2005年10月

2005年10月29日

2005.6.19 またまた、センチメンタル。屈斜路湖畔砂湯

と、いう訳で、
神の小池から弟子屈町市街地へ戻り、
道道52号「クッシー街道」に突入。

青々と繁る自然林が目に心地良い
緑のトンネルの中をドライブしていると言った感じだろうか。
街道沿いには、ホテルやレストラン、その看板が点在。
どれも、こぢんまりと、かわいらしい。

あぁ、旅をしているなぁ〜と、改めて実感。


しばらく走ると、「あし湯」で知られる
砂湯に到着。
こちらも観光客で賑わっている模様。

ちょっと、休憩がてら寄ってみるかな♪

湖の逆サイドにある駐車場に車を停め、
道路を横断し、湖畔にむかっててくてく、歩いていく。

そろそろ、空も夕焼けに染まり始めて、
なんだかいい感じなんじゃないのぉ〜

そして…


いやぁ〜、素敵ぃ〜〜〜
ロマンチックだぁー

屈斜路湖畔 砂湯にて↓


応援クリックありがと〜ぅ!blogランキング♪


続きを読む
princ_hootem_ess at 13:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月28日

2005.6.19 クッシー街道って?

神の小池を出発。

昨日、ガソリンスタンドでもらったパンフレットを眺めていると、
クッシー街道を行こう」と題した記事が。

クッシー街道?何それ?…

クッシー街道とは、屈斜路湖半沿いの国道・道道のこと。
昭和48年7月。
屈斜路湖の仁伏付近で、湖上を高速で移動する謎の怪獣(?)が
大勢の人に目撃され、正体未確認のまま
「屈斜路湖に潜むクッシー」と名付けられたそうな。
その存在は未だ謎のままだが、
これが、クッシー街道の名前の由来とのこと。

湖畔を望むおおらかな風景が魅力で、
道路の両脇に繁る自然林は、
秋になると紅葉が見事だとか。
調度、今の時期、いいかもしれませんね〜

おぉなんだか、とっても、
クッシー街道を走ってみたくなってきたぞぉ〜

という訳で、弟子屈に戻ると
早速、ゴー


応援ありがとうm(__)m、blogランキング。





princ_hootem_ess at 14:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月27日

2005.6.19 衝撃の、神の子池。

「青く青く美しい…」という一文で、
わかった方もいるでしょうか…

さて、裏摩周展望台より道道150号、1115号を経由して、
弟子屈の街中へ戻るとしよう。

ということは、次のスポットは…

そう、神の子池!!

ここも、ガタガタガタガタ、林道を入っていかなければならず、
ちょっと大変だったかもな〜…


到着しました、神の子池
駐車場には数台、車が停まっている。
外国人観光客もけっこういて。
私は最近まで知らなかったけど、
結構有名スポットなのかな?


池の入り口まで来ると、清里町観光協会による、
"神様からの贈り物「神の子池」"
と題した看板が。

その内容に、大変な衝撃を受けることに


それは…

流れ込む川も出る川もない、不思議なカルデラ湖、摩周湖。
その水位は一年中変わらないことで有名。
なんと、その秘密が、神の子池にあるというのです

それって、どんな?

…教えませ〜ん、秘密です(笑)♪
ぜひ、直接行ってみて、ご自分の目で見てみてください!!
下調べ等せずに行く方が、感動すると思います。
摩周湖→神の子池のルートで見に行くことをお薦めします
晴れの摩周湖を観て、その美しさに感動してから、
その秘密を知ると、大変衝撃的で感激すると思います
いや、でも、逆ルートでも、また違った味わいがあるかも知れませんね。


看板にはさらに、
「悲しい時、うれしい時、この池の水はより青く
 あなたの瞳に映ることでしょう。」
との表記。

へぇ〜、そうかぁー…
と思いつつ、池へ向かう。

なんだ、全然青くないじゃん!

確かに、ものすごく(!!)透明。
池の底までしっかり見える。
しかし、青くなんかない。
コバルト色などと聞いて、
期待してきたのに、なんだよぉ〜


腑に落ちないまま、他の観光客が集まっている方へと歩く。

みんな、パシャパシャ、パシャパシャ、写真を撮っている。


うぉ〜〜〜っ


応援ありがとうございます!!blogランキング☆
続きを読む
princ_hootem_ess at 18:07|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

2005年10月24日

2005.6.19 摩周湖の裏 

おいしいスープカレーで心身ともに満たされたところで、
摩周湖の裏を覗いてやるぜ、へっへっへ…

ということで、
裏摩周展望台へ、ゴー

どうせなら、いろんな道を通りたいな〜♪
欲張りな私は、国道243号→道道885号→道道150号
のルートで進むことに。
んで、帰りは道道115号経由で戻ってくるかな〜。

ではスタート〜!
お、国道243号、「パイロット国道」と名付けられているんですね!
なんか、かっこいいけど、何故パイロット…?


