May 2010

May 26, 2010

浦和サポーターは繰り返すな!仙台サポーターは同じ穴の狢になるな!!

先週のベガルタ仙台の試合で起きた浦和サポーターによるトラブル。浦和レッズのホームページで経過を見てきましたが昨日、一部の問題に関しての結論が出たとのインフォメーションがリリースされました。
それによると、ペットボトルを投げ込んだ人が6人名乗り出て、謝罪と一部試合の観戦自粛を申し入れ、いす破壊についても当事者が名乗り出て弁償するとのこと。また、管理エリア内への侵入やバス囲みに荷担した人も17人名乗り出て、同様に謝罪と試合観戦自粛を申し入れたそうです。そのほかにも4人、管理エリア内での騒動に荷担した人を浦和レッズ側で特定済みとの発表がありました。

これらに関して思うのは、きちんと名乗り出て起こしたことの始末を自ら申し入れた人たちの行動を評価したいということ。起こした行為については許せない気持ちが残っているし、謝罪と試合観戦自粛も言ってしまえば当然の話だけれども、これだけ大事になると言うに言えなくなって、そのまま知らぬ存ぜぬで通してしまうことの方が多いのだから、チームのために名乗り出たことは評価に値します。事実、8年前にいすを破壊したときは20脚以上もぶっ壊したくせに誰も名乗りでなかったはずですし(あまり知られていないし、私も新聞で知っただけだが、8年前には仙台サポーターも報復と称し、駒場でいすを破壊してほっかむりだったから、人のことは言えない)。ペットボトルの投げ込みについても同じことが言えます。クラブから「特定」された4人についても、クラブ側から出禁と言われる前に、自分の行為を反省して謝罪することを期待したいです。

あとは、これが謝って済む問題ではないことをきちんと認識して、同じ愚行を二度と繰り返さないでほしい。それが私としての願いです。あんなばかげたことをする浦和サポーターは二度と仙台に来ないでほしいし、相手チームだけじゃなく自チームにも大変な迷惑がかかることをわかってほしいから。うちら仙台サポーターにも言える話だし、この一件でわかったと思うけど、こういう場外乱闘はお互いに不幸なだけです。どんなに感情が高ぶっても、やっていいことと悪いことの分別はわきまえて応援するのが常識だと思うし、サポーター同士でケンカするために私たちはスタジアムに来てるんじゃない。仙台サポーターも、浦和サポーターもこの事件を教訓に、サポーターとしてのマナーをお互いに見直していきましょう。

ちなみに、肝心の差別発言についてはまだ調査中だそうです。デリケートな問題ですし、仙台のチームバス内部からは確認できなかったということで、結論に至るまでは少し時間がかかりそうですが、浦和サポーターの中にも「聞いた」と言っている人がいますし、ほぼ事実と見て間違いないようです。

あえて深くは突っ込みませんが、この件についても正直に名乗り出てほしいというのが率直な思いです。問題になったときにも少し書きましたが、この世界では人間皆平等です。私を含め、国籍などを持ち出して他の人のことを貶める権利は誰にもありませんし、そんなことは絶対にしてはいけません。だから、申し出るきっかけとなる思いがうちらベガルタ仙台のためのものじゃなくてもいい。浦和レッドダイヤモンズのためにでもいいから、1人の人間として、本当にお願いします。そして、自分のチームに所属する選手、そして自分に対して同じ野卑な言葉をかけられたらどう感じるか、今一度思い返して二度とそういう「俺様発言」をしないでほしいと思います。

最後に、私たち仙台サポーターもこの一件を他山の石として、同じ穴の狢にならないようこれからも努めていきましょう。



prelude9900 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) opinion | ベガルタ仙台

May 22, 2010

間違いなく、アイツ

今週はなんだかいろいろとうまくいかないことが多くて疲れましたけど、まあなんとか1週間乗り切りました。どうもこんばんは。そんな感じでも、普通に掃除と洗濯で今日1日を終えた早乙女乱子です。

