日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会のブログ

日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会の公式blogへようこそ!



日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会の公式blogになります。

私達は日々、プライマリ・ケアをはじめとして、家庭医療学・総合診療・地域医療などを学んでいる医療系学生の団体です。日本プライマリ・ケア連合学会を親学会としてその下部組織として先生方の協力を得ながら、主体的に活動しております。

全国に各支部があり支部ごとの活動報告やその全国総会である『学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー』の開催の要項などを更新していきます。

興味のある方はご覧ください!
また活動に興味のある学生・研修医の方の参加をお待ちしております!
お問い合わせ先はこちらまで気軽にどーぞ♪ 

学生・研修医部会の公式HPはこちら:http://family-s.umin.ac.jp/

2013年06月

日本プライマリ・ケア連合学会  学生・研修医部会 関西支部  夏期企画「実習で家庭医・総合医のプロフェッショナリズムに出会う!」のお知らせ

こんにちは。奈良県立医科大学の柴田浩気です。
日本プライマリケア連合学会 学生・研修医部会 関西支部では、7/7に家庭医療WSを企画し、現在企画を進めております。
それと並行して、今回関西支部では、夏期休暇中に、『家庭医・総合医の現場に行く実習』を企画しております。実習施設は、関西各地の診療所・病院にご協力をいただいております。
ワークショップだけではわからない、家庭医・総合医のプロフェッショナリズムに、出会ってみませんか。

------------------------------------------------------
こんにちは。

日本プライマリケア連合学会 学生・研修医部会 関西支部では、『実習&

ワークショップで家庭医・総合医のプロフェッショナリズムに出会う!』

と題して、夏季休暇中の実習と、その前後に行われるWSをセットにした

企画を立ち上げています。

 

今回は、7/7の事前ワークショップに続いて、夏季休暇中に行われる

『家庭医・総合医の現場に行く実習』のご紹介です。

 

本企画は、8月~9月の期間中、関西支部にてご協力をいただいた関西地域

の病院/診療所に実習に行くことができるものです。

なお、本企画と事前WSは連動していますが、WSに参加しなくても実習に

参加していただくことはもちろん可能です!!

 

 

さて、今回の実習は低学年の皆さんにも積極的に参加をオススメしています。

なぜなら、この実習では、

 

・先生と患者さんのコミュニケーション。

・「地域を診る」先生の視点。

・患者さんとその家族の繋がり。

・他の職種の方との協力の方法。

 

などについて学ぶことも目的としているからです。

これらのことを学ぶには、必ずしも医学知識が必要なわけではありません。

話を聞くだけではわからない、本を読むだけではわからない、その心、知恵、

やりがいを、自分の目で、耳で、肌で感じてみませんか?

 

本実習の後には、「実習振り返りWS」として、皆さんが実習で得たものを

共有し、さらに学びを深める機会も用意しています。

 

興味あるけど、ちょっと不安だな・・・という場合など、ご質問があれば

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ用アドレス: fpig.matching@gmail.com

 

皆さんのご参加を、心よりお待ちしています!!

 

 

********************************

日本プライマリ・ケア連合学会  学生・研修医部会 関西支部(FPIG関西)主催

共催 日本プライマリ・ケア連合学会 若手医師部会 80大学行脚プロジェクト

 

「実習で家庭医・総合医のプロフェッショナリズムに出会う!」

********************************

 

【実習期間】201381日〜930日の平日23日間

 

【参加対象】全学年の医学生

 

【受け入れ病院/診療所】関西地域のご協力病院/診療所

 ※(お申込みいただいた方に別途ご案内します)

 

【費用】実費(実習先までの交通費、必要な場合は宿泊費など)

 

【実習までの流れ】

1.参加希望の方は、以下の登録フォームからお申込みください。

  (710()締切)

https://docs.google.com/forms/d/1IRobga7IKYk8qYn32JvTPNGgCsWMLBuvxSOdHQ8iBeo/viewform

 

2.事務局から実習受け入れ先病院/診療所の一覧と必要書類をお送りします。

  必要書類と希望する病院/診療所と、希望日程をご返信ください。

 

3.事務局にて全体の調整を行い、病院/診療所が決定します。

  病院/診療所への連絡方法などについても合わせてご案内させていただきます。

 

4.実習終了後に、病院/診療所にお送りする報告書の提出をお願いします。

日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 関西支部(FPIG関西)主催のワークショップ開催のお知らせ

こんにちは。奈良県立医科大学5年の柴田浩気と申します。
日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 関西支部(FPIG関西)主催のワークショップについてご案内させていただきます。
‐‐‐‐‐------------------------------------------

本年度もすでに
2カ月がたち、皆さんも新しい学年に慣れ始めたころではない

でしょうか。

新入生の皆さんは、大きく変わった新しい環境で、いかがお過ごしでしょうか。

日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 関西支部の新年度の企画が

始まります。

 

今年度の企画でフォーカスするのは、家庭医・総合医のプロフェッショナリズム。

ワークショップだけでなく病院/診療所実習も含めた企画の準備を進めています。

 

さて企画の第一弾は、以下の通りご案内させていただくワークショップです!

