2005年07月27日

「妊娠」のポジショニング。

83f25a92.JPG少々古い話題だが、TIMのゴルゴ松本さんの結婚が話題になった時、お相手の紹介記事で「女性は妊娠しておらず、離婚歴がある」というくだりがあった。
結婚式も挙げていない時に
「妊娠しておらず」と、敢えてことわらなければならない程、有名人の“できちゃった婚”が続いた。別に有名人と限らなくても「妊娠したから結婚」というカップルは周囲にも目立つ。と思ったらこのところ“セレブ婚”の破綻が続いているようだ。いずれも「妊娠しておらず」、短期間の結婚生活に終止符を打っている。
この「妊娠しておらず」という表現に現代の「妊娠」の一つのポジションが垣間見える気がする。生みたくても生めない女性、生みたくない女性がつくる「少子化」という流れの一方に、“できたものは生まなきゃいけないから” 結婚という流れができつつある。確かに少子化の世の中ではそれもあり、なのだろうが、この意識は育児に何らかの影響があるような気がする。その真偽を確かめるにはこのまま見守るしかないのだが。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/present_nori/29026377
この記事へのトラックバック
最近は「できちゃった婚」が結婚の1つの種類としての地位を築いてきたようである。突然の結婚などは時として、「妊娠しておらず」と、敢えてことわらなければならない程である。 少子晩婚化の社会にとって、できちゃった婚は救世主のように見えるが、本当に幸せなのか疑問で
“できちゃった婚”は2つの幸せか【おまーにゃの書斎】at 2005年07月27日 23:10
この記事へのコメント
49歳おめでとうございます。うちのお父さんと同じ年ですね。これからも素敵な地蔵様でいてください。
それと、お留守番ごくろうさまです。戸締りと火の元はご注意ですよ。
Posted by よしよし at 2005年07月27日 23:30
おまーにゃの書斎様、トラックバックありがとうございました。
“できちゃった婚”の行方が、楽しみと言うべきか、不安というべきか。
「サイコロを振る」という表現が本当に似合いのスタイルです。
しばらく、推移を見守りたいと思います。
Posted by 川中紀行 at 2005年07月28日 01:18
よしよし、コメントありがとう。
お父さんと同い年か、認めたくないけど仕方ないなぁ。
よしよしのブログ、いつも2人で褒めてるよ、
「これこそが本当のブログだね」って。
さち子さんのブログにもコメントしてあげてね。
Posted by 川中紀行 at 2005年07月28日 01:21