1. 企画タイトル
関東支部 新歓イベント
”あなたのジェネラリズムを発掘する!!”

2.書いた人の所属,名前
埼玉医科大学5年 長谷川 優(はせがわ ゆう)

3.日時
2015/5/2

4.講師
今回はお呼びしておりません。

5.参加人数(参加者の学部・人数・講師それぞれ)
医学部:34
看護学部:2
教育学部:1
作業療法学科:1 

6.主催・後援などあれば
日本プライマリ・ケア連合学会 関東支部

7.企画概要
・BPSモデル
・患者中心の医療
・”わたし”の家庭医療との出会い

8.  受講者感想文

平素よりお世話になっております。
この度,5月2日に関東支部の新歓イベント”あなたのジェネラリズムを発掘する!!”をテーマに開催いたしました。

多くの方に参加いただきまして,過去最大の新歓となりました(2回目ですが)。
横市の山田くんが自身の家庭医療観を提示しつつも,
彼が家庭医療に出会ってから今まで学んだことを中心に,WSを開催。
今回のWSを作成するにあたって,また新たな家庭医療が見えたとか。

また,医科歯科大の青山さんも「”わたし”の家庭医療」という題で,自身の家庭医療観を紹介してくれました。
家庭医療とは何か?ということに対してかなり丁寧に初学者でもわかりやすく学生なりに説明していただきました。
もしかすると家庭医療を実践しようとして実践するわけではないのかもしれません。
振り返った時に家庭医療をしていた,という過去形なのかもしれません。
ただ,「患者さんのため」を思うときに何をするかと考える,それも一生懸命に。その人に寄り添って。
その結果が家庭医療なのかなと個人的に思います。


今回のWSでは
・BPSモデル
・患者中心の医療
を学びました。
患者中心の医療とはなんだろう…と考えさせられました。
「頭が痛いから痛み止めをください」
「わかりました。痛み止めを出しておきますね」
これが果たして患者中心の医療かどうかはわかりません。
demand/needs を区別し,マネジメントしていくことが重要であることを学びました。

今後学ぶべきことはたくさんあると感じましたが,
関東支部ではこのように学生が主体となって,ときには講師の先生方にご指導ご鞭撻をしていただきながら活動しております。
今後とも関東支部含め,PCsを宜しくお願い致します。


埼玉医科大学
長谷川優 拝

31-2