は勤続年数関係なく正職員全員が対象になるから、その中に私の名前があっても不思議じゃないし、ある程度の覚悟はしていたけど、率直に言えばあと1年今の課で現場のことを勉強したかったですね。もっとも、納得している(当然ながら人事異動に対しての拒否権はないし、今までのつぶしがきく課への異動だからね)つもりではいるものの、慣れてきていろいろなことがわかり始めた矢先のことなので、いいとも悪いとも言えない、微妙な気持ちです。また1から覚え直しに近い状態になるわけですから、それに対する不安もありますし…

…ここまで書いて、考えがまとまらなくなってしまった。でも確かに言えることは、今の課での11ヶ月は忙しくても勉強になったし、楽しかったし、充実していたってことです。この11ヶ月で学んだことを活かして新しい課でもがんばろうと思います。

さて、考えもまとまらないし、ネタもないので寝るとしよう。じゃ、おやすみ!

prelude9900 at 01:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

March 13, 2010

ホーム開幕!

7b8d2360.jpgベガルタ仙台vs.大宮アルディージャの試合を見てきました。試合結果はサポーターの期待に応えるような3-1での勝利です!開幕当初から言われていた通り、大宮アルディージャは手ごわい相手でしたが、ベガルタの気迫あるプレーが最終的にはこの勝利につながりましたね。

無論、反省点は多々あると思います。でも、この開幕二連勝はこれからの戦いの中で、大きな意味を持ってくるはずなので、選手のみなさんには今のモチベーションを維持してこれからの試合に臨んで欲しいと思います。私も勝利を信じて、これからも応援していきます。


prelude9900 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) From Mobile 
現在の訪問者
Hondaファンパーツ
記事検索
Caution

・当ブログの一部記事およびカテゴリには、不適切表現(15歳以上推奨)を含むものがあります。そうした記事はその旨を明記の上、不適切表現が含まれる部分より先を「続きを読む」からご覧いただくよう設定しておりますが、ご覧の際には十分ご注意ください。
不適切表現ありの記事をご覧になって生じた結果について、当方では責任を負いかねます


・記事の無断転載は一部・全部を問わずご遠慮ください。ただし、バトンに関しては質問文のみ転載可です。

・誹謗中傷など、公序良俗に反するコメントならびにトラックバックであると管理人が判断した場合、無条件で削除します。また、このようなコメントやトラックバックへの対策として、これらの表示を承認制としております。管理人が反映作業を行うまでは記事に反映されませんので、ご注意ください。


なお、当ブログおよび私、早乙女乱子は取り扱う各作品の原作者様、出版社様、本田技研工業様ならびにその他の関連企業等とは一切関係ありません。




関係記事