2006年01月18日

雪鍋と鬼オロシこの記事をクリップ!

雪鍋と、植物成分100パーセントメニュー。今夜のように寒い夜には、家族と一緒にあったか〜い鍋をいただくのが一番です。

今夜のメイン・伊賀焼の土鍋の中身は、昆布のお出汁に木綿豆腐と白菜を入れ、大根おろしを浮かべた雪鍋。透き通るような白い大根がとても美しく、シンプルな味付けで、素材が際だつ素敵な料理です。

ポイントは、水っぽくない、ふんわりした大根おろし。
これを作るには、何回もの失敗を重ね・・・というのはウソで、竹製の「鬼オロシ」を使えば出来ます。金属やプラスチックのおろし器とは、全く違うものです。やっぱり道具って大切。

鬼オロシ。「生活具の店器屋」で買いました。←男前な道具です。しっかりしたおろしが出来ますよ。(この作業は力を使うので、やりたそうな夫に手伝ってもらいました。)

今夜も完全ベジタリアン料理でしたが、夫いわく「大根おろすときに指をけずったから、ちょっと動物性入ってるよ」・・・って、ウソでしょぉ!?(;。;)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/premierjerico/50336834