プリティガールスタッフブログ

日本一のソープランド街 はどこ? それは吉原。東京都台東区に存在します。 女の子が大好き!夢の国 東京ディ★ニーランドも良いけれど 男の子が大好き!泡の国 東京吉原ソープランドも一度行ったら ハマルかも知れませんよ。 このブログは知って得する情報や知らなくても何にも困らない情報など お知らせしていきますので、大切な友達や家族には絶対に教えないで下さいね。

部屋とYシャツとタワシ洗い 
愛する貴方の為毎日技磨いていたい

こんな事いいな出来たらいいな
あんな店こんな店いっぱいあるけど

愛してるのさ狂おしい程
プリティに会えない時間が教えてくれたよ

汽車を待つ君の横で僕は 
プリティを予約した時間を気にしてる

ピアノ売って吉原来てちょーだい 
電話して吉原来てちょーだい

恋人よ 僕は旅立つ 東へと向かう
列車で吉原プリティガールへ

心が忘れた吉原プリティも
膝が重さを覚えてる長い月日の膝まくら

ランナウェイ とても好きさ 
連れて 行ってあげるよ プリティ

純白のメルセデス 吉原プリティ
最高の女とベットで烏龍茶

ほら 足元を見てごらんこれが 
あなたの歩む吉原プリティへの道

吉原プリティの為なら女房も泣かす
それがどうした文句があるか


吉原に向かって走る
あの列車に乗ってプリティガール行こう

もしも明日が 晴れならば 
愛するプリティガールよ あの吉原で

曲がりくねった道の先に 
待っている幾つもの小さな吉原のお店

あんまりソワソワしないで
あなたはいつでも吉原でキョロキョロ

 TAXIに手を上げて
吉原プリティの店までと 土曜の夜だから

ブーメランブーメランきっと
あなたはプリティに戻って来るだろう

走る走る 俺たち 流れる汗も 
そのままに吉原プリティガールへ

波音が響けば雨雲が近づく
二人で思いきり遊ぶはずのプリティ

あれは三年前 止めるあなた駅に残し 
動きはじめた汽車で吉原へ

エジソンは偉い人
吉原はエロいとこ そんなの常識

丸い緑の山手線 真ん中通るは中央線 
吉原近いは日比谷線三ノ輪

海は死にますか 山は死にますか
吉原に遊びに行きますか

吉原に突撃するのは監督やコーチの
指示でなく個人の判断ですべき

交差点で100円拾ったよ
今すぐコレ 吉原遊びの足しにしよう

らら~ららら~ららら~やっぱり 
今日も明日も吉原に行きたい



拝啓 この手紙読んでいるあなたは 
吉原で何をしているのだろう

吉原を夕やみが包むこの窓辺に
明日も素晴らしい幸せが来るだろう

見慣れない服を着た君が今
吉原プリティガールへ出ていった

星屑が海に落ちて貝になったよ
元気が出るソープ吉原プリティ

町の外れでシュヴィドゥヴァー 
さりげなく夢にまで見た吉原

吉原ふしぎ発見 禁断の謎に迫ります 
ミステリーハンターは誰

花束を吉原プリティガールに行く
君に贈ろう愛しい人 愛しい人

胸の中にあるものいつか見えなくなるもの
それは側にいるプリティ

私は今 南の一つ星を見上げて
誓ったどんな時もプリティ行こうと

ボインは赤ちゃんが吸う為と
吉原で遊ぶ人の為にあるんやでえ

ねぇどうしてすごくすごく吉原好きな事 
ただ伝えたいだけなのに


そばにいたいよプリティに行く
君の為に出来ることが僕にあるかな

少しだけ不思議な普段のお話 
指先と机の間二次元 吉原は異次元

モリモリみんな食べるよツルツル
テカテカ明日も吉原行こうかな

我は吉原プリティ行く蒼白き頬のままで 