と、ちょっと謎を抱えつつ、
予定通りのルートで裏摩周展望台到着〜!

ライダーや、ドライバー、大型バス等、
多くの観光客で賑わっている模様…


しかし、
またまたまたまた…


応援してください!!blogランキング〜♪


続きを読む
princ_hootem_ess at 23:13|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年10月23日

2005.6.19 スープカレーに正体不明のサクサク野菜

かわいい雑貨達を眺めて幸せ気分に浸ったあとは、
さぁ、いよいよメインのお食事

おっと、その前に、大切なことを忘れてました〜!

お店の名前は…?
辻谷商店」っていうんですね〜。
(幸せ気分で雑貨達を思い出してたら忘れてました

他にも、家族連れやカップルが何組かお食事しています。
店内は、気取らず、カジュアルな雰囲気ながら、
ガヤガヤと騒々しいこともなく、
落ち着いて、楽にくつろげる感じ♪


さて、メニューは…
お、ここ、カレーのお店なんですね。
スープカレーは、
チキンカレー」、「野菜カレー」、「南インドカレー」の3種。
3種ともに1000円なり。

私はチキンカレーを注文。

コンビニ、スーパーの弁当・惣菜以外のものを
食べられる喜びと期待を胸に、
ゆっくりと思いのままにくつろぐ

あら、店内にもかわいらしい黒板風メッセージボードが♪
確か、「ラッシーも始めました」とか、書いてあったかな。


うきうきしながらくつろいでいる間に、
運ばれてきました〜、チキンカレー

いただきま〜す

野菜もたっぷりですね〜。
コンビニ食続きの私には嬉しい限り。

鶏肉も柔らか〜!

スープもスパイスが聞いている感じ。
ホクホク、体が熱くなってくる

そして、私が感銘を受けたのは、正体不明の野菜
おそらく、何らかの芋を揚げたものでしょう、
サクサクとした、食感
しかも、香ばしくて、美味
これは一体、何


blogランキング、応援ありがとねm(__)m

続きを読む
princ_hootem_ess at 14:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月21日

2005.6.19 気になるあのお店にGo!

気になるあのお店でランチを♪ということで、
900草原を出発

来た時とは逆方向へ、うねうね、うねうね、道路を下っていく。
うねうね、うねうね…

このドライブで、再び牧草地の広大さを実感


釧路広域農道へ出ると、再び弟子屈の街中へ。
そして、街中を抜け、
国道241号沿い、道の駅摩周温泉に到着。

それでは、早速、
気になる、気になるとしつこく言っていた、
お洒落なカフェっぽい、あのお店へ〜♪

国道から見て、道の駅のすぐ奥の方にあるそのお店。

うん、やっぱり手書きのメッセージボードがかわい〜ぃ


ちょっと、お店の前をうろ〜っと歩いてみる。
外にも、雑貨や、古着らしきが楽しげに並んでいます


いざ、入店。

あらぁ〜、結構広いわぁー…
しかも、なんだか私好みの雰囲気なんじゃないのぉ〜

かわいらしい雑貨達、Tシャツ、CDなんかも並んでて
あぁ、いつかはこんなかわいい雑貨に囲まれた、
お洒落なインテリアを実現したいものだわ
(という、私の部屋は、生活感丸出し
 散らかってはいないのですが…)

不思議ですねぇ、こんなかわいい雑貨を眺めているだけで、
なぜか幸せな気分になります。

CDも、ジャケットを眺めているだけで、
ジャジーなミュージックや、心地良いカフェミュージックが
頭の片隅で流れ出す感じ。

いやぁ〜、皆、欲しくなってしまうー!!

とにかく、私好みの雰囲気
こんな雑貨店、好きな人、
結構、女の子に多いんじゃないかな?


さてさて、
一通りお店を眺めたら、
メインのお食事としますか


応援ありがとうございます!!blogランキング♪













princ_hootem_ess at 14:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月20日

2005.6.19 またしても記憶喪失…900草原

さて、900草原を目指して国道391号を南下。
弟子屈の街中を抜け、道道53号に入ると、しばらくして左折。

うねうねとゆるやかなカーブを上っていく…

うぉ〜っ、ほんとに広大だぁ〜

左右前後に緑、緑、緑…
なだらかな丘陵に、牧草地が広がります。

これが930haの牧草地かぁ…。

そして、うねうね、うねうね上っていき…


900草原展望館到着〜!