さて、今日はずいぶん前にmixiのボイスでつぶやいたけいおん!ネタをさらに深く検証してみようと思います。東北放送のオンエアでちょうど来週、その部分のアニメが放映されますしね。

去年のクリスマス前に発売された「けいおん!」の第3巻。その64ページの1コマに見覚えのある車がありまして…まずはその写真からどうぞ。

DSC02604私はすぐにぴーんと来ましたが、唯に水を跳ね上げてる車、ホンダインサイトじゃありません?バンパーの形といい、目つきといい、インサイトとよく似ています。

これだけでは「ただ似ている」の域を脱しないものの、バンパーの真ん中が暗色で、張り出しているように見えるところは、このイラストもインサイトも特徴的。それに、ここ最近の国内他社の車でこういう形の普通乗用車は、私が調べた限り三菱ギャランフォルティススポーツくらいしかありません。そのギャランフォルティススポーツだって、真ん中の処理は直線的で、こんなふうに曲がっていませんから、このイラストとはまったく違います。

そこで、ホンダだけにしぼって似たような車を探してみると、ありました。

DSC030714代目オデッセイDBA-RB3です。ちょうど私が3巻を買った頃、同じ漫画を買って読んだ後輩が「オデッセイかも」とつぶやいていたので、行きつけのディーラーさんでカタログをもらってました。
ちなみに、これら2台のスタイルのベースになったFCXクラリティという燃料電池車がありますが、そもそもリース販売で1千万もする車が街中をごろごろ走ってるはずがないので、これはあえて除外です。

ここまで来ると、比較できる場所がヘッドライトしかないので、ヘッドライトのアップ写真を見てみましょう。

DSC03069まず、オデッセイのヘッドライト。メッキのグリルに横長のヘッドライトガーニッシュで、アコードにも通じるところがあるスタイリングです。





続いて、インサイトのヘッドライト。DSC03052

六角形のリフレクターに埋め込まれた車幅灯と、青いプロジェクターヘッドライトが確認できます。アップすると下の写真みたいな感じ。




DSC03053よく見ると、サイドにとんがった部分が見えますね。これはヘッドライトのリフレクターの一部。
では、漫画のアップと比べてみましょう。





名称未設定-1 コピープロジェクターヘッドライトは確認できませんが、サイドのとんがったリフレクターと、六角形のリフレクターが確認できます。この時点で、オデッセイのヘッドライトとは違うことがはっきりしますので、インサイトで間違いありません。











Insight2一応、うちのインサイトと比較。フォグランプ搭載車なのでバンパー下部のデザインがちょっと違います。





名称未設定-2 コピーそこで、カタログにあったフォグランプ非搭載車と比較。バンパー下部にはウィンカーが埋め込まれていますが、ウィンカーの形がまったく同じです。




けいおん!みたいに車が小道具に過ぎない漫画だと、実在の車を描かない場合が多い気がするけど(例:らき☆すたのゆい姉さんの車。3巻59ページでは車種特定が不可能な描き方なのに、4巻132ページと6巻54ページではスバルインプレッサWRXと特定できる。アニメではスバルヴィヴィオだけどね)、けっこう忠実に描かれてますよね。話の時期的に、まんがタイムに連載されたのは3代目プリウスが出たあたりなんだけど、描かれてるのはどう見てもインサイト。なんの根拠もないけど、もしかしたらかきふらいさん、インサイトを買ってたりしてね。

そういえば名探偵コナンの原作でも、ホンダ車の登場率が高い気がする。毛利小五郎の愛車は8代目シビックDBA-FD1だし(マイクロアンテナがなかったから、ハイブリッドではないはず)、黒の組織の関係者が乗っていた車として5代目インスパイアDBA-CP3が登場したこともあったし。やっぱり、作者の好みは作品に反映されるのかもしれませんね…

prelude9900 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  | アニメ、コミック

May 19, 2010

サッカー以前に人間性の問題

仕事でうまくいかないことが連続し、非常にイライラしていた早乙女乱子です。こんばんは。

まあ、それを蒸し返したところでどうにもならないので仕事の愚痴は書かないことにしますけど(ヘタすれば守秘義務に触れかねませんし)、そういう私の怒りに火を注ぐニュースが飛び込んできました。




