December 30, 2014

今日まで…

新年に投稿してからなーんにも書かずにここまで来ちゃいましたね…こんばんは。年が明ける実感が全くない乱子ちゃんです。例年になく1年が過ぎるのが早いですよ…今日は1年を振り返ります。

ざっくり振り返れば、仕事に関してはよく言えばあまり変わらない、悪く言えば完全にマンネリな1年だったなという印象。そんな中、夏頃に欠員が出て人員不足に陥り、仕事内容が大幅に増えました。何から手をつければいいかもわからずパニック状態になったり、やってきたことが思い通りにいかなかったり…そういう意味では、本当に1年前に立てた目標とはほど遠い現実です。考えて行動しているつもりでも、流れ作業的に仕事をするみたいな…まあそうはいっても前に進むしかありませんし、全ては余裕のなさから来るものだと思う。来年はふと立ち止まって振り返ったときに「こういう意味があってこうしていたんだな」と無意識に考えられる余裕が持ちたいものです。

そんなこんなで、今年はベガルタ仙台の現地観戦に行く時間的余裕も、悪い結果を受け入れる精神的余裕もなくて、行きたいと思いつつも現地観戦はかないませんでした。まあ勝利試合はうれしかったけどさ…監督交代だったり、連敗が続いたり…全体的に見るとそれこそ胃の痛くなることと落胆することばかりで、本質的に楽しんでなかったような気もします。
それにしても今年は楽天もベガルタ仙台も、フラストレーションのたまる1年でしたね…楽天はさほど見てこなかったので割愛しますが、ベガルタ仙台はテグの穴を埋めきれないままシーズンを終えたように思います。 救われるような形でJ1に踏みとどまりましたが、後半戦の5連敗に際しては本当に降格を覚悟したほど紙一重。オフに入れば赤嶺、角田、武藤と、大黒柱的な主力の移籍、ヤナギの引退と、まさに傷口に塩を塗るようなリリースと対峙せざるを得なくなり…ライフは0よ状態です。まあ逆に考えれば、いつまでもベテランに頼ってはいけないということですけどね。いずれ若い子への世代交代が必要になるのも頭では理解しているつもりです。ただし、今日になってもまだ来季の展望が見通せないのは本当に耐えられませんね…チームコンセプトを早急に明確にした上で、仙台とJ1に今より深く根ざすチームになってほしいと思います。
そういえば今年は、ベガルタ仙台が苦しんだ裏でモンテディオ山形が快進撃を遂げ、来季J1に復帰することが決まりましたね。今から来季のみちのくダービーへの期待が高まっているのも事実。過去には小競り合いやトラブルもありましたけど、また仲良く正々堂々とJ1で戦いましょう。みちのくダービーは見に行くつもりです。

さて、私生活では今年、大きな買い物をしましたよ。パソコンやウォークマンとは比べものにならないくらい、高価なものを…みんカラとツイッターも見てくれた人ならわかるでしょうけど、

DSC_0040 向かって右手に止まる青い車、ホンダFIT3を購入しました。もちろん、お金を借りてなので完済への道のりは長いですけど…

時は年明け早々。買い替えるか今まで乗ってきた初代フィット(向かって左)に乗り続けるか悶々としていたところ、妹がこの車に通勤車両として乗りたいと言ったので、私が新車を購入して譲ることになりました。まあ一時はハイブリッドがいいなーと思っていたんですが(i-DCDの走りが楽しかったので、リコールの有無は関係なかった)、契約時点(1月下旬) で4月納車に間に合わないこと、維持費と燃料費差のバランスと走行性能を総合的に考えると13Gでもハイブリッドに引けを取らないとわかったので、ブリリアントスポーティーブルーメタリックの13G・Fパッケージを選択。納車日は2月22日=平沢憂ちゃんの誕生日でした。まあ、初代フィットへの愛着が強くて7月の車検から半年ずっと迷いましたけど、初代フィットと比べて走りに安定感、パワーに富んでいますし、シートホールドが大幅に改善されて長距離ドライブがさらに快適になったので、今となってはちょっとがんばってでも買ってよかったです。
ちなみに納車時はノーマル、スタッドレスともに鉄ホイール。ただ、どうしても精悍に見せたくて…ノーマルタイヤに履き替えるとほぼ同時にノーマルタイヤのホイールをアルミホイールに変えました。結果的にちょっと高くついてしまいましたが、気に入ったデザインのホイールを買えたし、その点も満足しています。

…とまあ、今日までで目標を掲げる記事と、1年を大まかに振り返る記事の2つしか投稿しませんでしたが、今年も私におつきあいくださりありがとうございました。明日は書く時間があれば書きますが、ちょっといろいろあって難しいかもしれません。書ければまた改めて、ご挨拶します。

prelude9900 at 23:20│Comments(0)TrackBack(0) 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
現在の訪問者
Hondaファンパーツ
記事検索
Caution

・当ブログの一部記事およびカテゴリには、不適切表現(15歳以上推奨)を含むものがあります。そうした記事はその旨を明記の上、不適切表現が含まれる部分より先を「続きを読む」からご覧いただくよう設定しておりますが、ご覧の際には十分ご注意ください。
不適切表現ありの記事をご覧になって生じた結果について、当方では責任を負いかねます


・記事の無断転載は一部・全部を問わずご遠慮ください。ただし、バトンに関しては質問文のみ転載可です。

・誹謗中傷など、公序良俗に反するコメントならびにトラックバックであると管理人が判断した場合、無条件で削除します。また、このようなコメントやトラックバックへの対策として、これらの表示を承認制としております。管理人が反映作業を行うまでは記事に反映されませんので、ご注意ください。


なお、当ブログおよび私、早乙女乱子は取り扱う各作品の原作者様、出版社様、本田技研工業様ならびにその他の関連企業等とは一切関係ありません。




関係記事