しかし、まただぁ…
摩周第三展望台に続き、記憶喪失です
きっと、感動したはずの、展望館からの風景、
今、リアルに思い出せない

やっぱり、この日、早起きしすぎたな…。
脳がお疲れだったのかな。

しかし、メモにはこう↓記されています。

900草原はほんとに広大。開陽台に似ているが、より広い。
 でも、丸く見えるといったら、やっぱり開陽台。


って、開陽台、「丸く見えるってのはちょっと違う気もする」とか
言ってたのお前だろうがぁ〜
って感じなのですが
この時の私が言いたかったのは、
「900草原はどちらかといえば平面的で、より広大、
 中標津開陽台は、よりぷっくらと、丸みを帯びた地形」
ということなのでしょう。

風景をリアルに思い出せないのに、
その感覚だけは、不思議と、やんわり記憶に残っています。

それでは、今はリアルに思い出せない、
900草原展望館からの眺め
05.6.19 900草原展望台









一体、私の記憶力はどうしてしまったことだろう。
旅も続けば、どこか疲れが蓄積してくるのだろうか?
それとも、より、印象的なことだけが記憶に残っているのか。
だとしたら、900草原の展望は、
その時の私にとって、それほど感動的ではなかったということか
それもちょっと切ないなぁ。

まぁ、旅も山あり、谷あり。
ならば、平地もあるってことですかね…


え〜っと、そうです、まだまだ食を満喫するつもりで来たんです!


blogランキング、応援クリックよろしくね♪
続きを読む
princ_hootem_ess at 21:10|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年10月19日

2005.6.19 ステキな素敵な「FREE」

さて、
カントリーキッチンちゅっぷ
 (◆住所:弟子屈町川湯温泉6−10−22
  ◆TEL :01548−3−3706)
で私が手に入れた、素敵なものとは…?


それは、旅情報誌「FREE」〜!
定価100円なり

まず、表紙のビジュアルに惹かれる。
描かれているのは、水鳥(鴨かな?)二羽。
とてもかわいらしく、かつ味のある、手書き風。

そして、全ページ、温もりの感じられる、
クラフト風(?)ペーパー使用。

パラパラとめくってみる。
北海道を中心とした旅人宿、パックパッカーズホステル等の宿、
そして、喫茶、お食事の店等の紹介が掲載されている。

どのページも手作り風で、
宿、お店各々のアットホームな雰囲気が感じられます。


これ、欲しい〜

どんな安価なものでも、衝動買いすることなどめったにない、
とっても貧乏性な私ですが、
何かに突き動かされるかのように購入しました。

これ、活用したら、
この旅がもっと、面白いものになるんじゃないの〜


そんな 旅情報誌「FREE」は、
旅人宿Chironnup さんが編集、発行を担当されています。
Chironnupのホームページはこちら↓

http://www10.plala.or.jp/chironnup/index.html
(ホームページ内でも、旅情報誌「FREE」の紹介されてますよ〜♪)


さぁさぁ、そして肝心なのはパン。
パン屋さんに来たんだからね♪


blogランキング、応援ありがとねm(__)m
続きを読む
princ_hootem_ess at 14:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月17日

2005.6.19 視線を感じながら…アイスクリームをペロリ〜ン♪

摩周湖尽くしからちょっと趣向を変え、
食を満喫することに。

まず、向かったのはこちら、
くりーむ童話
 ◆住所:弟子屈町川湯
 ◆TEL :01548−3−2008

地元の素材を使ったアイスクリームが
およそ60種類販売されているとか☆
あぁ〜っ、よだれ出そ〜ぅ

さて、車を降りると、
敷地内にはメロンパンのお店も!
そして、幸せそうにアイスをペロペロしている人たち


入店すると、多くの観光客が立ち寄っているようだ。

アイスのフレーバーは、カボチャに、抹茶等、
目移りするくらい、豊富に並んでいる。

値段は、シングル255円、ダブル305円。
せっかくだからダブルでしょ

う〜ん、2種類選ぶにも、迷っちゃうよ…

しばらく迷った末、注文したのは、
北海道らしい、ハスカップ
そして、珍しいな、気になるなぁ…ピスタチオ

さて、お味は?…
うむむむ…ピスタチオは、何の味?て、感じです。不思議な味。
ハスカップは酸味爽やかぁ〜
しかし、どちらも、新鮮かつ素朴さを感じる味。


うん、たまには食べ歩きもいいわぁ〜
と、幸せに浸っていると、
気のせいか、
幸せそうなカップルの視線を感じます。

若い娘が、こんなところで、
一人でアイスを食している姿がちょっと不思議に映るのでしょうか…
だからぁ、一人旅なんだってば


さて、気を取り直して、
お次は手作りパンとケーキのお店
カントリーキッチンちゅっぷ
 ◆住所:弟子屈町川湯温泉6−10−22
 ◆TEL :01548−3−3706

全粒粉を使用したパンが人気とか。


さて、私はここで、ちょっと素敵なものを手にいれたのです!
もちろん、パンも買いました。
でも、それだけではないんです。

ふふふん♪…


応援クリックありがとうm(__)m、blogランキング♪



princ_hootem_ess at 11:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月16日

2005.6.19 バターづくりしたいなぁ…ご旅行は計画的に!