正直、「また浦和か…」としか思えませんでした。こういうバカなことをするのは一部だから、こんなふうには言いたくないんですが、浦和サポーターの非常識さは本当に情けない。今回の試合でも8年前同様に、いすを破壊していきましたしね。8年前の浦和戦を見に行ったときに、浦和サポーターのフーリガン的な光景を目の当たりにしているから余計に、「またかよ、お前ら」とあきれてものも言えません。いす破壊も、こういう中傷発言もサッカー以前に、人間性の問題です。自分たちが偉いという俺様的な態度が見え隠れしていて、国籍とかパーソナリティとか無関係に、誰に対しても許される行為ではありませんし、こんな蛮行を私は許したくありません。 同じ人間として、恥ずかしいことこの上ないです。

まず言いたいのは、「自分のチームの外国人選手に対して同じような行為をされたらどう思うか、考えてみろよ」です。仮に仙台サポーターが同じことをしたら、浦和サポーターはどう出ますか?スタジアムとかバスを囲んでつるし上げにかかるのではありませんか?にわかに信じられませんが、浦和サポーターの友人から聞いた話では(お断りしますが、この友人は観戦マナーをきちんとわきまえているサポーターです)、そういうことも平然とやってしまう輩がいるそうです。きっとこの話を聞いたり、目の当たりにした我々仙台サポーターにだって、仕返ししたいと思ったサポーターはいたはず。ただ、そのことによる衝突があの場でなかったのは、仙台サポーターの大多数に冷静な対応ができていたからではないでしょうか。

ですから、次に言いたいのはうちらが優れているとかそういう議論じゃなく、客観的に見ても、一部の浦和サポーターは他のチームのサポーターと比べて、あまりにも幼稚すぎるということです。感情に流されず、もう少し冷静になれないんでしょうか…選手が無関係である、こういったスタジアム外のいさかいでも、チームに制裁金などの懲罰がなされるんですから、自分たちのチームへの背信行為も同然です。この一時のことで、場合によっては勝ち点剥奪などの厳罰が下る可能性もあり、浦和の選手たちがあまりにもかわいそうで仕方ありません。

浦和レッドダイヤモンズのサッカーのレベルはかなり高く、サッカーとしてはベガルタ仙台も見習うべき点があります。ですが、サポーターのマナーは最低最悪としか言えません。浦和サポーターは他のチームのサポーターから、観戦マナーの基本を学ばねばならないと思います。

そして、こういう中傷発言はいかなる場合に置いてもしてはいけませんし、許されない愚行・蛮行です。同じサッカー好きとして以前に、同じ日本人として、人間として当事者には猛省を求める次第です。

prelude9900 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) opinion | ベガルタ仙台

May 06, 2010

マニュアル車はホントにおもしろい

DSC03040連休が明けた今日、木曜なのになんだか月曜のような気がします。日付の感覚すら1日ずれていて、書類に明日の日付を書いてしまって最初から書き直すことも数回…どうもこんばんは。連休ではなかったせいか、時間の感覚が少々狂っている早乙女乱子です。

まあ、そんなことはともかく、昨日、ホンダCR-Zのマニュアル車に乗ってきたわけですが、やっぱりオートマチック車とは全然違います。何が違うって、走り出しから反応が早い。停止状態からの発進で、クラッチとアクセルをゆっくりつないでもあっという間に加速していく気がしました。マニュアル車故に、ドライバーの運転技術が未熟だとエンストしたり、もたついたりもしますが、加速感はオートマチック車以上のものです。まあオートマチック車も、CVT特有のコンマ1秒程度のタイムラグが見受けられてもフィットやインサイト以上に気持ちいい加速感が得られる設定だと思いますが、瞬間的な加速感は圧倒的にマニュアル車の方が強いです。

