2006年03月20日

やぁっっほぉ〜〜〜〜〜〜〜うっっっっっ!!

あの攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEXが...

帰って来るっっっっっっっっっっっっっっ(感動)!!

今度は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」。

内容は100分程の内容になるらしい...しかも2006年完成予定(驚き)...

現在はまだ映画にするかDVDにするか放送するのか決まっていない(汗)...

しかし、製作は「劇場作品クラスの製作費を投入し、映像はハイビジョン、

音声はドルビーデジタル5.1chに対応」...と、ほとんど映画(笑)...

ああぁぁ...今度もハイクオリティーなストーリーを

見せてくれるんかなぁ(妄想中)...

楽しみぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっっ(笑)!!

元記事はこちら


koukaku
  
Posted by privatedotk at 23:01Comments(8)TrackBack(0)日記 | 日記

2006年03月14日

そうだ、京都に住んでるんやったっっっっっ!!

さる3/11(土曜日)に「Spice of Life 京の街角」のひろさんが主催されている「第五回路地裏探検隊」に参加して参りました(笑)。前回の第四回は開催されていたのさえ知りませんでした(涙)...

路地裏探検隊060311_01


思い返してみれば土砂降りの第二回路地裏探検隊に参加した際はひろさんとわたくしの二人(さびしいぃ〜〜〜〜)...
第二回路地裏探検隊_01


そして、恐怖の土砂降り第三回はyoupvさんが加わって三人...さらに...わたくしは負傷(大脂汗)...
第3回路地裏探検隊_01


 そして、今回...とうとう総勢11名(ご家族づれ含む)!!ふっっっ...増えましたぁ(感動の涙)...

参加者の皆さん
ひろさん
youpvさん
ふみかさん
mayさん
masaさん
柚実さん
休日郎さん
churinさん

予定は下記の内容でしたが、第二部の錦市場とefishは無くなってしまいました...特にefishは以前お邪魔した際に写真を撮りまくり過ぎて、それ以来あまりにも照れくささにお邪魔していないので、このチャンスに行きたかったんすよねぇ(涙)...しかし、11人では入れへんか(大脂汗)...

第一部 『お寺とお庭とお抹茶と』
 集合場所:四条河原町東南角(阪急百貨店前) AM8:30
 探検場所:詩仙堂〜野仏庵(抹茶有)〜金福寺〜四条通りにて昼食

第二部 『町家と雑貨とcafeと』
 集合場所:四条烏丸南西角下る
       COCON烏丸ビル1Fエントランス) PM1:00
 探検場所:四条京町家〜六角堂〜三条通〜矢田寺
                 〜錦市場〜efishにてお茶休憩

第三部 『東山花灯路』
 集合場所:京阪五条出口(川端通五条)    PM4:00
 探検場所:清水寺〜産寧坂〜八坂の塔〜高台寺〜円山公園
                     〜花見小路〜先斗町
解散予定時刻 PM9:00

 今回、わたくしはお昼の第二部から参加させて頂いたのですが、既に主催者のひろさんはバテ気味(大脂汗)...やはり、この人数になるとそろそろ共同主催者が必要な状態なのかもしれないなぁと思いましたよ(汗)...さすがにひろさんでも一人でまとめるには厳しい人数となっていました(汗&笑)...
 
 まぁ、少々お堅い話はさておき(笑)...当日の天候はわたくしにとっては路地裏探検隊、初の快晴(感動)!!羽織っていたハーフコートが熱くて脱いでしまうぐらいでした(笑)。
路地裏探検隊060311_04

路地裏探検隊060311_02


 当日は大黒柱様が中国出張にデジカメを持って行ってしまっていたためPHSのカメラで撮影しておりましたが途中からさすがにロクな写真が撮れないと思い、自宅まで母親から借りているNikon F60を慌てて取りに帰りました(汗&笑)...その写真に関しては現像に出してからまた後日(汗&笑)...(今回は第二回と第三回の写真以外は全てPHSのカメラです[汗]。)

路地裏探検隊060311_05

路地裏探検隊060311_03


 忘れないうちに書いておきたいんですが、帰りに立ち寄った休日郎さんのお知り合いのお店「祇園 ちか村」さんの料理はほんまに旨かったっす(感動)...特に「水菜とクジラの鍋」はあまりにも旨過ぎて料理の写真を撮っておくのを忘れさせてしまいました(汗)...これを読んでいる方は京都にお立ち寄りの際は是非「祇園 ちか村」さんにお立ち寄り下さいまし(笑)。それでは、フィルムの現像が出来るまで...つづく(笑)...
  
Posted by privatedotk at 02:22Comments(12)TrackBack(0)京都便り | 日記

2006年02月24日

おう??

 さて、念のためにお話ししておきたいのですが、このprivate de designはあくまでわたくしの独断と偏見、さらに「ド素人な視点から見たデザイン」を語りますので本格的な論理等は求めないで下さいまし(笑)。
  
 それでは、今回はスピーカーで御座います。その名は「mini PODicon」。そう最近大流行りしてしまっている、あの名前によく似ておりますが「POD」という名称はこちらが先輩で御座います。デザインは「Blue Room Loud Speakers」が行なっておりますが生産は「B&W」で御座います。ちなみにこのデザイン、奇をてらったモノではなくしっかりと音響学上の理由があるとか。わたくしこのスピーカーの音は2度しか聞いた事が無く、さらに自分好みの音楽で聞いていないので、自信を持って言えないのですが結構そのサイズとは釣り合わないパワフルなサウンドだったのを記憶しております。まあ、取りあえずわたくしの信頼する、あの吉田苑お薦めしているのでサウンドは大丈夫だろう(笑)。

mini pod
  
Posted by privatedotk at 01:10Comments(6)TrackBack(0)private de design | オーディオ

2006年02月21日

住まいは環境です。もとい...仕事は環境ですっっっ!!