記憶喪失の摩周第三展望台を出ると、再び国道391号へ。

弟子屈町はまだまだ見所いっぱい。
このぶんじゃ、今日中に周りきれないなぁ〜…。
今日も、この辺りに泊まるか♪

そうそ、川湯付近に農家民宿があったよな〜…

パラパラ、リストをめくる…

お、ここ、い〜んじゃないの〜

それは、「かわゆFMファームイン」♪
     ◆住所:弟子屈町字跡佐登原野68
     ◆TEL :01548−3−2309
     ◆FAX :01548−3−2603

酪農体験付き1泊4500円〜♪
バターづくり体験してみたいわぁ〜…

早速、予約TEL!


blogランキング、応援クリックよろしくねm(__)m


続きを読む
princ_hootem_ess at 23:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月15日

2005.6.19 記憶喪失の摩周第三展望台

朝食をさっと摂り、
国道391号、道道52号経由で摩周第三展望台へ。

なぜだろう、第三展望台へ向かう道中の記憶が
ぽっかりと抜けているのだが、
道道52号は、冬季閉鎖されるだけあって、
けっこう険しかったと思う。

そして、第三展望台から湖を見た時の記憶も
何故かほとんど消えてしまっているのだが、
メモにはただ一言、
弟3展望台から見ると、また違った感じ。」

そりゃ、そうだ
一体どうしたんだろう…

一気に周りすぎて、感動が薄れてしまったのか?
なんとも贅沢な話だ。
それとも、第一と、第三の記憶が
ごっちゃになってしまっているのだろうか…

行きたい場所が多すぎて、
ゆっくり味わうことを忘れてしまったのかも知れない。
もったいないなぁ…
でも、これも、
可能な限り、この旅を味わい尽くそうと
懸命に動き回った証!(かな


という訳で、
ほとんど記憶にない、
第三展望台からの眺め↓…
05.6.19 摩周湖(第三展望台)








第三展望台からの眺め□
05.6.19 摩周湖(第三展望台)









写真で見てもこんなに美しいブルーの湖を見た時の感情を
ほとんど思い出せないのが少し切ない。

しかし、
夕焼けの摩周湖、そして早朝の摩周湖を見たインパクトは、
くっきりと、鮮烈に残っている。


応援してください、ペコリm(__)m blogランキング☆


princ_hootem_ess at 22:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月14日

2005.6.19 朝。鮮やかなブルー、摩周湖。

朝5時半頃であったろうか。
いつになく早起き。

低血圧のためか、すこしボ〜ッとするが、
「朝の摩周湖を見たい!」という思いは強く、
ゴソゴソと支度を始める。


ボ〜ッとしているため、動きが鈍く、
その上、昨晩選択した靴下の片側が見つからず、
洗濯機や乾燥機の中を探したり
その他の洗濯物を畳んだりなどしているうちに、
いつの間にか7時を過ぎてしまった。


出発時、オーナーがお見送りしてくれる。
荷物を車に積み込みつつ、ちょっとおしゃべり。
「仕事を辞めて、今のうちにと思って、
 北海道を周ってるんです。」
と話すと、
「うちでも、スタッフ募集してますからね
と、非常に爽やかに見送ってくれた。

あ、ありがとうございます。
まぁ、これからのことは、
旅をしながらじっくり考えますよ〜…


摩周湖に最も近い宿、摩周湖ユースホステル↓
http://www.masyuko.co.jp/


さぁ、出発!
急がなきゃ〜
だんだん気持ちが高まってきた。
血圧もだいぶ上がってきたようだ

ぶぅ〜ん!と走って、
すぐに到着。
摩周湖YH、本当に、近いな。

あれ、何やら、係員らしき人が、
「駐車料金として410円戴きますがよろしいですか〜?」
って、うそ、昨日はなかったのに。
そっか、昨日は夕方だったから、時間過ぎてたんだな〜…

この駐車券、硫黄山でも使えるとのこと。
絶対、使ってやるぅ〜(←相変わらず…

いや、むしろ、昨日、ラッキーだったんですね♪


車を停め、今度は、ドキドキというよりも、
ウキウキしながら、階段を上る。
朝の摩周湖、どんなかな〜♪…


応援してください!!blogランキング☆

続きを読む
princ_hootem_ess at 20:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月13日

2005.6.18 見えるかな!?…摩周湖

道道52号に入ると、
のどかな牧歌的風景が広がる。

「おいしい牛乳」等の看板も目に付く。
ちょっと、えっ?!って思ったのが、
「牛乳ラーメン」…


摩周湖YH前を通過。
とにかく、急いで摩周湖行かなきゃ!
だから、チェックインは後でね♪

大きなカーブを曲がると、
坂道を登る。

…そして…

着いた!摩周第一展望台

天気いいぞ〜
見えるかな、見えるかな〜!?

