December 15, 2005

洋画な話

まだまだ続く0721企画
今回は洋画

注意点
ボクは劇場で映画を見るのが苦手なので、どうやらあるらしい「劇場で見れば100倍いい映画」にとても疎いです
涙腺が弱く人前で泣いたりするんで、目を真っ赤にして帰りの電車に乗るのが恥ずかしいw
よって、レンタル限定の話となります

(以下順不同)
ニューシネマパラダイス〜完全版〜
音楽が!音楽が!音楽がぁぁぁっ!
ストーリーとBGMの映画史上最も幸せなマリアージュ
うん、表現キモいね
愛してるぜモリッコーネ!


グランブルー〜グレートブルー完全版〜
「レオン」で有名なリュック・ベッソン監督、ジャン・レノも出てるダイバーな男達の話
でもね、本当はふか〜い愛のお話
こんなに愛されたらむしろうろたえるまであるwwww
もし見てないのなら是非イリカさんに見て欲しい映画なんだけど、イリカさんがこのブログ見てないだろうという罠w


時計仕掛けのオレンジ
物凄いパワー溢れるキューブリック作品
影響力って面じゃあ映画史上で1、2を争うんじゃないかと
世界中の中2が見るべき映画だし、自信を失った人間も見るべき
電車で乗り合わせた息の臭いオッサンを打ち殺せる気にすらなるw
孫子とか、すごく好きそう


シザーハンズ
超はまり役のウィノア・ライダー&ジョニー・デップがやばいことになってる
憂いのある役をウィノア・ライダーにやらせるとオーラすら出てる、指先まで注目する価値があるんじゃないか
たまにコンビニで1000円くらいで売ってる


スケアクロウ
アル・パチーノがものごっつい光り方をする
これを見れば今日からあなたもパチーノ教


ファイトクラブ
作り手がすごく楽しそうで、結構な意欲作
アンチブラピはブラピを見直し、ブラピファンは惚れ直すんじゃないかな


バンディッツ
80年くらいのドイツのやつだから近年の同名ハリウッド映画とはくれぐれも間違えないで下さい(あっちも面白いですけどw)
2時間止まらずに走り抜けるロックなバンド映画


アンタッチャブル
デニーロすら食う勢いで名演するショーン・コネリーが超カッコイイ!


タイタニック
熱いプロ意識とか、沈んでいく過程がとても涙を誘います
テレビでやってたのを録画したら副音声と混ざって左から英語、右から日本語という嫌なステレオを食らったけど許す


欲望という名の電車
マーロン・ブラントとビビアン・リー
どっちも大人〜なイメージの役者だったけれどこの映画でぶち壊れました




10本あげたんで以下次点
ってしようとしたんだけれど、収集ついてねーです


あと10本あげたあと次点作品へ移ろうかと思います

よって続くw



この記事へのトラックバックURL