日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会のブログ

日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会の公式blogへようこそ!



日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会の公式blogになります。

私達は日々、プライマリ・ケアをはじめとして、家庭医療学・総合診療・地域医療などを学んでいる医療系学生の団体です。日本プライマリ・ケア連合学会を親学会としてその下部組織として先生方の協力を得ながら、主体的に活動しております。

全国に各支部があり支部ごとの活動報告やその全国総会である『学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー』の開催の要項などを更新していきます。

興味のある方はご覧ください!
また活動に興味のある学生・研修医の方の参加をお待ちしております!
お問い合わせ先はこちらまで気軽にどーぞ♪ 

学生・研修医部会の公式HPはこちら:http://family-s.umin.ac.jp/

2013年01月

【募集開始】 関西支部 第4回 家庭医療WS @ 大阪大学医学部付属病院

厳寒の候いかがお過ごしでしょうか?
大阪医科大学 5年 髙岡 大介と申します。いつもお世話になっております。
この度表題のとおり、日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 関西支部(FPIG関西)の本年度第4回目のワークショップを開催させていただくことになりました。

今回のテーマは他職種連携と地域包括のケアです。開催は2月3日日曜日、会場は大阪大学医学部付属病院を予定しております。

今回は講師として尼崎医療生協病院の玉井 友里子 先生、そして現場の第一線で活躍されていらっしゃるケアマネジャーの内門 理香さんをお迎えすることができました!今回このシリーズで初めて医師以外の医療の専門家にもご登壇いただけることになりました!!この貴重な機会を多くの皆さんと一緒に共有させていただきたいと思います。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。2月3日阪大病院でお会いしましょう!
フォームURL→
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dG5yM1lzR2x0ejgydFJRX21OODJSZHc6MA

******************************** 
日本プライマリ・ケア連合学会  学生・研修医部会 関西支部 (FPIG関西) 主催 
第四回 家庭医療ワークショップ  大阪大学     2013 2/3 

共催 日本プライマリ・ケア連合学会 若手医師部会 80大学行脚プロジェクト
******************************** 

日程 : 2013年2月3日 (日) 13時開始(17時30分頃の終了予定) 

開催場所 : 大阪大学 医学部付属病院14階 大会議室
テーマ  : 他職種連携と地域包括のケア
参加対象 : 学生・医師 (学年・学科・年数不問) 

参加費用 : 500円 

講師 : 「特集の部」
尼崎医療生協病院  本田診療所 家庭医 玉井 友里子 先生
本田診療所 ケアマネージャー 内門 理香さん

【本WSの主旨と特色】 

今年度全5-6回シリーズで開催予定の日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会関西支部の4回目のWSです。 
この勉強会は全てシリーズものとして企画され、各勉強会は、毎回3時間程度の「特集」としてのWSと、30分程度の「連載」として家庭医の先生方による各プログラムと活動のご紹介がセットで企画されております。 
「特集」の部は、家庭医の先生方が日常の診療で大切にされていらっしゃる家庭医の基礎となる概念や、診療で普段使っていらっしゃるスキルを学生が学ぶ目的を、「連載」の部は、以下の如く毎回一つずつプログラムをリレーし、その先生方がなぜ、家庭医をされていらっしゃるのか、その組織の魅力は?等を語っていただき、医師とプログラムの両面から家庭医と家庭医療の魅力を学生たちに伝えていただくという目的を持っております。 


特集の年間予定 FAMILY(各回の頭文字を連結)
1) 家庭医療とは?: 「家庭医療とは?Foundation」 6月24日実施
2) 患者中心の医療:「ARC/SDM」 PCCMの初回、1年後、5年後 9月16日実施
3) 行動変容:「Motivation」 12月2日実施
4) 他職種連携, 地域包括のケア:「Interdisciplinary」「Lifecycle&Love」 本WS
5) みんなの一年:「You」 2月末実施予定 



*********** 特集部門の 玉井先生より一言 *************地域包括ケア・他職種連携・・・言葉で聞くと難しそうですが、要はみんなで、地域で患者さんのケアをしていこう☆ってことです。実際の患者さんを元に、患者さんがどうやって地域で暮らしているか、を感じてもらえればうれしいです。
**************************************** 



【タイムスケジュール 暫定版】 
  
12:30〜13:00: 受付 
13:00〜16:30: 開会の挨拶、関西支部勉強会開始 「特集」の部    
玉井 友里子 先生  内門 理香さん
※中休みあり
16:40〜16:50: 連合学会 学生部会 関西支部の活動説明
16:50〜17:00: 記念写真の撮影
17:00〜17:30: 閉会の挨拶
17:30〜18:00: 懇親会会場へ移動 
18:00〜20:00: 懇親会 

終了後は懇親会を予定しております。 
今回の会場は阪急茨木市駅もしくはJR茨木駅付近で行う予定です。 
勉強の後は、先生方・各大学の学生で熱く語り合いましょう!! 