キャリアの色々な段階の先生方の講演から、自分自身の将来像や医療サービスの

付加価値を考えるグループワークまで盛りだくさんの内容となっております。

皆さま奮ってご参加ください。

 

********************************

日本プライマリ・ケア連合学会  学生・研修医部会 関西支部(FPIG関西)主催

共催 日本プライマリ・ケア連合学会 若手医師部会 80大学行脚プロジェクト

 

2013年度 第一回ワークショップ @関西医科大学

    「医学・医療を10倍面白くするワークショップ」

********************************

 

【日時】201377() 13:0017:00

 

【場所】関西医科大学4階会議室@枚方

 

【参加対象】全学年の医学生

 

【講師】

高木幸夫 先生(京都家庭医療センター)

鈴木昇平 先生(大阪家庭医療センター)

蓮間英希 先生(大阪家庭医療センター)

 

【内容紹介】

本年度最初のワークショップは、ズバリ『医学・医療を10倍面白くするワーク

ショップ』です!

 

皆さんは今、大学の勉強にどんなことを感じていらっしゃいますか?

せっかく医学部に入ったのに、医学のことをイマイチ学べてない

基礎医学をやってるけど、どう臨床につながるかわからない

最近よく聞くけど、家庭医・総合医って、実際どんなことしてるの

 

そう思っているあなた!その疑問を持って、是非今回のWSに来てみませんか!?

家庭医・総合医に興味のある方はもちろん、大学の勉強がしっくりこない方!

一度『現場』を見てみたいな、と思う人!

地域には、そんな皆さんを歓迎し、指導してくださる先生たちがたくさんいます。

ぜひ、そんな先生たちに会いに来てみませんか!?

 

低学年だけど、こんな話わかるのかな?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご心配なく。

WSでは、難しい医学知識は不要。家庭医・総合医の熱い思いから、先輩の臨床実習

体験談まで、学校では教えてくれない、医師が持つべき震えるハート!そして燃え

尽きるほどヒート!な思いを語っていただく内容となっています!

 

今年度の関西支部では、夏季休暇に病院/診療所実習に行くことのできる企画も

準備中ですので、その事前準備としても最適です!

まずは、お気軽にWSに参加してみませんか?

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

 

********************************

 

【プログラム(予定)

(第一部 13:0015:00

・家庭医ってなんだろう?

・プロフェッショナリズムを語る1:研修医の先生による講演

・プロフェッショナリズムを語る2:ベテランの先生による講演

・先生方によるパネルディスカッション

 

(第二部 15:0017:00

・グループワーク

10年後の自分を想像しよう!」

「患者さんの求める医師って何?」

・夏季の病院/診療所研修の紹介

・学生による研修体験談

 

終了後、会場周辺で懇親会を予定しています。(会費3500円程度)

参加を希望される方はお申込みの際に参加登録をお願いします。

懇親会参加の変更は74()まで可能です。

以降の変更はキャンセル料が発生することがありますのでご了承ください。

 

********************************

 

【参加申し込みはこちらのフォームから!(締切630日)】

https://docs.google.com/forms/d/17HZT7Y-JrQKEffOeDhQ2GZvLoQX7j7LwNJbJCNqLmd8/viewform

第7回家庭医療学勉強会 ご報告

連投すみません、北海道支部長の旭川医大4年の水戸啓貴です。
6月1日に行われた第7回家庭医療学勉強会のご報告です。
(報告書そのままです、すみません)


日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会 北海道支部主催

第7回家庭医療学勉強会 活動報告書

 

【実施概要】

 北海道家庭医療学センター栄町ファミリークリニック院長の松田諭先生をお招きして、「家庭医療学総論」をテーマにレクチャー&ワークショップを開催した。今回の勉強会は日本プライマリ・ケア連合学会ジェネラリスト80大学行脚プロジェクトの共催で開催された。

 

【目的】

 本勉強会は、立ち上げから2年が経ち、新しく家庭医療に触れる人のみならず、これまでに本勉強会に参加したことのある人も少しずつ増えてきており、新しく家庭医療について知ることと、今までの学びを振り返ることを目的としてテーマを設定した。