我は行くさらばすばるよ

くり返す この吉原プリリズム
あの衝動は まるで恋だね 

中央フリーウェイ 右に見える競馬場 
左は吉原プリティガール

しろつめくさの 花が咲いたら 
さあ 行こう プリティガール

迷わず誰でも出かけてよし 
贅沢吉原プリティ きよしいちおし

真実はいつも一つ プリティガールは
吉原ソープ界隈にいつも一つ

報酬は入社後並行線で東京は愛せど
何にも無いかと思えば吉原あり

きっとそうなんだめぐりあえたんだ
ずっと探してた吉原プリティに

吉原に相談しようか でも多分 
冷かされるからやめとこう

まわるまわるよ時代はまわる
吉原行って喜び悲しみ繰り返し

東京は夜の七時 嘘みたいに輝く街 
プリティの開始は朝の八時

安いダンスホールは沢山の人だかり 
安いプリティガールもいかが

ここ吉原ではどれだけキスしても
誰にも迷惑は掛かりませんから

ジョニーが来たなら伝えてよ 
二時間コースで吉原行って来たと

確かめたい 吉原プリティに逢えた意味を 
暗闇の中 目を開いて

あと何度自分自身卒業すれば
本当の吉原に辿りつけるだろう


バイト探しはインディード 
お店探しに迷ったらプリティガール

風に吹かれて吉原プリティガールに
歩いてゆくのさ白い雲のように

ホタテをなめるなよ やりたい事やるぜ 
吉原プリティガール行くぜ

 明日、今日よりも吉原が好きになれる
溢れる想いが止まらない

揺れる想い体じゅう感じて
君と吉原プリティへ歩き続けたい

いくつの街を越えてゆくのだろう 
吉原プリティへと続くこの道は

若かったあの頃何も恐くなかった 
ただ吉原の楽しさが恐かった

めぐる めぐる季節の中で 
貴方は何を吉原で見つけるだろう

時の扉たたいてここから今 
吉原へ飛び出そう風に吹かれ気ままに

一晩中ギターと吉原プリティガールの
話で盛り上がってたあいつも

みんなあつまれ 吉原プリティ村に 
どんなことが起こるかな

言っているいるお持ちなさいな 
いつでも夢をいつでも吉原で夢を

北の町から南の町まで素敵な夢を届けます
心休まるゆとりの吉原

空をこえてラララ星の彼方 
行くぞ プリティ スタミナの限り

サカナを食べるとアタマが良くなる 
ヨシワラ行くと気分良くなる

桜ひらひら舞い降りて落ちて
揺れる吉原への想いの丈を抱きしめた

人生は紙飛行機 願い乗せて 
吉原プリティガールへ飛んで行くよ

ドリル、ドリル、ドリルせんのかい 
プリティガール来んのかい!

その船を漕いでゆけ おまえの手で
漕いで吉原プリティガールゆけ

僕らはきっと待ってる 
吉原プリティガールとまた会える日々を

たまにはこうして肩を並べて飲んで
ほんの少しだけ吉原寄ってみて

綺麗でしょヒラヒラといい女でしょ 
見かけより楽しい場所ね吉原

僕が生まれたこの吉原の空を 
僕はどれくらい知っているんだろう

探しものは何ですか 
見つけにくい店ですか プリティは吉原です

幸せなら態度で示そうよ 
ほら みんなで吉原プリティ行こう

かたい絆に想いをよせて 
語り尽くせぬ吉原プリティ通った日々

今日人類が初めて吉原に着いたよ
常連客になる日も近づいたんだよ

ようこそ吉原プリティガールへ
クック クックわたしの青い鳥

春色の汽車に乗って 
吉原プリティガールに連れて行ってよ

もうすぐ春ですねえ ちょっと 
気取って吉原遊びしてみませんか

与作は木を切るヘイヘイホー
帰りに吉原プリティ寄るヘイヘイホー

↑このページのトップヘ