夏にナンパで知り合った人が
彼氏になって季節は巡り。って2つ?w

まー、半年近く。
処女のままで我慢してくれてまちた。
がぅがぅ。言ってまちたが。w


そちて、ついに処女を捧げてしまう日が
来てしまいました・・。

ドキドキ。。。

って・・、あまり記憶が無いのですが。f(^^;)

そそぅ、いつものお姉たま達と
いつものように居酒屋に飲みに行って
週末。ということもあって盛り上がり♪
同席してたおじちゃま達も飲め飲め〜、
グッと飲め〜♪lって感じで・・

でもって、この日はお姉ちゃまのお家に
お泊まり予定〜。(*^_^*) よけいにハメを外して♪

途中で記憶が途切れ。。。
お姉たまが「彼氏が迎えに来たヨ」と言ってる。
ふにゃぁ?今日はお姉たまのお家にお泊まりは?
お姉たまは同席しているお兄様とこれから
ラブホを目指すそうで、邪魔になったらしい。(>_<)

促されるまま表に出ると彼氏がお迎えに。
うーん、いいやっ♪と、車に乗り込んで彼の会社寮へ。
GOGO!

大酔っぱらいなので、半分眠い〜。
彼氏がなんかニコニコしてる。どうしたのか聞いたら
お姉たまが「オカモト株式会社のコンドーム」を
手渡ししてくれて、今夜頑張りなよねー♪と言った
らしくて、彼氏はすっかりAYAがOK!のつもり
だと誤解をしきっているようで・・。
急に目が覚めた!はい?えっ!

でも・・あまりにも彼氏の満面の笑みに。
うーん、半年も待ってくれたんだから いい加減・・
プレゼントしてあげてもいいのかなぁ。

寮に到着。
会社の寮=もちろん女人禁制!w
「シーッ」と言いながら、抜き足差し足で部屋に。
2人部屋なんだけど、お姉たまからお迎え電話希望。
コールが入った際に、既に今宵は持ち帰ってしまえ!
と、言われていたそうで、同室の方は わざわざ
他の部屋に泊まりに移動してくているらしい。f(^^;)

うーん、そこまで段取りしたんだよねん。
したいんだよねん。って言うかやる気満々なんだよねん。

AYAは観念した。w


いざ!


目が覚めた。爆
そそぅ、いざ!から記憶がほとんどなく・・。
が、シーツが血の海にぃぃぃ。ヾ(≧∇≦)〃


コソッと聞いてみた。
「最後までしたんだよね?」

彼氏は呆れ顔で
「お前、覚えてないワケ!?」
「あんなに痛い〜っ!」叫びまくってて
手で口を押さえるのに必死だったらしい。。。

うーん。(-"-;)

「頭痛くないか?」
「ん?二日酔いにゃんてしてないよん♪」
「いや・・頭ガンガン壁に打ち付けてたから」
「はい?」

言われてみたら、頭のてっぺんが痛い。(>_<)

処女喪失のあまりの痛みに、どんどん身体が逃げて
お布団通りこして、お部屋の隅まで進んで
壁に頭がゴツンしてたらしい。何度も。。。

彼氏曰く・・
あんまり痛がるから、途中でやめようかとも思ったんだけど。

ヤッたんだよね。

おぃおぃ。可哀想じゃないか、AYAが。爆


にゃーんって貫通式でちた。


そう・・ガニマタになるんだよねー。
不思議だわ。w

股関節のストレッチが出来てそうなるのかちら。爆