高速道路に入ってからはSPORTSモードで合流や追い越しを体験。三陸道なので、追い越しできる場所は限られていたものの、SPORTSモードに切り替わってから聞こえるVTECサウンドの気持ちいいこと。オートマチック車よりも早く強く、その反応が見られましたし、5速に入れた状態でも、フルスロットルにせずに4000回転くらいまであがりました。スピードも半分より少し深い踏み込みから、5秒くらいで100km前後出ましたし、エンジンのチューニング精度の高さはホントにすごいと思います。
ちなみに、怖かったので私はやりませんでしたが、恩師はこれを4速で実践。サウンドからして、5〜6000回転の間まで一気にあがったような気がしました。加速感もそれに比例して一気に上昇。100kmに達するまでさほど時間がかからなかったように思います。

そういう性質を知ってしまうと、ECONモードでは若干物足りない感じがします。強いストレスを感じるほどじゃありませんが、ECONモードで少々きつめの上り坂にさしかかった際には、もう少し力があってもいいかも…と思いましたし。あとはまあ、排気量の大きさの違いから出る余裕の少なさですかね。実用的には全然問題ないし、比べちゃいけないけど、スポーティかつ余裕のある走りを求めるなら、アコードユーロRやシビックタイプRの方に軍配が上がります。車の性質的にもフィットRS以上、アコードユーロR未満という感じかな。
しかしながら、CR-Zはガソリンもレギュラーで済む上、燃費は断然アコードやシビックよりも上。クルーズコントロールとECONモードを多用したのもありますが、VTECサウンドを楽しむ走りを何度となくしたのに平均燃費は20km/l前後と、なかなかいいところまでいきました。誤差2kmとしても18km/l。フィットRSの5速マニュアル車が10:15モードで17km/l。こちらは実走行では15km/l前後と考えられるので、かなりの好成績だと思います。

あとはコーナリングでの安定感がすばらしい。少しスピードがついた状態でジャンクションや急カーブに入っても、横に振られる感覚がほとんどありません。段差を乗り越えたときのショックも少なく、適度な足回りの堅さとしなやかさがすぐにわかりました。サーキットで回すなら現行のシビックタイプR(FD2)の足回りくらい堅くなければいけないんだろうけど、FD2よりおとなしく、フィットRS(GE8)よりスポーティにというセッティングはかなり安心感を与えてくれましたね。インサイトベースの足回りでも、これなら十分です。

結論から言うと、ハイブリッドカーでここまでできたのか、という感心の一言に尽きます。マニュアル車の走りの楽しさはかつてのプレリュードやバラードスポーツCR-X、そしてサイバーCR-Xに匹敵どころか凌駕するレベルと思うくらい、予想以上の楽しさでしたね。実用性をまったく無視して走りに特化したところもホンダらしい。そのぶん値段がαグレードのナビ付きで、最終型プレリュードのタイプSくらいするけど…まあ、技術の結晶ですから妥当な金額だと思います。私にはおいそれと手が出せるものではないけど、フィットを買い替えるときが来たら、フィットRSの5速マニュアル車とともに選択肢の一つに入れたいです。

最後に、写真は借りたCR-Z。やっぱり、こういう車は真っ赤なボディが一番かっこいいですね。

prelude9900 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 | 

May 05, 2010

連休最終日は

DSC03035先日お話ししたとおり、6速マニュアルのホンダCR-Zを借りてドライブしました。

車を借りると決めてからも行き先はまったく考えていませんでしたが、この車のよさは高速に乗らないとわからない…という恩師の意見で、行き先は決めないまま三陸道を延々北上。戻る時間を考慮して2時間ずっと運転していました。止まったのはドライバー交代のために立ち寄った道の駅津山だけ(往路を恩師が、復路を私が運転)。でも、そこのしだれ桜がきれいだったし、60kmくらい走れたし、楽しい2時間でしたよ。

