2006年01月05日

チリコンカンお麩バージョン!この記事をクリップ!

チリコンカンのお麩バージョン。中島デコさんのレシピより。フィスラーの圧力鍋を買ってもらって、あまりにも手早く豆が炊けるのに感動し、毎日のように豆料理を作っています。(非常に単純…)

あわただしい大晦日の夕食にも、前から作ってみたかった、中島デコさんレシピの「チリコン麩」を作りました。チリコンカンの、肉でなくお麩を使ったベジタリアンバージョンで、豆は赤インゲンでなく、金時豆を使います。

作り方は、中島デコさんの『大地からの贈り物レシピ』ご覧ください。<(_ _)>
圧力鍋を使います。

スパイスが入って、お味はカレーに近いです。「メキシコのカレーだね」という夫の理解でした。
金時豆の食感が、糖質が多い感じ?で、甘煮を思い浮かべてしまいますが、金時豆なら、国産のものが手軽に入手できるのでGOODです。

元旦は東京のお母様宅にお邪魔していたのですが、その際にこのチリコン麩を持っていったら、おせち料理の中でビミョーな存在でした。(^^;;;

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/premierjerico/50307335
この記事へのコメント
加賀すたいる様、ありがとうございます。

お正月、東京のお母様に「九谷焼の『吉田屋』の音は『よしだや』?『よしたや』?どちらが正しいのか」と訊かれまして、その答えを伺っていたのですが、濁らないのが正式とのこと。お手数をおかけしました。<(_ _)>

早速メールしたところ「長年の胸のつかえが下りました」「加賀すたいるのホームページを見て行きたくなりました」とのお返事が返ってきました。

ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

※貴店よりいただきました粥椀とスプーン、大活躍です。
 このブログでもあらためてご紹介します。<(_ _)> 
Posted by mie@おさかなの国 at 2006年01月08日 13:06
こんにちわ ベジタリアンでなくても魅力的なメニューが並んで楽しいですね。

私のブログにもお返事書きましたが

加賀市役所の「吉田屋展推進室」の担当の方に聞いてきましたよ。

発音される方の言いやすい方でいいかと思いますが、

正式な屋号の呼びかたは「よしだや」となっているそうです。

ぜひぜひ、足をお運び下さいとお伝え下さい。
幻の古九谷焼きなど、加賀市所蔵品や貴重な物がたくさん展示されます。
古九谷の作品は見応えがあります。


11日から16日までの期間でしたら、加賀すたいるのブースにて
「吉田屋展」の無料券を準備してますので、言ってくだされば差し上げることができます。
Posted by 加賀すたいる at 2006年01月07日 10:41
kojiさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

コメント有難うございました。
圧力鍋便利です。手軽に豆料理ができるのは、ベジタリアンにはうれしいことです。
kojiさんの書かれているとおり、時間の調整が微妙で、ベストのできあがりにするには、勘が必要なようです。
たくさん使って、勘を鍛えようと思います。
Posted by mie@おさかなの国 at 2006年01月06日 12:25
あけましておめでとうございます!
今年も楽しく拝読させて頂きますので、
よろしくお願い致しますね♪

圧力鍋はやっぱり便利ですよね〜。
豆を早く炊くには本当に重宝します。
私も個人用で買おうか検討中。。。
おせちを作るのに、
時間の限られた現代人には欠かせないかもしれないですよね。
時間の微調整が難しいですが。勘ですね。笑
Posted by koji at 2006年01月05日 22:53