August 30, 2009

行ってきたよ

無論、衆院選に。現在、各選挙区の結果が続々と出ていますが、おもしろいほどに自民党が大敗していて、今のままじゃ絶対にダメだと思う人は私だけじゃなかったんだという事実に心強さを覚えました。どうもこんばんは。またも久しぶりに登場の早乙女乱子です。

なんて言うか、民主党に任せて大丈夫なのかい?という不安はありますが、自民党の一党独裁状態から解放されるだけ格段にマシだと思っています。今の格差社会を形成したのも、第一次産業(特に農業)を衰退させたのもほかならぬ自民党だしね。
やれ民営化だ、構造改革だと言ってビジョンも持たず、場当たり的に規制緩和や郵政民営化を行って、国民の生活をぐちゃぐちゃにした小泉政権からひどくなったのは言うに及ばず。それも含めて、今までの積み重ねが今の日本の状態。さらに安倍晋三、福田康夫と2人連続で政権を放棄。あまりにも無責任すぎる。そんな政党に誰が国を任せられるかボケ!そんな思いを抱きつつ今まで政治を見てきたから、民主党にも絵に描いた餅みたいな政策こそあれどほっとしています。こんな世の中ですし、世の中の流れをいったん変える必要がありましたからねえ。
 
まあこんなふうに言っていますが、私は民主党にだって諸手を挙げて賛成ではありません。高速道路無償化、高校教育無償化など、バラマキ政策の多さは民主党も自民党と大差ないわけですしね。実現可能かどうかうさんくさいものだってある。FTA締結による産業(特に農業)への影響を考えているのかなど、疑わしい点もある。とどのつまり、ビジョンの軽薄さという点では自民党も民主党も同じ穴の狢です。いったい何を考えて政策を打ち出しているのかよくわからない。

まあアンチ的なことを言っていますが、要するに是々非々で見ないといけないのはいつどこの政党が牛耳っても同じってことです。ただ、既得権力にすがりたい古株議員どもがのさばっている以上、最下層にいる人々は絶対に救われない。今回の選挙ではそうした「大物議員」が軒並み落選していますし、有意義な結果だったのではないでしょうか。何はともあれ、民主党には政権を獲得したからと言っておごることなく、国民の声を真摯に聴いて、場当たり的な政策ではなく長期的なビジョンを持った政策を打ち出してほしいものです。



prelude9900 at 23:36│Comments(0)TrackBack(1) 日記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 政界処方箋  [ 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 ]   September 01, 2009 08:30
衆院選終了。 さまざまな新聞を読みながら考え込んでいた僕。 個人戦で、二大政党制向けの小選挙区と、 チーム戦で、さまざまなt党が選べる殮.

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
現在の訪問者
Hondaファンパーツ
記事検索
Caution

・当ブログの一部記事およびカテゴリには、不適切表現(15歳以上推奨)を含むものがあります。そうした記事はその旨を明記の上、不適切表現が含まれる部分より先を「続きを読む」からご覧いただくよう設定しておりますが、ご覧の際には十分ご注意ください。
不適切表現ありの記事をご覧になって生じた結果について、当方では責任を負いかねます


・記事の無断転載は一部・全部を問わずご遠慮ください。ただし、バトンに関しては質問文のみ転載可です。

・誹謗中傷など、公序良俗に反するコメントならびにトラックバックであると管理人が判断した場合、無条件で削除します。また、このようなコメントやトラックバックへの対策として、これらの表示を承認制としております。管理人が反映作業を行うまでは記事に反映されませんので、ご注意ください。


なお、当ブログおよび私、早乙女乱子は取り扱う各作品の原作者様、出版社様、本田技研工業様ならびにその他の関連企業等とは一切関係ありません。




関係記事