株式会社プライムネットワーク:アルバイト求人紹介

株式会社プライムネットワークのアルバイト求人情報を紹介していきます。これからアルバイトを始められる方、IT企業に興味がある方など、当社で会社と共に一緒に成長していきませんか。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、非正規雇用で働く人たちから、解雇や雇い止めになったとの訴えが相次いでいるのだそうです。

厚生労働省の発表では、新型コロナウイルスによる業績悪化などで、解雇されたり雇い止めされたりする見込みの人が30日時点で1021人に上ったのだそうで、その中でも観光バス事業や宿泊業が多くなっているのだそうです。

また、解雇や内定の取り消しが増加しているのだそうで、これはもう国レベルで対処しなければ下院全する見込みはなさそうですよね。

パートや派遣社員は3カ月か6カ月、契約社員は1年ごとに労働契約を反復するのが主流となっているのだそうで、売上減少などのウイルスの影に苦しむ使用者が契約を終わらせるには、契約満了時に更新を拒否する「雇い止め」か、契約途中で解雇する「期間中解雇」のどちらかをとることになるのだそうですが、この雇い止めや期間中解雇には厳しい制約があり、雇用の通算期間が長いなどの理由で有期労働者が「更新期待権」を得た場合、十分な合理性や社会通念上の相当性がない雇い止めは無効になるのだとか。

しかし、今回のように新型コロナウイルスによる業績不振だった場合は、どうなるのでしょうね。

予測不能な事態ですし、先立つお金がなければ、企業だって破産するしかありませんし、本当に難しい状況になってしまいましたね。

<>どうやらJR東日本が、AI技術を活用した無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を導入した店舗の実証実験を、赤羽駅の5・6番ホームで行うのだそうで、これは店内のカメラが客の動きを追跡し、手に取った商品を認識、購入額の計算から決済までを自動で行うのだそうです!!

しかも同時期に、支払いに現金が使えないてんやの新店舗「大江戸てんや 浅草雷門店」が台東区にオープンしたのだそうで、これはレジ締め精算などが不要になり、スタッフの管理業務が軽減するという狙いがあるようです。

かたや無人、かたやキャッシュレスといよいよ日本のキャッシュレス化が本格的になりつつありますね。

ちなみにこのてんや、利用するためには、入り口付近にあるタブレット端末で注文、クレジットカード、電子マネー、中国モバイル決済(Alipay、WeChatPay)で料金を支払うようになっていて、さらには会計後、自ら注文した商品を受け取り、片付けるセルフサービスタイプの店舗となるようです。

味気なさは否めませんが、働き手がいなくなっている日本においては、これが正解なのかもしれませんね。

tenya_ko03

アメリカのアマゾンでは「アマゾンプライム」の月額料金が、これまでの10.99ドルから、2ドルの値上げとなる12.99ドルに値上げされるのだそうです。

また、アメリカのは学生向け割引プランもあるようで、月5.49ドルから6.49ドルへ値上げされるのだそうです。

この新しい料金体系は、これから入会する新規会員に対してはただちに適用されるようで、現在既存のプライム会員と学生会員には2月18日以降に適用されるのだとか。

なお、現段階では年会費は一般会員が99ドル、学生会員が49ドルで据え置きとなっているのだそうで、これはどう考えても年会費プランに移行したほうが良さそうですね。

アマゾンプライム

まぁ、これを見ると日本のアマゾンプライムがいかに安いのかがわかりますよね。
とはいえ、この流れ、日本のアマゾンにも影響を及ぼしそうですね。

というのも、配送の問題でヤマト運輸との配送料も値上がりとなりましたし、正直な所、日本のアマゾンプライムの価格は、ちょっと異常なくらいに安すぎると思います。

なにせ年間プランだと3,900円ですし、月額プランでもたったの400円ですからね。
アメリカのプライムユーザからすれば、まじかよ!!!っていうくらいのお安さです。

まぁ、個人的には日本のアマゾンプライム、アメリカと同等となる1万円前後になったとしても、受けたいサービスではあります。

だって、月で割れば、1000円を切る価格ですし、NHKの受信料よりも安い上、映像コンテンツや音楽まで聴けるのですから、正直メリットがとても高いです。

これを比較すると、やはりNHKはちょっと高すぎですよね。
もちろん良いコンテンツはあるんですけど、アマゾンプライムと比較すると見れるものが限られてきますし、気軽に「後から見よう」ということになりませんからね。

まぁ、ネットでの配信も考えているようですから、これができるようになれば、まぁ、互角とまではいきませんが、いい勝負はできそうになるとは思うんですけどね。

過去のNHKのコンテンツまで見れるようになれば、それこそもっとお金を払ってもいいくらいのコンテンツをもっていますからね。

このページのトップヘ