◇Groovy Laksoul◇

【Wonderful music & hobby life】 音楽と趣味を中心に自分の気になった情報を掲載してまいります。

Tuxedo (タキシード) レトロディスコを感じさせる懐かしさ

2015年の衝撃のデビューから約3年、ヒップホップを通過した現代版ディスコ/ファンクサウンドで「Do It」などの数々のヒットチューン、サマーソニックやTV出演などで日本中にタキシード旋風を巻き起こした奇跡のユニット!



プロデューサーのメイヤー・ホ−ソーンとシアトルを拠点とするヒップホップ・プロデューサーのジェイク・ワンによって構成。2006年にミックステープの交換からコラボレーションが始まり、シックやシャラマー、ザップあたりを彷彿とさせるディスコ/ブギー・サウンドを制作!

レトロなディスコやファンクの要素が満載でマイナー感あふれながらも、なんとも原点回帰的な雰囲気に仕上がっているのだ!

そして、ソウル、ディスコが西海岸のG―ファンクやヒップホップと合体する多種多様の音楽性がぶつかりあい現代に蘇ったポップンソウルは幅広い年代層にもアピールしそうなキャッチー・ミュージックになった!







華麗なるディスコ・テイストでイチオシです!

【Allen & Heath Xone:96】 10年振りの新製品

Allen & Heathが、長年待望されていた新作DJミキサーXone:96の詳細を発表した。

xone-96-main

2000年代初期にAndy Rigby-Jonesによってデザインされた現行機Xone:92は、正確な4バンドのEQ、アナログフィルター、エフェクトセンドを搭載し、世界中のクラブやフェスティバルのステージで定番ミキサーとして知られている。新製品Xone:96は2003年以来初のメジャーアップデートとなるが、Xone:92に親しんできたDJにもすぐに馴染むデザインだ。もちろん、アナログな設計の部分には多くの改良が施されていて、レゾナントフィルターには、フィルター音がドライブに入って信号化される前にハーモニックディストーションを加えられるクランチコントロールが搭載された(あまり使用されていなかったLFO機能は除外された)。4バンドのパラメーター化されたEQ部分については、概ね変更はなく、ローとハイの周波数を完全カットする機能、2つの中音域を10dbブーストさせる機能がついている。60mmのフェーダーにはコントロールボルテージが組み込まれ、スロープ設定を調整することが可能になった。クロスフェーダーはMini Innofaderが採用されている。

32ビットのサウンドカード2枚がオンボードで搭載され、ステレオの入出力端子は全部で6系統。Xoneを、DJソフトのインターフェースや、複雑なDAWを操作するための強力なツールとして利用できる。TraktorのDVS対応も標準装備されている。デュアルキューイングシステムにより、DJ2名が同じミキサー1台でトラックを準備することができるようになり、バックトゥバックセットもスムースになりそうだ。ステレオセンド2つには3つの周波数をパラメーター操作できるEQが搭載され、キューイングできるリターンチャンネルは4つに。ブース出力には専用EQがあり、MIDI信号はUSB入力端子やリアパネルの5ピン入力端子から入力可能。加えて、Audio Sync Outと名付けられた1/8インチの入力があるが、こちらの機能についてはまだ公式からの詳細説明がない。USBポートなしでコントローラーを接続できるX:Linkポートも搭載された。

Xone:96の価格や発売日についてはまだ発表がないが、今年の後半に発売が見込まれている。



xone-96-top

出典:Allen & Heathオフィシャルサイト
訪問者


PageRank

Dommune


dommune
プロフィール
ぷらい丸♪


ぷらい丸♪です。おいで頂きありがとうございますm(_ _)m
ネットの世界には様々な情報があふれてますが、 セレクトすることがとても大切ですね。
自分にあったものを選ぶことが一番です。
そんな皆さんの道案内できればうれしいです♪

Coment
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