2007年10月31日

インディーズ“リスナー”デビュー



ストリートミュージシャン 新宿 - livedoor Blog 共通テーマ



 まず最初に4日間、更新することができなかった。個人的に忙しかったのだが、いろいろとブログの運営について考えさせられるところもあったので、それで少しこの4日間、投稿は見送らせていただいた。

 この4日間で最大のイベント(自分にとって)は、何といっても小説「恋空」を読破したことだった。

 始めから音楽と関係ない話題ですみません!!

 私はこの小説、最後の2ページで泣いた。そして、読破したおととい(10/29)ときのうの30日はずっとぼんやり空ばかり眺めていた。

 読み終わってからはずっと空を眺めていたくなる。それはだれも一緒だと思う。

 さて、「恋空」は、映画版が今週土曜日(11/3)に公開になる。

 主演は、アイドルおたくの私が今一番がんばってるなと感じている新垣結衣ちゃん!!

 結衣ちゃんがこの役を本当にこなせるのかと心配で仕方がない。

 でも、やっぱり期待したい。

 絶対に最高の演技を見せてくれると信じて。

 そして主人公の美嘉が結衣ちゃんによって生命を新たに吹き込まれることを信じて。




 さて、やっと音楽の話に入ります。お待たせしました。

 私は先週の水曜日に、生まれて初めてインディーズのCDを買った。

 お店はもちろんというかタワーレコードの新宿東南口にあるお店。

 買ったアルバムは、こちらも“もちろん”と言いたい。

 それはクラプルーフの「グリッサンド」(右のサイドバーにも載せてあります)。

 これは6曲入りだが、とにかく質の高さには脱帽。

 もちろん、ストリートで彼らのパワフルかつ完璧な演奏は分かっていたが、これほどだったとは。

 まず6曲すべて駄作がない。

 そしてこのヒメノアキラさんのメロディは伊達なメジャーのミュージシャンでも書けないのではないか。

 これだけ素晴らしいメロディだと、コーラスのアレンジを勝手に付けたくなってしまう。

 本当に質の高いミュージシャンだとメジャーとかインディーズとかは関係ないと思う。

 逆に、本当に実力のあるミュージシャンならば、インディーズの方が自由に製作できるのかも知れない。

 いつも書いているが“一期一会”がインディーズの魅力。

 しかし、それにしてはその“一期一会”体験はすさまじかった。



今回は「恋空」読破記念(と勝手に称して)原作本を紹介させていただきます

恋空〈上〉―切ナイ恋物語


恋空〈下〉―切ナイ恋物語




あとクラプルーフのニューアルバムはこちらです。ジャケットもすてき!

Glissando




インディーズを楽しむなら基本はここ、新宿東南口にもあります。




無料でインディーズのアーティストの音楽が試聴できます
インディーズバンド試聴サイトaudioleaf




principia_kebab at 19:47│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひろたか   2007年10月31日 21:36
初めまして。
わざわざコメントありがとうございます。
ブログ読んでもらえてるようで嬉しいです。
下手くそなりに試行錯誤の毎日…
ですがやはり達成感を味わえる時は最高です(^o^)/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
気合いのリンク!!