BE WIRED


週刊少年ジャンプ連載「暗殺教室」前作「魔人探偵脳噛ネウロ」の感想ブログ
浅野×烏間・浅野親子・シックス×葛西・サイ×ネウロです

夏コミ 12日金東ピ44-a

夏コミ参加になりますのでよろしくお願いいたします。

新刊
「金襴緞子の帯しめながら」 36p シックス葛西 18禁 300円

2年ぶりのシックス葛西新刊になります。
五本指結成のきっかけになった話になります。
 ちょっとだけベッドシーンもあるので18禁になります。

既刊情報はこちらになります

http://confession.harisen.jp/off.html

暗殺教室の弟子死神は間に合いませんでした。
冬コミに受かったら描き続けられればと思っています。

暗殺教室も連載終了したので夏コミがチャンスと思っていたのですが、仕事の疲れが抜けきれず体力的にタイムアップになってしまいました。
もうガシガシ描き続けるのは厳しいですが、ちびちびと続けられればと思っています。


それでは当日は暑そうですが、皆様よろしくお願いいたします。




 

暗殺教室 最終話 殺しの時間

第1話のサブタイトルは「暗殺の時間」でした。

最終話も同じになるのかなっと思ってたら「殺し」の時間でした。
「殺す」という言葉はよく言われる割には実行されない言葉と単行本での松井先生のコメントですが、E組生徒たちには気持ちを振るい立たせる為の言葉になりました。

ネットで
「同じ命かけるなら、死ぬ気でやるより殺す気でやる方がいい」
という言葉も読みましたので、結果を出すなら「殺す」って言葉も自身の励みになるのでしょうね。

自分は面と向かって他人と対峙する状況にはなりたくないので、常にこの弱腰な自分の心をゆるりと「殺し」ながら生きたいと思います。


続きからどうぞ



 続きを読む

暗殺教室 第179話 去りゆく時間

タイトルページには映画・アニメ・ゲームの情報満載です。

「そこからは…色んな事があった」

おそらく松井先生の当時もこの言葉通りだったのでしょうね。
お疲れ様です。


続きからどうぞ


 続きを読む

暗殺教室 第178話 涙の時間

やはり、週刊少年ジャンプでトップで連載やられている作家さんの目は大きいのだなっと思いました。



続きからどうぞ


 続きを読む

暗殺教室 第177話 卒業の時間

ついに
卒業です。

松井先生はこのシーンを最初から考えてて、この日のためにずっと描かれてきたんですね。


続きからどうぞ
↓ 続きを読む

暗殺教室 第176話 やってきた時間

感想を再開します。

もう本誌での連載は終了、7月には最終巻も発売されます。
なんか、あっという間の連載でしたね。


続きからどうぞ



 続きを読む

暗殺教室 卒業編

映画「暗殺教室 卒業編」見てきました。
時間の都合がなかなかつかず、もう最終日ギリギリに行ってきました。
劇場は自分一人だったわw 



続きからどうぞ


 続きを読む

暗殺教室 第175話 戻らない時間

今の自分の生活結果は概ね望んだ道ではあったので後悔はないですが、ひとつだけやってみたかったなっという事があります。
中高生の時に今のような同人活動をして友達とイベントに出たりする事です。
今でもしていますが、やはり「学生時代」という特別な期間にやるのとは違うと思うんですよね。
友達とお泊まりして修羅場を体験したりとか…
頭でっかちになったり未熟ゆえの失敗とか、お金なくて諦めたりとかさ。
いい事ばかりではないだろうけど、学生時代は限定だから夢を感じるよね。



続きからどうぞ
↓ 続きを読む

暗殺教室 第174話 顔色の時間

ジャンプ連載の長期化の1つにメディアミックス化の関係もあると思うんですよ。暗殺教室は大成功の連載でアニメも映画もグッズも出てネウロ連載中は考えられない世界を見ました。そして綺麗に卒業を迎えます。

この成功の何割かで、ネウロのアニメ化も進みませんかね……
なんとか「やり直すチャンス」を手に入れられませんかね?



続きからどうぞ

 続きを読む

暗殺教室 第173話 私の生徒の時間

既に、ジャンプ本誌では卒業に向けてのカウントダウンが始まりました。
今までは殺せんせー暗殺期限でしたが、それは結局の所殺せんせーからの「卒業」って意味でもあったんですよね。


続きからどうぞ



 続きを読む
Archives
魔人探偵脳噛ネウロ 暗殺教室
「暗殺教室」「魔人探偵脳噛ネウロ」松井優征信者。ネウロではシックス葛西。「暗殺教室」死神2代目、初代、烏間、浅野學峯。感想ブログあります。 ドラマや映画の実況あり/ガルパン
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