ドキドキしながら、階段を1歩ずつ上り…


応援ありがとうございます!!blogランキング〜♪
続きを読む
princ_hootem_ess at 19:30|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年10月12日

2005.6.18 なんだかいいぞ、気になるぞ…弟子屈町。

旅の夢を膨らませつつ、阿寒湖を後にする。
おぉ、今日の宿を決めねば…

ここからだと、摩周湖YHと、屈斜路原野YGHが近いのね。
今日の最終目標は摩周湖だから…
それなら摩周湖YHでしょ!決まり〜!

早速、予約のTEL。
今、阿寒湖にいることを伝えると、
「それなら1時間位で着くと思いますけど、
 安全運転で、気をつけてきてくださいね〜。」
は〜い、気をつけま〜す♪

さぁ、阿寒湖出発。
摩周湖目指して国道241号を東へ。

「安全運転で、気をつけて…」
の意味がよくわかった…

激しいカーブの連続、
そして、対向車には大型観光バスが続々!

見通し悪いカーブの先で、
大型バスに出くわしてはギクッとする、
を繰り返す…


応援クリック嬉しいな♪人気blogランキング

続きを読む
princ_hootem_ess at 19:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月11日

2005.6.18  阿寒湖で深呼吸〜!

動物園で結構な時間を費やした。
さて、これからどうしよう…
春採湖?

う〜ん、しかし今日中に摩周まで行くとなると、
時間的に微妙だな…。

これからいっぱい、湖見るし、
摩周湖はゆっくりたっぷり堪能したいし…

よし、決めた!

残念ながら、今回は春採湖はパス


国道240号 通称まりも国道を北上♪
この名称、なんか好きです。

阿寒町に入り、
道の駅阿寒丹頂の里でちょっと休憩。

いやいや、びっくり!
タンチョウだらけです。
木彫にガラス等、タンチョウの置物、小物がいっぱいでした。
誰かの家の玄関に、こういうのあった気がするな〜…
見事な芸術品、でも、あんまりいっぱい並んでると、
コワいですね…


応援してください!!blogランキング!
続きを読む
princ_hootem_ess at 18:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月10日

2005.6.18 釧路市動物園にて、思いがけない再会。

タンチョウもシマフクロウも見たい!
欲張りな私は、釧路市動園物へ。

釧路動物園正面入り口駐車場料金300円。
動物園入園料、大人500円。

おろろ、今日は結構細々と出費してるわぁ〜

と、思ったら、無料の駐車場、あったんですね!!
今、パンフレットを見てて気付きました…ぐっすん
動物園西門前市営駐車場は無料だそうです、参考までに。


さぁ、入園。

動物園なんて何年ぶりだろ?ワクワクするな〜♪

ここのところ、
広大な自然景観のビュースポットばかりを周っていたため、
実は、さすがに気分がマンネリしてきていた。

新鮮な気分に、ワクワクする気持ちがさらに膨らむ。

よし、右周りで進むかな♪


初めに見たのは、アザラシ。
05.6.18 アザラシ達












気持ち良さそ〜うに、する〜りする〜り、泳ぐ姿に、
思わず見とれてしまいました。


アザラシのお向かいにはホッキョクグマ。
ボールを鼻先でつんつんつっつきながら、
独りでず〜っとじゃれている姿が愛らしい♪


そして、何故か最も印象に残ってしまった動物が、ケープキリン


さて、ランキングは…

続きを読む
princ_hootem_ess at 17:16|この記事のURLComments(4)TrackBack(1)

2005年10月09日

2005.6.18 カモミールティーの朝。そして、釧路湿原 3つ目の顔。

朝。

相部屋の親子はユースで朝食をとっていた。
そして、オーナーと何やら楽しげに会話しているのが
聞こえてくる。

い〜な〜、優雅だなぁ…


もちろん、私は、今日もスーパーかコンビニで安く済ませるつもりです

私がバタバタと身支度をしていると、
親子は先に出発。
「お気をつけて〜♪」

私もさっさと準備して、午前中釧路周って、
今日は摩周湖まで行くぞぉ〜!
早くしなきゃ!


