July 06, 2009

マイニュースベスト3?

金曜はすさまじい頭痛に悲鳴を上げ、土曜は軽い腹痛にうんうんうなっていた早乙女乱子です。どうもこんばんは。

こんなふうに書くと、なんか私が満身創痍みたいだけど、実際はそうじゃないんだよね。まあ、金曜は起きたときから頭が痛かったけど…そのときはたいしたことなかったので、とりあえず効き目の弱い鎮痛剤を飲んでから仕事に出たものの、外回りの間に突然ひどくなり、痛みが波のように「ズキン」と断続的に響いてました。けっこう鈍くてひどい痛みだったので、来るたびに「うぐっ」などと悲鳴を上げ、頭を押さえるほど…運転してる間が一番きつかったです。
さらに悪いことに、昼の分の鎮痛剤を持参し忘れてしまい…仕方なくドラッグストアで買った一般薬を飲むことに。それでも痛みは引かず、悲鳴を上げる私を見た先輩に「どうしたの?」と言われてしまいました。ああ、恥ずかしい…あまりのひどさに帰宅後、父の診察を受けたら、緊張性頭痛と判明。重病じゃなかっただけよかったけど、仕事中は本当にひどかったです…

さて、前置きはこのくらいにしておこう。上半期三大ニュースを教えてという共通テーマに合わせて、私にとっての大きなニュースをあげつらってみようと思う。

まず第3位。これは免許取得ですね。学生時代は持病の関係から、主治医からも両親からも止められていて取得できなかったし、失敗ばっかりで卒検を3回も受ける羽目になったので、取れたときには本当にうれしかったです。でも、仕事が始まってからすぐ、限定解除で自動車学校に再び通うことになろうとは…取ったときには全然考えもしなかったけど、無事に限定解除もできたし、いいや。

第2位は卒業。学生生活もこれで終わりという寂しさと、これからどうなるのかという不安で胸がいっぱいでした。大学に在籍している間には就職を決められなかったので、同期の仲間と簡単に会えなくなることを寂しく思うことよりもまず、先行きのことがすごく気がかりだったのを覚えてます。卒業式後の飲み会でテンションが高かったのは、今思えばその憂き目から目をそらしたかったからかもしれません…

で、堂々の第1位はもちろん、就職決定です。その決まるまでの1ヶ月間、フリーターもといニート同然の身分で就活を続けていたときが一番つらかったけど、今こうして仕事をさせていただけていることを思えば、そのつらさも私にとっては必要な時期だったのでしょう。自分を見つめ直すいい機会にもなりましたしね。そこで腐って歩みを止めてたら、さらなる地獄を見ていたのは間違いないし、最後の最後まであきらめないでよかったと今でも思っています。苦労してつかんだチャンスですから、これからも責任を持ってきちんと仕事を続けていこうと思います。

今年も半年終わったのかあ…まさに光陰矢のごとし。1月から4月まではずっと就活してたし、この2ヶ月は仕事を覚えるので精一杯だったから、余計にそう感じる。1日1日を大切にしながら日々の仕事をがんばっていきたいです。

P.S:冒頭で述べた腹痛のお話。これは単なる食べ過ぎが原因です(爆。土曜日、仙台市内某所で行われたイベントに仕事で参加してきたのですが、差し入れがすごい。別ブースから焼き肉だとか、ポン菓子だとかいろいろもらいました。ほかに、課長からの差し入れがいくつか。一緒に出ていた人たちと食べたものの、量がけっこうあって…さらにスタッフ用に配られた弁当(おにぎり弁当でした)が1個余り(午前中で帰った課長補佐のぶん)、それも食べることになったからもう大変。お腹を壊すことはなかったけど、その日の夕飯は食べられませんでした…でも仕事柄、食べ物に関することに携わっているので差し入れられたものはすごくおいしかったです。胃に余裕があればもっとおいしく食べられたんだけどなあ…ってか、食べることが多かったので仕事をしに行ったのか、食べに行ったのかわからない1日でした。まあ、我々の取り組みの発表やらクイズの出題やらを私が担当したので、ちゃんと仕事はしてたけど…



prelude9900 at 01:04│Comments(0)TrackBack(0) 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
現在の訪問者
Hondaファンパーツ
記事検索
Caution

・当ブログの一部記事およびカテゴリには、不適切表現(15歳以上推奨)を含むものがあります。そうした記事はその旨を明記の上、不適切表現が含まれる部分より先を「続きを読む」からご覧いただくよう設定しておりますが、ご覧の際には十分ご注意ください。
不適切表現ありの記事をご覧になって生じた結果について、当方では責任を負いかねます


・記事の無断転載は一部・全部を問わずご遠慮ください。ただし、バトンに関しては質問文のみ転載可です。

・誹謗中傷など、公序良俗に反するコメントならびにトラックバックであると管理人が判断した場合、無条件で削除します。また、このようなコメントやトラックバックへの対策として、これらの表示を承認制としております。管理人が反映作業を行うまでは記事に反映されませんので、ご注意ください。


なお、当ブログおよび私、早乙女乱子は取り扱う各作品の原作者様、出版社様、本田技研工業様ならびにその他の関連企業等とは一切関係ありません。




関係記事