【マイケル・ジャクソン THIS IS IT】 公式サイト
監督 ケニー・オルテガ
出演 マイケル・ジャクソン、他

THIS IS IT

2009年6月、
1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、
突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。
照明、美術、
ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、
唯一無二のアーティストとしての才能を
復帰ステージに賭けながら、
歌やダンスの猛特訓は
死の直前まで繰り返されていた・・


会見を行うマイケルを出迎える観客の熱気

同じステージに立てる事に歓喜し涙するダンサー達

数多の人々の思いを乗せて
最高の形となるべく

始動を開始するコンサートTHIS IS IT

カメラはあたかも
このリハーサルに挑むマイケルの想い

魂の軌跡

焼き付けるかのように
彼の最期の勇姿を活写していく。

『リハーサル』という範疇を軽々と越え

観る者を魅了するそのステージング

1曲目から感涙してしまう程の

パワーと神々しさに満ち

彼の非凡さと偉大さを改めて印象付ける。

ダンサーのオーディション風景、

理想を形にしていく過程で起きる、
プロ同士故の意見の食い違い

怒ってるんじゃないよ、愛なんだよ

と優しく諭すマイケルの姿…等、

皮肉な事に
このような形での公開でなければ
目にする事はなかったであろう、
(おそらく
プロフェッショナルに徹するマイケルが
OKを出さない)

貴重映像も満載

彼の人となりを垣間見られる1作ともなっている。

このコンサートが
もし予定通り開催されていたのであれば
間違いなく

キングオブポップ完全復活

と評されていたであろう極上のステージを
スクリーンを通し体感したい。

余談だが

この作品とIMAXの相性
想像を遥かに越える相乗効果を生み出す。
今年だけでも

アリーナクラスのコンサートに20回弱参戦している、
コンサートマニアの私から見ても

これぞまさしく『最前列』体験!

IMAXでの鑑賞を強くおすすめする。