洗面室から、部屋へ戻る途中、
オーナーに声を掛けられた。
「お姉ちゃん、お茶飲むかい?」
図々しくも、
「あら、いいんですか?いただきます。」
と、ご馳走になる。

肌寒い朝に、カモミール入りの温かい紅茶。
ホッとするひと時。

いろいろと話していると、
このオーナー、私の地元に縁のある人のようで。
そういえば、1件目のファームインのオーナーも、
そうだったような…。
ちょっと、不思議。

「今日はどこに行くの?」
と聞かれ、
「摩周湖の方へ。」
と答えると、
「今日の天気なら、午前中じゃないと見れないよ。
 いいとこ、あと、1〜2時間かな。
 後は霧がかかっちゃうと思うな。」

ガ〜ン
ま、霧の摩周湖って言われてますからね。

釧路ももっとブラブラしたいし、
今日がダメなら、明日も見れるさ。


朝食前に、カモミールティーとは、
いつになく優雅な朝であった。
「ごちそうさまでした〜」


荷物をまとめると、早速出発!


よいしょ、よいしょぉ〜!…blogランキング♪
続きを読む
princ_hootem_ess at 17:29|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年10月08日

2005.6.17 星のまきばで、初めての相部屋

釧路市内に入ると、
スーパーに立ち寄り、急いで夕食を確保。
即効、ユースに向かい、なんとかセーフ

私のチェックイン前に、
女性2人が、受付にいた。
どうやら、親子のよう。

そして、私も受付。
「昨日はどちらにご宿泊されたんですか?」
「厚岸です。(駐車場に車中泊だけどね〜、ふふん♪)」
「厚岸ですか、やっぱり、牡蛎を食べたんですか?」
「(うっ、空しくなるから聞かないでくれっ…
 いやぁ〜、食べてないんですよぉ〜、ふふっ…。」
といった具合におしゃべりしながら受付終了。

そして、先程の親子と相部屋であることがわかった。

ということは…?
祝!ユース泊初の相部屋パチパチ…


応援してください、ペコm(__)m blogランキング
続きを読む
princ_hootem_ess at 22:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月07日

2005.6.17 美しく寂しい湖、塘路湖。そして、手つかずの自然。

細岡展望台での素敵な一期一会に、
パワーを蓄え、
さらに国道391号を北上。

程なく、塘路湖着。



静かです。
もう、17時頃、いや、17時過ぎていただろうか。

人っ子一人なく、本当に静か。

湖畔のエコミュージアムセンターも、
本日はもう、閉館してしまったと見える。

湖、美しいのですが、
あまりにも静かで、なんだか寂しくなってしまいました。


静けさの中の美しい湖、塘路湖
05.6.17 塘路湖








確か、カヌー用と思われるボートが一艘ほど浮いていたような…。
そういえば、サロマ湖畔YHで会ったあの人も、
塘路湖が気に入ってるとか言ってたな〜…。


でも、こんな時間に一人で来てしまうと、本当に寂しいです。

なので、先を急ぎます。


更に国道391号を北上し、コッタロ湿原展望台を目指す。


blogランキング、応援してくださいm(__)m
続きを読む
princ_hootem_ess at 18:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月06日

2005.6.17  パワーをもらった細岡展望台

コンビニ駐車場で20分ほどの仮眠。

眠気はだいぶスッキリした。
しかし、やはり車中泊のダメージが強いのだろうか、
どこか、疲労の蓄積を感じる。

今日は、早めに宿を決めてから動いた方がいいかな〜…


釧路市内に入ると、
おぉ、都会だな〜!…

車線が増え、大きな建物が増えてくる。
初めて来る者としては、
車線一つで行く先が全く異なりそうで、気が抜けません


さて、釧路ってユースが確か2つあったよな〜、
どっかに車停めて、予約してしまわないと…。

ユースホステルのガイドを開くと、
釧路付近のユースは2つ。
星のまきばYH」と、「釧路湿原とうろYH」。

評価を見比べてみると、
前者が2、後者が4(=満点)。

しかも、塘路湖の近くに泊まるって、なんかいいわぁ〜
ということで、早速、釧路湿原とうろYHにTEL!

残念〜
本日満室です。
ガビ〜ン
そうか〜、金曜日だもんなぁ。

よって、本日の宿は星のまきばYHに決定〜!


とりあえず宿が決まって一安心したところで、
さぁて、これからどこに行こうかな〜♪…

事前にリストアップしてきたところは、
春採湖に、釧路市湿原展望台、細岡展望台、塘路湖、コッタロ湿原展望台、
釧路市動物園
etc…


応援ありがとうございます!!blogランキング☆
続きを読む
princ_hootem_ess at 17:53|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年10月05日

2005.6.17  その名の通り、霧多布!