 

【日時】 平成2561日(土) 13:3017:00

 

【会場】 札幌医科大学 医学部 本部1・2講義室

 

【講師】 松田 諭(栄町ファミリークリニック)

北山 周(栄町ファミリークリニック)

野口 俊之(栄町ファミリークリニック)

三島 千明(上川医療センター)

 

【参加者】学生13名(医学科9名、看護学科2名、その他医療系学生2名)

(内訳) 旭川医科大学医学部医学科:4

旭川医科大学医学部看護学科:1

      大阪医科大学医学部医学科:1

札幌医科大学医学部医学科:2

北海道大学医学部医学科:2

北海道大学歯学部歯学科:2

北海道文教大学看護学科:1

 

 

【実施内容】

 本勉強会では、家庭医療に関するレクチャーを受けながら、3回に分けてグループでケースディスカッションを行い、全体共有を行った。

 始めのケースディスカッションでは、外来における患者4名について各グループで議論を行った。高血圧の中年男性、不眠を訴える中年女性、ワクチン予防接種希望の若年女性、物忘れが激しい高齢女性について、それぞれどのような問題が考えられるかを話し合った。参加者からは「お父さんは仕事が忙しくて家族の問題に気付けていない」、「お母さんが悩みを打ち明けられなくて大変そう」など、多くの意見が出た。

 次に、実は先ほどの4名の患者は家族であり、それぞれの問題がお互いの健康状態にどのように影響しているかということについて、「家族の木」をもとに考えた。1人の患者だけを見ていても見えない背景はたくさんあり、家族全体を知り、様々な視点からみていくことで解決へとつながること(点の視点から面の視点)とを学んだ。

 最後のケースディスカッションでは、80歳のおばあさんが転倒して動けなくなったが、入院を拒否したという事例について、どうしたらよいかを考えた。どのグループからも家族面談を行い、介護サービスを利用するという意見が出されて、中には隣人に協力してもらうという意見も出た。その後、どのような介入の仕方があるのかについてレクチャーがあり、「面の視点に時間軸を加えた立体的な視点」で、多職種で連携して問題を解決するのが良いだろうという提案でまとめられた。

 最後のグループディスカッションでは、家庭医・総合診療医と臓器別専門医の違いについて話し合った。その後、松田先生から、家庭医療の特徴についてプライマリ・ケアのACCCAを参考にしてレクチャーをしていただき、全体の勉強会を終えた。

 勉強会終了後には懇親会を開催し、学生と講師合わせて15名ほどが参加し、それぞれの疑問や進路などについて話し合い、非常に意義深いものとなった。

第2回AKB(旭川家庭医療勉強会)のお知らせ

こんにちは、北海道支部長の旭川医科大学4年の水戸啓貴です。
もう当日なのですがイベントのお知らせです。遅くなってしまってすみません!
今回は初めての旭川医大での開催です。


日時:6月13日木曜日19:00~21:00
場所:講義実習棟 第三講義室(旧男子ロッカー)
内容:「老年と介護」
高齢社会の現在、どの科でも必要な老年のケアを学びます。
医学科の授業ではなかなか学べない年齢別の視点で考えていきます。
看護科の方で老年・介護・訪問看護などに興味がある方もぜひどうぞ。
勉強会のはじめの10分ほどで前回のAKBの振り返り「家庭医療とは」について、学生からプレゼンがあります。

講師:八藤英典先生(北星ファミリークリニック院長・北海道家庭医療学センター理事)
共催:日本プライマリ・ケア連合学会 全国80大学行脚プロジェクト


【夏期セミナーの歩き方】プロジェクト公開開始


こんにちは!
第25回夏期セミナー広報部門代表の香田将英です。

いよいよ夏期セミナーまで「60日」となりました!

今回,新プロジェクトとして,
参加者の皆さんに「当日をより楽しんでもらう」ために,
「夏期セミナーの歩き方」という企画を考えました。

これから当日まで,隔日で夏期セミナーについて,
ストーリーを交えながらご紹介していきます。
連載記事はFBページにて御覧ください。
http://on.fb.me/19lpf6b

「何も知らずに歩くよりガイドブックをもって楽しんでもらいたい」
初参加の方も,リピーターの方も,一人ひとりにとって,
このセミナーがさらに良い場所になればと願っております。

それではこれからの連載をどうぞお楽しみに!!

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 
第25回学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー

Facebookイベントページ
http://on.fb.me/ZGOnyS 


analyze
Analytics
  • ライブドアブログ