******************************** 

【参加方法】以下の事項について専用のフォームに登録し、送信してください。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dG5yM1lzR2x0ejgydFJRX21OODJSZHc6MA

 

【報告】第6回 家庭医療学勉強会 シムメディ 〜もしもあなたがこんな町に赴任したら〜

今月19日に札幌医科大学にて、今年度最後となる北海道支部主催による家庭医療学勉強会が開催されました。タイトルは「シムメディ〜もしもあなたがこんな町に赴任したら〜」、福井県高浜町から井階先生(福井大学医学部地域プライマリケア講座/ 高浜町和田診療所)、野瀬高浜町長、同町保健師の越林いづみさん、たかはま地域医療サポーターの会の今井夫妻、5名の方々にお越しいただき、WSをしていただきました。


 WSの内容は、高浜町についてのVTRと資料(医療に限らず、人口の動きや地理、住民の様子、教育、福祉、産業、その他行政全般、一部修正あり)を見た後、この町にはどのような問題点があるか・どのように解決していけばよいかを、グループでKJ法により考察していくというものでした。グループ内で各々が思いつく限りの事例地域の問題点を挙げていき、その中から3位まで優先順位をつけました。更にそのうちの1つを選択し、

  Trouble(現状と目標のギャップ)

  ↓

  Problem(その原因は何か)

  ↓

  Issue(現状を変える課題は何か)

  ↓

  Question(それを実現する手段は何か)

という順にテーマ(問題点)を分析していきました。

それぞれのグループが「住民と行政の意識の温度差」「人離れを止めるためには」「保健師がもっと活躍できるようにするには」「町長はどのような町づくりを目指していますか?」等々、異なる視点から多様な問題点を抽出し、共有することができました。ひと口に「地域」と言っても、それぞれ別の地域が異なる多くの課題を抱えています。今回の高浜町をモデルにしたWSでは、実際にその地で活躍されている皆さんの実体験・実例を学ぶことができて、自分達にとってとても身近な話として捉えることができたと思います。はるばる高浜町のマスコットキャラクター赤ふん坊やも駆けつけてくれて、終始皆の笑顔の絶えない勉強会でした!

 発表会の最優秀グループには、赤ふん坊やのオリジナルシールセットが贈られました。


 勉強会を開催するに当たり企画・運営のご協力をいただいたスタッフの皆様、遠く高浜町からお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。また今回は、北海道支部長の佐藤南斗さん(札幌医科大学3年)の、支部長としての最後の勉強会となりました。1年間本当にお疲れ様でした!

 この場をお借りして皆様に感謝申し上げます。来年度もどうぞよろしくお願いいたします。


(文責 旭川医科大学1年 宿田耕之介)

第6回家庭医療学勉強会1

 

 

 

【宣伝】第6回家庭医療学勉強会@北海道支部

皆さんこんにちは!
日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 北海道支部です。

今週末、札幌にて今年度最後の勉強会を開催いたしますので、そのお知らせをさせていただきたいと思います。


おかげさまで我々の主催する家庭医療学勉強会も第6回目を向かえることができました。

今回の勉強会は題して 「シムメディ」!

皆さんは都市デザイ
ンゲーム・シムシティをご存知ですか?

今回の勉強会は、
医療職に就いたあなたが、ある医療問題を抱えた町に赴任したとして、その町の抱える問題を仲間たちと共にオリジナルの医療をデザインして解決していくというものです!

学校の講義だけでは絶対に味わうことの
できない、自分たちだけの医療づくり・町づくりを体験してみませんか?


さらに今回の勉強会では、日本プライマリ・ケア連合学会 全国80大学行脚プロジェクトの力をお借りし、福井大学から井階友貴先生をお呼びすることができました!

地域コ
ミュニティ・ケアの第一人者である井階先生のアツいお話を聞くことができるまたとない機会ですので、少しでも興味のある方はぜひ奮ってご参加下さい!勉強会でお待ちしております!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━北海道支部 presents━━━

第6回 家庭医療学勉強会
 「シムメディ ~もしもあなたがこんな町に赴任したら~」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【日時】
2013年1月19日(土) 13:30〜17:00

【会場】
札幌医科大学 医学部棟 本部1・2教室

【対象】
医療系学生・医療関係者(医学生・歯学生・薬学生・看護学生・理学作業療法学生等、学年問わず)

【内容】
13:30~13:45 開会、アイスブレイク等
13:45~14:15 レクチャー1 地域の考え方と地域事例の紹介(井階先生)
14:15~15:00 ワークショップ1 問題点抽出と優先順位
15:00〜15:15 休憩
15:15~16:15 ワークショップ2 問題から課題・介入方法の討論、発表
16:15〜16:30 レクチャー2 福井県高浜町での実際の介入とその効果(井階先生)
16:30~17:00 意見交換、写真撮影等
17:00      閉会、のち懇親会

【会費】
無料(懇親会費は3000円前後)

【お申し込み】
Facebookイベントページにて「参加」としていただければ結構です。

また、その他のお問い合わせに関しましては、
札幌医大3年 佐藤南斗(setananto@gmail.com)ま
ご連絡下さい。

皆さまのご参加、心よりお待ちしておりま
す。

主催:日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 北海道支部
    (代表 札幌医科大学医学部医学科3年 佐藤 南斗)
共催:日本プライマリ・ケア連合学会 北海道ブロック支部
     日本プライマリ・ケア連合学会 若手医師部会 全国80大学行脚プロジェクト
analyze
Analytics
  • ライブドアブログ