子野日公園と思われる駐車場で朝食を摂りながら、
ガソリンスタンドが開くのを待つ。

それにしても、無駄な時間を過ごしてしまったもんだ。
昨日のうちにガソリンいれときゃよかった

というか、あんなに早く目が覚めてしまうなんて、
車中泊って、ほんと良くないなぁ…


9時頃だったろうか、
近くのガソリンスタンドが開いた模様。
早速レギュラー満タンに!
これで一安心。

そして、今度こそは間違いなく、
道道123号を霧多布方向へ出発〜


う〜ん、今日はあまり天気良くない感じだな、むむむ…

琵琶瀬付近まで来ると、急激に霧が濃くなってくる。
しかも、ハンドルをとられそうな強風
即効、ライト点灯



blogランキング、応援してくださいm(__)m

続きを読む
princ_hootem_ess at 18:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2005年10月04日

2005.6.17 えっ、燃料切れ!?…危険な賭け。そして、謎深き迷走…

早朝。

車中にて目を覚ます。
明るい。

ん、何時だろ…?

まだ、4時頃。

なんだ〜、まだ眠れるじゃ〜ん…


しかし、眠れない。
まだ、頭はボーっとしているのだが、眠れない。

前回の車中泊の教訓を活かして、着込み、
いくらか温かい睡眠環境を整えたものの、
やはり、足先に冷えを感じる。

おまけに、ユースの駐車場にいるという、
肩身の狭さを感じているためか、
なんとなく周りが気になる。
 
早めにここを出たほうがいいかな…?


眠っているような眠ってないような、
中途半端な状態で時間を費やし、
6時半、ごそごそと動き始めた。

昨日ちゃんと見れなかった、落石岬
早いとこ、行ってしまおう。

身支度を済ませ、7時頃、駐車場を出た。

どうせなら、海沿いを通って行きたいな。
ということで、道道123号、霧多布経由で行くことにした。

しかし、ガソリンの残量が微妙
なんか、こっちの道路は
ガソリンスタンド、あまりなさそうだな〜…

不安なので、一度厚岸市内に戻り、
ガソリンスタンドに向かう。

が、朝早すぎて、どこも開いてない

え〜っ、どうしよ。
8時、9時にならないと開かないよな。
朝ごはんでも食べながら待つか?

しかし、お腹もまだ空かない。

8時、9時まで待ってられるか

えぇ〜い、霧多布付近まで行けば、
きっとガソスタもあるだろう。
いや、それまでもつか…!?

んにゃ、きっと、ギリギリもつだろう!!

半分ヤケクソ状態で、かなり危険な賭けにでることに。
やはり、どこか不安なのだが…


ランキング、応援クリックよろしくm(__)m

続きを読む
princ_hootem_ess at 20:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月03日

2005.6.16  え〜っ!?…2度目の車中泊!?

右手に海を見ながら、北方原生花園を目指して進んでいく。
その間にも、夕日は少しずつ北方領土へ沈んでいく。

いやぁ〜、最高〜

夕焼けに包まれた北方領土は、ボワ〜ッと浮き上がり、
まるで、そこだけ絵画のよう。
とても幻想的

間もなく、北方原生花園に到着。


夕焼けに包まれた北方領土(北方原生花園にて)
05.6.16 北方原生花園にて








残念ながら、花が咲いていたかどうか、覚えていません。
多分、咲いてなかったと思う。
すいません、その時の私、
北方領土に沈む夕日に、もう、夢中だったんです!


北方領土に沈む夕日(北方原生花園にて)
05.6.16 北方領土に沈む夕日(北方原生花園)








沈んでいく夕日に、またもセンチメンタルな気分になるが、
浸っている場合ではない!
花咲灯台車石落石岬にも行かなきゃ!!
暗くなる前に、急げ〜

根室市内に戻る頃には、もう、薄暗くなっていた。

や、やばい

そして、花咲灯台到着。
急いで車を降り、遊歩道へ。

老夫婦が一組、こちらへ戻ってきた。
他には誰もいない。

遊歩道をずんずん進んでいく…
駐車場から、結構距離がある。
どんどん暗くなっていく…
心細い…

それでもずんずん進んで行き、岬の突端へ。

溶岩が水中に流れ出たことで形成されたという、
車輪のような形の奇岩、花咲灯台車石

しかし、残念。
日が沈んでしまったため、どこが車石なのかわからない。


花咲岬にて
05.6.16 花咲灯台車石







(車石とは全然違うところを撮影してしまったようですね

心細い気持ちに、このロケーション。
本日3度目のセンチメンタルターイム!

いや、落石岬に行かなきゃ!(←もう、諦めろよ

急いで遊歩道を引き返し、車に飛び乗る

しかしながら、辺りはどんどん暗くなっていき…

落石付近に入る頃には、完璧に真っ暗。
落石岬の入り口にも気付かずに通り過ぎてしまったようだ。

どっちにしろ、この暗さじゃ何も見えないだろう。
明日、早起きして出直すとするか…。


となると、さてさて。
今晩の宿はどうしましょ!?

