2007年10月23日

うまい、うますぎる!!

新宿育ち ストリート日誌(時々脱線) - livedoor Blog 共通テーマ

 
 今回は少し辛口のコメントかもしれない。

 しかし今回は、新宿では最高にうまい!と言わせるアーティストを紹介する。

 別にここで紹介して推すまでのこともなく、かなり有名だと思う。

 今回紹介するアーティスト、2人組のアーティスト。

 名前は the sad sad planet(通称 サップラ) という。

 


 このユニット、私のサークルの先輩で新宿のストリートライブをよく見ている人がいるのだが、その人も何年も前からやってるよ、と言っていた。

 たぶん新宿ではいちばん有名だし、立ち止まる観客もいちばん多い。

 ただ、私としてはストリートライブには少し不満が残る。

 理由は、演奏を流す機材があまりに良すぎる、というところにある。

 基本はボーカルとアコギでの演奏、ギタリストの方はサックスプレーヤーでもあるので、サックスの演奏も聴ける。

 しかし、それ以外のパートを打ち込みで流しているのだが、これはボーカルとギターを除いたほぼCDのトラックと同じものを流している。

 

 私は、これが残念だ、と思う。

 私がなぜストリートが好きなのか、それはストリートが曲と声だけで勝負しなければならない世界だからだと思う。

 最近では充電できるストリートライブ向けのアンプも安くなってきているので、機材の面では充実している。

 バンド編成でのライブもそれを使えばかなりできる。

 しかし、それでもライブハウスやスタジオなどに比べれば機材の面での制約は否めない。

 だからこそ、曲と歌声そのものが訴えるものでなければ、グッと来ない。

 もちろん、立ち止まって聴く人の数もそれで決まる。



 それをライブハウス同様の機材を持ち込んで、ストリートライブをされると、ちょっとそれは、と感じてしまう。

 サップラの皆さんは曲もボーカルもほぼメジャー級である(別に野球をやるわけではないが)。

 だからこそ、ストリートではボーカルとアコギだけの演奏が聴けたらと思う。

 それが唯一残念なので、どうかお願いします、と頼みたいと思う。



 サップラのCDはアマゾンでも取り扱っています。そちらを紹介

  

ちいさなひかり


カタルシス


陽だまりロンド




ムーピーゲーム




インディーズを楽しみたいならやっぱりここ。新宿東南口にもあります。




自分のブログでも音楽が楽しめる。
インディーズのアーティストの音楽の無料試聴サイト
インディーズバンド試聴サイトaudioleaf




principia_kebab at 13:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
気合いのリンク!!