まあ、CR-Zのドライブフィールとか、オートマチック車と比べてどう違うかとか、語りたいことは山ほどありますが、それは明日にでもゆっくり書こうと思います。明日は仕事ですし、もうそろそろ寝ますわ。仕事も遊びもフルに楽しんで、少し眠くなってきましたからね。じゃ、おやすみ!



prelude9900 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

May 03, 2010

3時間かかって

9時にようやく帰宅しました。本来なら、30分くらい早く家にいたはずなんですがね…

実は長者原を出たのは8時頃だったんだけど、古川インターの少し先に故障車がいて2kmほどまた渋滞。解消にそれほど時間はかからなかったものの、相変わらず加速しては減速し…を繰り返す流れに若干の危険を感じ、古川インターから一般道で帰ってきました。それもあって、少し遅くなったというわけ。まあ、信号でのゴーストップはあっても、一般道はまったく込んでなく、一定速度で走れたからある意味正しい判断だったかもしれません。

ちなみに、帰宅が遅くなると思ってお風呂に入ってきたので、今日はもうこのまま眠れます。まあそんなことに関係なく明日は仕事ですし、今日は往復およそ240km運転したから、早めに寝ようと思います。

それにしても、フィットは小さいわりに長距離を運転しても疲れにくいですね。健康と安全のために、長距離運転するときには1時間から1時間半を目安に1回休憩を取るようにしていますが、軽く休めば問題なく走れるようになりますし。まあそう言っても、無理は禁物。無理な運転や過労運転をせず、安全運転でドライブしようと思います。

prelude9900 at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

どうにか長者原まで

7ec7b7fd.jpgたどり着いた。予想よりは早かったけど、かかったなあ…

さて、ご飯食べて帰ろう!


prelude9900 at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) From Mobile 

Uターン、早いなあ…

f3949391.jpgまったく動きません。ナビの情報によると、一関インターを先頭になんと21kmの渋滞(爆。動かないのをいいことにメールしてるけど、いつ帰れるのやら…


prelude9900 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) From Mobile 

呼ばれるかのように

46120275.JPG20年ほど前に亡くなった曾祖母が眠るお墓にやってきました。お墓は岩手県にあり、そう簡単には都合をつけて行くことができないので、ここに来たのはおよそ3年ぶりです。車に乗ったときにはまったく行き先を考えていませんでしたが、高速の入り口にさしかかったときに命日が近かったことを思い出して、ほぼ無意識のうちに向かっていました。

高速を走らせている間は(命日も近いし、祖父母か親戚が先にお参りしているかも)と思っていましたが、行ってみるとお供えのお花は枯れ、墓石も汚れているという状態。少なく見積もっても、最後に誰かが来てから1ヶ月くらいは経っているように思いました。やっぱり、しばらく誰も来なかったために、曾祖母の魂が人恋しさに私を呼び寄せてくれたのかもしれません。

最後に、写真はお寺の駐車場から撮った街並み。こちらは桜が満開で、とてもきれいです。


prelude9900 at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) From Mobile 

May 01, 2010

1年経った

仕事が始まってから今日でちょうど丸1年。いろいろありましたが、どうにか食らいついています。ってか、辞める気はさらさらありませんしね。どうもこんばんは。社会人2年生となった早乙女乱子です。

まあ、1年間いろいろあったわけですが、1年も経たないうちに今の部署への異動が決まったときが一番驚きましたね。前の部署であと1年くらい仕事したいと思ってたから少し微妙な気持ちだった。でもまあ、今の部署も前以上に大変なものの、なんとかやっていけそうだし、慣れるまで失敗しても怒られても、着実に仕事ができるようにがんばろうと思います。