根室には、ユースも農家民宿もないことはわかっていた。
天気のいいうちに納沙布岬が見れるのならばと、
ある程度、車中泊も覚悟で来ていました、はい。

でも、車中泊はやっぱり恐いよぉ〜

とりあえず、携帯で検索してみるか!
しかし、根室市内を検索しても、
私の財布が許すだけの、リーズナブルな宿は見つからず…

うっわぁ〜、2度目の車中泊か


blogランキング、応援してくださいm(__)m
続きを読む
princ_hootem_ess at 20:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月02日

2005.6.16  センチメンタルに、納沙布岬。

360度地平線の感動を胸に、開陽台を出発。
中標津市内へ戻る。

またまた、牛達の香りを感じたりしながら走る。

市内から道道8号→国道243号と、
ずんずん南下する。

この路がね、また気持ちいいんですよ〜!
天気も良く、木漏れ日の中をぐんぐんドライブする感じがね〜

ぐんぐん、気持ち良く南下し、しばらくすると、
国道243号と44号の交差点、厚床へ。
結構、早いな〜。
こりゃ、夕日より早く、岬に着いちゃうんじゃないの〜


ところが…

ここからが長いんです!!
今、地図見てみると、結構うねってるもんなぁ。

いんやいんや…
まだか、まだか〜!?…
と、ようやく、道の駅 スワン44ねむろ へ。

ちょっと休憩。はぁ〜、疲れた。
地図を見てみると、厚床から根室市内まで、
まだ半分しか進んでないじゃ〜ん
ガクッ

こりゃぁまずいなということで、
休憩もそこそこに、出発。

段々、左手に海が見えてくる。
う〜ん、いい感じ♪

このまま、海を左手にどんどん進も〜う!
北方原生花園も明るいうちに見ておかなきゃ…

そして、根室市内へ突入。
ちょっと道がこちゃこちゃしてきたな、う〜む…

案内標識を見つつ、半信半疑のまま進む。
ま、こっちでいいだろ…

あれっ


よいしょ、よいしょ〜!…blogランキング

続きを読む
princ_hootem_ess at 20:47|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2005年10月01日

2005.6.16 両手に海!!そして、生まれて初めての…

畳に布団でぐっすり眠ったせいか、
あ〜、すっきり

今日こそ、中標津の開陽台に行くぞぉ〜

張り切って出発〜
国道335号をず〜っと南下。
ちょっと霧っぽいなぁ…
大丈夫かぁ?…

などと思いつつ進んでいると、すぐに標津町へ。
開陽台に直行!といきたいところだが、

まず、ここに行ってみなきゃ〜、
野付半島 トドワラ

野付半島は、海流によって運ばれた砂が堆積してできた、
日本最大の砂し。全長約28km。

トドワラは、天然のトドマツ林が海水や潮流によって浸食され、
自然に立ち枯れたもので、現在も侵食が進行中だという。

では、早速、道道950号「野付風蓮公園線」をドラ〜イブ

おぉ〜っ

右手に海、左手にも海!
正に、海の中を走っているという感じで、大変おもしろい。
しばらく、この状態が続く。

しかし、段々と進んでいくごとに霧が濃く…

トドワラPAに到着。
あまりにも霧っぽく、写真を撮れなかったのが残念。

しかし、立ち枯れたトドワラの間を
霧がもくもくと流れていく様子が、実に荒涼としており、
なんだか、ボーっと立ち尽くしてしまう。

しばらく、ボーっと見入った後、
ふと、我に帰る。
いかん、いかん…

車に戻り、砂しの道路を引き返す。
やはり、両手に海。
旅してるなぁ〜…

国道335号から道道774号に入り、中標津へ。
きたぞきたぞ〜ぅ
天気もいいんじゃないの〜

応援ありがとうございます♪blogランキング〜♪

続きを読む
princ_hootem_ess at 18:31|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
Profile
hootem
2005年、3月、会社を辞め、フリーに。
生まれも育ちも東北。
就職と同時に函館勤務となり、退社した今も函館に住み続ける。
農業系大学卒。米とビールとワインを愛するトゥウェンティーン♪
「日々雑記」、始めました。
2006年5月より、
新ブログを始めました。
その日、その時、
思いつくまま、気ままに、
自由なテーマで綴っています。

「映画と音楽と
 アルコールと…。
〜hootemの日々雑記〜」


よろしくね♪
QRコード
QRコード


旅の間、ずっと一緒だった、
私のお気に入り道路地図。



気ままな一人旅に
フィットした一枚。



夜ドライブのテンションを
上げてくれた曲たち。



旅の疲れがピークの時、
テンションを上げてくれた歌たち。



なぜか連れて行きたくなった
アルバム。



番外編の旅に
連れて行った歌たち?



番外編の旅に
連れて行った歌たち?



番外編の旅に
連れて行った歌たち?