プリティガールスタッフブログ

日本一のソープランド街 はどこ? それは吉原。東京都台東区に存在します。 女の子が大好き!夢の国 東京ディ★ニーランドも良いけれど 男の子が大好き!泡の国 東京吉原ソープランドも一度行ったら ハマルかも知れませんよ。 このブログは知って得する情報や知らなくても何にも困らない情報など お知らせしていきますので、大切な友達や家族には絶対に教えないで下さいね。


吉原にはこんな海鮮丼も

配達してくれるお店もあるんです。

そして配達料もサービスなのです。


吉原近くの宅配弁当はどこも大体

配達料は掛かりません。

ソープランドのお店が密集しているので

注文が定期的に安定しているからでしょうか?

はたまた、競争意識が働いて何処のお店も

配達料を取りたいけれど取れないのでしょうか?

どちらにしても頼む側からしたらお得です。


DSC_0340

海鮮丼を注文する理由が幾つかありまして

その一つに出前が早いというポイントがあります


勝手に想像するに、他の弁当や出前は調理の時間が掛かり

どうしてもその分届くのに待ち時間が出ます。

出前を頼む以上時間がある程度掛かって当たり前なのですが

それでも少しでも早く食事にありつきたい時に

海鮮丼はその望みをかなりの高い確率で叶えてくれます。


DSC_0264

肉料理が続いたりフライ物の食事に飽きたときにも

クドクない海鮮丼は最適です。

細かい事は調べてみないと分かりませんが

刺身は何だかヘルシーな感じがして

食べただけで何処となく健康になった気もします。

ご飯が酢飯というポイントも体には良さそうな響きです。


出来立てなのに全然熱く無いので

訳あって急いで食べなければ

いけない場面でも火傷の心配もありません。

一緒にみそ汁を飲んでいたら別ですが…

ある意味仕事中に食べる食事としては

オールマイティーではないのでしょうか?

これを書きながら途中で気付きました。


春、夏、秋、冬 いつ食べても大丈夫

値段が安くてもあまり安さを感じさせない

むしろちょっと贅沢した気分にもなれたりする

海鮮丼について改めて考えれば考えるほど

良い面ばかりが幾らでも浮かんできて

もう止まりません。


夏休みの自由研究のお題に悩んでいた

学生時代に海鮮丼と出会っていたら

レポート用紙が何枚あっても足らないくらい

筆が進んで7月中には課題が終わっていたことでしょう。

8月31日に慌てて徹夜で仕上げていた

あの頃の自分に教えてあげたいと

今、切に思いました。

でも、もし本当に海鮮丼でレポートを提出していたら

今、私はここに居ないかも知れません。

DSC_0317

とある喫茶店のクラブハウスサンドです。

吉原大門近くのお店ですので

お店に来られた際には

是非寄り道して一度は

食して頂きたい一品です。

値段は630円

ちなみにネットで調べると

ホテルニューオータニでは


2,541円で食べられます。

どちらもクラブハウスサンドと

名前は付いていますが

ホテルの食事と比べるのは

場所も、中身も全然違うので

そもそも間違っていますが

ちょっと気になったので…

ここの喫茶店は出前は行っていないので

取りに行くか、店で食べるかしかできません。

でも持ち帰りが出来ると言う事は

誰かにお土産として買って帰る事が出来ます。

これを持って帰ったらきっと喜ばれますよ。


その際に注意点があります。

お土産に持って帰る途中で一つぐらい食べても

大丈夫だろうと思ってつまむ事は止めたほうが

いいですよ。

絶対に一つでは済まなくなります。

気付いたら全部自分で食べてしまうだろうなと

これを食べた事ある人だったら皆思うでしょう。

この記事を見て遠路はるばる食べに来られる方は

全くの皆無と言ってもいいでしょう

万が一、食べてみようかと思われた方は

もしかしたら近所の喫茶店にこれと同等か

これ以上のサンドウィッチがあるお店があるかも

知れませんから、一度探検してみると良いかも知れません。

私も機会があったら探して見ます。


そして、二軒目のお店が見つかったら

必ず三軒目もあるはずです。

二度あることはサンドある。


毎日暑いですか?

今日の富士山頂の

お昼12時時点の気温は6.7度です。


同じ日本でもずいぶん違いますね。

そんな事はさておき気がつけばもう7月

スタッフブログもずいぶんご無沙汰に

なってたみたいです。

牛とろフレークってご存知ですか?

唐突ですいません。

知っている方は幸せ者です。

知らない方は、すぐ調べて行動に移してみて下さい。

きっとこのブログを読んだ事を感謝する様になるでしょう。


食べたらきっと誰かに薦めたくなるでしょう

食べたらきっとまた食べたくなるでしょう

食べ続けたらかなりの確立で太るでしょう

もしも死ぬ前に何か食べたいものはと聞かれたら

私はこの牛とろフレークとは答えません。

だって死ぬ前にこんな美味しいものを食べたら

また食べたくなって、でももうすぐ死ぬなら

その望みも叶わず、死んでいくのが嫌だから…


いっそのこと知らずに死ぬのもある意味幸せかも?

そんな事を思わせる、驚きの美味しさ!

これは別に誰かに頼まれて宣伝の為に書いているのでは

ありません。でもここまで褒めるとそう思われたって

仕方ありません。でもみんなに知らせたいんです。

産地は北海道みたいです。もし私が小学生だったら

こんなに美味しいものを作ってくれてありがとうと

生産者の方にお礼を言う為に、夏休みに東京から

北海道まで自転車を漕いで行っていた事でしょう。


牛とろフレークは冷凍品です、これが食べられるのは

クール宅急便があるおかげです。それを運んでくれる

配達員の方のおかげです。その事にも感謝の念を抱いて

ありがたく頂きましょう。時間指定配達には気をつけましょう。

この商品は色々な賞を受賞している様で

全国ご当地どんぶり選手権

2年連続【3位入賞】と いう実績も紹介されていました。


こんなに美味しいのに 3位だって?!?!

じゃあ 2位と 1位はどれだけ美味しいのでしょうか?

1位の物を食べたら、あまりの美味しさに

ショックで倒れてしまうのでしょうか?

何だか食べるのが怖いくらいです。

気がつけば 牛とろフレークの感想ばかり

書き連ねてしまい肝心の伝えたかった事が

何一つ書けていません。漫才で言うと

ようやく自己紹介が終わった所です。

本題はまた別の機会に近いうちに…

DSC_0344

↑このページのトップヘ