さて、世間は今日からゴールデンウィーク本番ですが、私のゴールデンウィークはmixiにも書いたとおり、1日おきに仕事です。家の中のことについては、29日に母が戻ってきたので通常に戻りつつありますが、重いものを持つと体が痛むらしいし、そもそも病み上がりなので無理はさせられない。というわけで今日は休みだったけど、午前中は洗濯と布団干し、そして部屋の掃除をやってました。まあ、午後はその母に「布団をしまったらもういいからどっかで遊んでこい」と言われて、急遽ベガルタ仙台の試合を見に行くことに。
試合は1-1の引き分けで、前半はボロボロでしたが後半の試合内容は前に比べればよかったし、復活の兆しが見える試合でした。あとは人の使い方。千葉直樹と富田晋伍はあまり調子がよくないようだし、少し休ませた方がいいと思う。その代わりに田村もしくは永井、そして関口を入れて攻撃的に。FWもフェルナンジーニョの方が調子いいし、中原との2トップで先発起用してもいいと思う。今日の試合を見た限り、人の使い方次第でJ1でも十分通用すると感じました。
そういえば、菅井が試合中の接触プレーで足をけがしたみたいで、心配です。調子は悪くないし、梁と同じくチームの要なので何ともないことを祈ります。

話がそれましたが、明日と4日は丸1日仕事。そんなわけで、飛び石連休だからあまりゴールデンウィークの恩恵にはあずかれません。まあでも、この2日間はどこかで代休にできるから、6日か7日を休みにすれば週末を3連休にできます。 今のところ、7日の金曜を休みにするつもりでいます。残り1日は6月にでも取ろうかしら…

ちなみに言ってなかったけど、唯一予定が決まっているのが5日。かねてからやりたかったことですが、6速マニュアルのホンダCR-Zを運転する機会ができたので、試乗してきます。ま、正確には試乗ではなく、レンタカーですがね。
どういうことかというと、お世話になっているディーラーさんからのダイレクトメールで、千円で6速マニュアル車2時間レンタルという情報をいただいたんですよ。これはチャンスとばかりに29日に電話して予約しました。
時間的にはそれほど長くはありませんが、2時間貸してもらえるわけですから、15分程度しか乗らない普通の試乗とは違って少し遠くまでドライブができます。電話したときには「無理かも」と思ったんだけど、たまたま予約が空いていて、OKと言われたときには即答で「お願いします」と言ってしまったほどうれしかったです。ホントは父と一緒に行くつもりだったけど、父が仕事で無理になったため高校時代の恩師と一緒に楽しんできます。オートマチック車でもあんなに楽しく感じたんだから、マニュアル車はもっと楽しいんだろうなあ…今から楽しみです。

まあ、連休がカレンダー通りには取れないので、ゴールデンウィークとは呼べない私のゴールデンウィークですが、とにかく休みは楽しまなくっちゃ。予定のない3日もどこかにドライブしてこようと思います。
さてと、明日は8時半からだし、そろそろ寝ます。それじゃ、おやすみ!

prelude9900 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 
現在の訪問者
Hondaファンパーツ
記事検索
Caution

・当ブログの一部記事およびカテゴリには、不適切表現(15歳以上推奨)を含むものがあります。そうした記事はその旨を明記の上、不適切表現が含まれる部分より先を「続きを読む」からご覧いただくよう設定しておりますが、ご覧の際には十分ご注意ください。
不適切表現ありの記事をご覧になって生じた結果について、当方では責任を負いかねます


・記事の無断転載は一部・全部を問わずご遠慮ください。ただし、バトンに関しては質問文のみ転載可です。

・誹謗中傷など、公序良俗に反するコメントならびにトラックバックであると管理人が判断した場合、無条件で削除します。また、このようなコメントやトラックバックへの対策として、これらの表示を承認制としております。管理人が反映作業を行うまでは記事に反映されませんので、ご注意ください。


なお、当ブログおよび私、早乙女乱子は取り扱う各作品の原作者様、出版社様、本田技研工業様ならびにその他の関連企業等とは一切関係ありません。




関係記事