2007年10月25日

やっぱり出会えた

ストリートミュージシャン 新宿 - livedoor Blog 共通テーマ



 昨日は新宿へと出かけた。平日も週末と同じくらいライブはさかんだった。

 1組すごい人たちがいた。確か、私は1回聴き逃したと思う。

 聴き逃した、というか通りがかったときはライブが終わっていたことがあった。

 男性の4人組、編成はピアノ1台と、演奏していた人も含めて4人のコーラス。

 ユニットの名前はPsalm(サームと読む)という。

 月に1回ライブをやっている。
  
 来月は渋谷のO−EASTで11/28(水)にやる予定である。

 チケットはやや高めだが、ライブハウスのステージで聴けばもっと彼らのボーカルの響きが聴き取れるはずだ。

 もちろん、ボーカルの美しさはストリートでも響いていた。

 特に4人の中で低い声のパートではかなりふるえた。

 ある時ふと低い声が入ったときの瞬間、何か音の厚みが変わってしまう。

 コーラスグループはやはり低音だと思った。

 その低音がしっかりしているという点で、ライブを見るだけでも「これはいける」と感じさせるものがある。

 


 あとピアノという楽器の不思議さを感じた。

 何を今さら、と思うが、改めて納得させられた。

 どんな音楽にも合う、そして弾き語りは誰でも出来る。

 ピアノの響きってすごく単純なのに(やっぱりドミソが基本です)、それでも何故それだけでもほっとするんだろう。

 聴きながらそんな感慨にも浸っていた。




 実際、Psalmさんのサイトで曲の試聴も少しさせていただいたのだが、伴奏はアルバムでもピアノだけだった。

 声の力があるんだから、それで十分だった。

 それでもバックに弦楽器がはいった演奏も聴きたい、なんて願望も湧いてくる。

 それでもピアノ1台、これで十分なんだ。


インディーズを楽しみたいならやっぱりここ。新宿東南口にもあります




自分のブログでも音楽が楽しめる。
インディーズのアーティストの音楽の無料試聴サイト

インディーズバンド試聴サイトaudioleaf


principia_kebab at 15:14│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by テリ   2007年10月26日 11:08
コメントしてくださいましてありがとうございました(^-^)

もの凄く興味深い記事ばかりで読み入ってしまいます。
僕は音楽の知識が一般に比べると、かなり浅いのでとても勉強になります。

コメントの返信ですが、
はい、ウルトラ恥ずかしいですね。笑
でも曲が完成した喜びの方が大きいですね。笑

曲と詞はいつも同時です♪

これからもこのブログ覗かせてもらいますm(_ _)m☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
気合いのリンク!!