2014年11月03日

プロキシちゃう

今日で電王戦が終わりました。
結局3日間ほぼ全部観て(厳密には聞いて)しまった…

ラルクのアルバムタイトルからAWAKEというソフトを応援していたら
現電王を破って優勝しちゃったので、なんだか嬉しい気持ちになりましたw
優勝インタビューによるとこの開発者さんは、将棋界のさらなる発展・成長にはコンピュータの力が不可欠だと考えているそうで。プロ棋士とやりたい!勝ちたい!という好奇心ではなく、少しでも貢献したいという志に基づいて取り組んでいるのは、個人的になかなか新鮮でした。
なのでプロ棋士と戦えることは眼中になさそうで、謙虚なのか尊大なのか…とちょっと笑ってしまう。

他には電王だったPonanzaさんが悔しさに声を震わせていたり
やねうらさんが某掲示板の奴らを見返すためにもっとがんばる宣言したり。
このへんのキャラは把握しますた。

しかし「決勝見てたらプロが勝てる気がしなくなってきた」とか言われてびっくりしました。
確かにコメントもそんな内容が多くて、わー人間ってソフトに負けちゃうんだなぁと。
過去の電王戦でも割と負けてるんですねぇ。うーん。
それでもじめいたんなら…じめいたんならやってくれる…!(2日目の解説者で、好印象だった)
ということで来年の電王戦FINALが楽しみ。
その頃には詳しくなっているかな、飽きてないといいけどw



BGM:未来への咆哮/JAM Project
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/pretence/52176883 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