プリティガールスタッフブログ

日本一のソープランド街 はどこ? それは吉原。東京都台東区に存在します。 女の子が大好き!夢の国 東京ディ★ニーランドも良いけれど 男の子が大好き!泡の国 東京吉原ソープランドも一度行ったら ハマルかも知れませんよ。 このブログは知って得する情報や知らなくても何にも困らない情報など お知らせしていきますので、大切な友達や家族には絶対に教えないで下さいね。

DSC_0471

ヤクルトジョア

期間限定のまろやかハニー味


乳酸菌シロタ株が便秘改善効果があるそうです。

特におなかの調子に不安や悩みはありませんが

はちみつ味に惹かれてヤクルトレディーから購入しました。

この味は期間限定と書いてありますが

はちみつは体に良さそうだし、べつに限定にしなくても

年中販売してもみんな買うのではないかと思いました。


DSC_0470

こちらは 宅配で毎日飲んでいるヤクルト製品です。

ピロリ菌の活性抑制効果があるそうなので

その点に惹かれてかなり前から飲む習慣にしました。



土日、祝日を除いてヤクルトレディーがお店まで

電動アシスト付き自転車で元気に届けてくれます。


これを飲み始める前に特に胃腸関係には

悩みはありませんでしたが、年齢的には

内臓関係の病気がいつ起こっても

何も不思議ではないので予防の為に始めました。


ですので飲んだから何かしら効果が実感できた事は

今までありませんが、考えようによっては

飲んでいたから今まで何も起こらなかったと

予防効果があったのかも知れません。

そう思ってこれからも飲み続けます。


吉原エリアに来るヤクルトレディーは

私が知っている限りでも10年以上は裕に続けて

配達を担当しています。実際のところ何年でしょう

20年でしょうか30年でしょうか?


今現在の見た目年齢からしても、30年配達していると

言われても、少しも不思議ではない女性です。


吉原の移り変わりを見守り続けて

従業員の健康も見守り続けて

吉原の事について聞いたらもしかしたら

誰よりも詳しいのかも知れません。


あの歳で(勝手な推測ですいません)元気に

毎日毎日、何十年も働き続けられる秘密は

ヤクルトを飲んでいるからだと

宣伝して配達すれば、吉原中のみんなが

ヤクルトを宅配希望する事となるでしょう。



吉原で遊ぶ際には、タフマンがオススメです。

もし吉原の敷地内で見かけたら買ってみるのも

よろしいかも…その時はこれを読んだ事は

くれぐれもご内密にお願いいたします。


DSC_0475

ちくわ天弁当 400円

見事なまでに おかずがちくわの天ぷらオンリーです。

これに付属のてんつゆをかけて頂きます。

名前の響きだけだと 何だ ちくわだけかと

がっかりされる方も多いと思いますが

食べてみると意外とイケるものですよ。


食べ始めから最後までちくわだけで

ちゃんと御飯を食べ切ることが出来ます。

しかも美味しくです。

つゆに浸かった天ぷらは中身が何であろうと

御飯のお供に最高です。


それが今回は訳あって通常500円の弁当が

100円引きの400円でしたのでなおさら買いです。

そして夕食時にも同じお店へ注文しました。


DSC_0476

焼肉弁当 400円

甘辛い独特のたれが染みた

大き目の豚肉スライスと絡まって

これはもう御飯が幾らでも食べられます。


これも訳あって500円が100円引きです。

どちらの弁当もみそ汁付きで御飯も少し大盛りで

ボリューム、味、値段の全てが素晴らしいです。

いつもは500円でも何のためらいもなく

注文をしていますが、その日だけ100円引きだったので

それならばと、一日に二回も注文してしまいました。

もう1個注文しても一日の食事予算(機密事項)の

範囲でした。


その日はもしかしたらこのお店は忙しかったかも知れません。

私みたいに100円引きだからと注文回数を増やした方も

吉原のどこかに多数いた事でしょう。

吉原のソープランドの店舗数は130くらいあるはずです

その中で働く人数は少なく見積もっても男女合わせて

1日1000人は超えるでしょう


その中でちくわ弁当に共感できる方は大勢いるはずです

ほとんど全員だったらどうしましょう

そうあって欲しいです。

世界に広げよう トモダチの ちく輪!!

DSC_0443

クリームシチュー(パン付) 700円

たまにはシチューをと言う事で

注文しました。

もともとの料金設定は 500円なのですが

おそらくそれでは昼食としてボリュームが

足らないだろうと勘ぐって、シチューとパンの

両方を大盛りにしたので700円になりました。


吉原で700円の予算で弁当や出前を注文したら

それなりの量がある物が食べられるので

そう考えると、今回はかえって高くついた事になります。


写真を見て分かると思いますが

大盛りにしたところで量的にはそれほど多くなく

おやつの時間を過ぎたころには多分お腹が空いて

しまうのではないかと心配するくらいの量です。


パンではなくライスを付ければ良かったと

思うのも当然の考えですが

逆にこういった普通のトーストを食べる機会も

余りないので今回はいろんな事を覚悟の上

注文に踏み切った次第です。


日本で外食する時に、ライスかパンかを選ぶ

場面がたびたび訪れますがそういったときは

ほとんど迷わずライスを選びます。

パンでの食事は何だか食べた気がしないからです。

外国の方はよくこれで大丈夫だなと感心してしまいます。



話はシチューに戻りますが、これを食べるときは

パンをシチューに付けて食べ進めていきます。


しかし結構早い段階でパンが無くなります。

多分誰でもそうではないでしょうか。

私のペースだと、このシチューが無くなる最後まで

パンを付けて食べ進めるには普通サイズの食パンが

10枚は必要になってくると思います。

ここでそういう風に注文したら総額は1500円になります。


なんでもともと500円のシチューを1500円にしなければ

ならないのか、そんな馬鹿げた事は誰もしません。


それに1回の食事で食パンを10枚も食べられません。

じゃあ最初からシチューを食べなければいいじゃん

もしくはライスでいいんじゃないの?と

いろんな心の声が聞こえてきます。


何だか自分でも分からなくなってしまいました。

シチューってそんなに難しく考える食べ物でした?

何も考えずに食べればそれで済む事です。

そうナンです、食べている時はそんな事一切考えません。

後から思い返しながら書いていたら

こんな事になってしまいました。

これがカレーの場合だとナンでも何の問題もありません。

一体ナンなんでしょうか?



↑このページのトップヘ