 今日は「家電」でも「パソコン」でも「電話」でもありません。今日は「机」!!数年前、某雑誌で一目見たその時からこの机で仕事がしたくてしたくて...今現在でもこの机は生産されているのでしょうか?製作したのはスウェーデンのデザインチーム「snowcrash」。商品名は「Netsurfer」。
 住まいもそうですが、仕事においても「環境」というモノは非常に重要です。気分が鬱々する環境で「良い仕事」も「最良の結果」も出せません。そうなって来ると当然「デザイン」は「環境」にも重要になって来るのです。そして、環境を「デザインする」という事になって来ます。さぁ、世の社長さん!!仕事場の環境、デザインして下さいよん(笑)!!冗談っぽく書いていますが「良い環境」が無いと「良い仕事の結果」が出ないのは事実ですからね(汗&笑)。...(まあ、仕事場に限らず街作りに関しても同じですが...)...

Netsurfer_01

Netsurfer_02
  
Posted by privatedotk at 21:14Comments(2)TrackBack(0)private de design | 家具

2006年02月18日

良くなって欲しいのですよ...

 わたくし仕事柄、電化製品のコーディネイトを頼まれる事があります。っで、以前にコーディネイトした中で納入後、非常に困った事がありました。当然クライアントには予算がありますので、その範囲内で探し出して来る訳ですが、「ここなら酷い事にはならないだろう..」この考えの甘さを後に深く深く反省する事が以前にあったのです(汗)。
 その製品が今回ある意味残念な紹介をする無印良品の「17インチ液晶テレビ」と「DVDプレイヤー」で御座います。

液晶TV

DVD


 この商品、何が悪かったかと言いますと...非常に「設定」が分かりにくい!!この一言に付きます(汗)...設定と言っても「配線の接続」の事ではありません。DVDとTVを接続した際の画像サイズの設定が一般の方には非常に分かりずらかったのです(汗)。大体の場合、日本の家電製品だとTVとDVDを接続した場合、多くの再生されるメディアや映画は「16:9」のワイドタイプの画面になっておりますが、このTVに接続した場合、この「解像度設定」が自動設定されないのでユーザー側で変更しないと「4:3」の縦長の画像で再生される事になってしまうんです(汗)。しかも、16:9に設定してしまうと4:3の画像も16:9で横長表示してしまう...困りました...

 説明書の内容も非常にユーザビリティーに欠けている内容でしたし、設定画面は明らかに日本製の家電製品の様に丁重な設計にはなっておりませんでした...機能としては二機種共に申し分無いのですが、ここまで誰にでも分かる様な商品作りがされていないとは考えても見ませんでした(汗)...しかもあの「無印良品」の商品なのに...
 まあ、価格が低く抑えられているだけに「リモコンのボタンの押し具合が安っぽい」と行った事に注文を付けるつもりはありませんが、商品を購入した時にまず行うことが「各機器の設定」だというのは言わなくとも分かっているはずなのにこの設定項目の設計...無印さんはちゃんと考えて商品開発されたのでしょうか??特に液晶TVの「画像設定」、「説明書」は共に改善して頂きたいものです。

 元々の依頼が「お客様へプレゼンを行なったり、店頭で映像を流しておく為に利用したい。デザインは飽きの来ない極力シンプルなモノを。」という内容だっただけに、この商品を採用したのですが、この時ばかりは深く深く反省しましたよ(汗)...「操作系統や設定項目も全て自身で確認するべきだった(汗)...」と...さらにこのDVDプレーヤー、ディスクを入れた初期読込み時の「ディスクの回転音」がデカくて、まるでパソコン状態(汗)...とても「家電製品」と呼べるものではありませんでした...しかし、このDVDプレーヤー、2005年度の「iF賞」というドイツの名誉ある賞に選ばれておりました。もしかして、あの後に大幅な改善を受けたのでしょうか?それともデザインを形だけで捉えて評価されているのでしょうか?わたくしは切に改善されている事を願っておりますよ。

 デザインと言うモノのは「形」だけでなく「使い勝手」などを含めた「トータルな設計」の事を指すんですからねえ。この事は他の「デザイン」を「勘違い」している企業の方々の胸にも留めて頂きたいものです(念のために書いておきますが無印の方々が「勘違い」しているとは思っておりませんので...)。

 最初に書きませんでしたが、実はこの液晶TVに関しては当初REALFLEETの「FACE 14LX10」が第一候補となっておりました。デザインも非常に美しく、本革で作られたキャリングハンドルも非常に高い質感でした。しかし...残念な事に「予算」という高い壁がありました(汗)...その結果「FACE 14LX10」は見送り...無印良品の液晶TVが採用されたという訳です(涙)。今考えるともう少しクライアントに食い下がっておくべきだったのではと少々後悔しております(涙)。しかし、REALFLEETの液晶TVもそろそろ新型が出て欲しい頃です(笑)。


Face 14XL10



iFデザイン賞とは
1953年に設立されて以来、ドイツ・ハノーバー工業デザイン協会が主催、選定。毎年30カ国以上、計1800点以上のエントリーがあり、その中から優れた工業デザイン製品に与えられる、世界的にも権威ある工業デザイン賞です。審査員は、受賞製品を審査し、選定するだけではなく、トップクラスのインターナショナルデザイナーなどにより行われ、iFデザインの高品質維持を保証しています。  
Posted by privatedotk at 03:05Comments(4)TrackBack(0)private de design | 家電