2005年11月10日

あちゃぁー(汗)

また、あいちゃいましたぁ、、(汗)
せっかく来てくれても更新してなくて

申し訳ないデス、、(陳謝っ

めるをくれた方達には、なんとか一通づつは
返信できたんだけど、再返信までには至らない現状っ。

やっぱり、宣言通り、読み逃げ状態になってますぅぅ(汗)

携帯の方も、こっちにも
コメントをくれてるのに、返事もできないで
ほんとにごめんなさぃね(;;)

ちなみに、今の多忙加減は
もぉちょっと続きそぉですょ…(;;)

 

  

2005年11月02日

ふと思ふっ

どもっこんばんわっ♪

今日はぁ、美杏が覗かせてもらってた
ブログの管理人さんのお話なんだけどね、

旦那さんが大好きな主婦さんの
旦那さんとの夜の情事だとか、おなにぃーのことを
UPしてるブログだったんだけど
その主婦さん、実はM女さんらしくて
でも、そのことは旦那さんには言えなかったらしく
おなにぃの方では
自虐画像ばかりだったの。

その主婦さんが、旦那さんとのセックスだけじゃ
やっぱり、自分が満たされなくて
出会い系サイトでS男さん募集して
最初のうちは、相性のいい男性とは巡り合えなかったよぉなんだけど
最近、やっと自分の求めている男性と知り合えたよぉで

前までは、旦那さんとのらぶらぶなブログだったのに
今では、S男さんとの調教ブログに変わっちゃってたのね。

旦那さん大好きな奥様が
そっちの方にいっちゃったーって感じが
なんだか、みょぉーにリアルだなぁ〜って思っちゃったぁ。

それがいいとか悪いとか言ってるんじゃなく
やっぱり、結婚って言うのはセックスの相性も大事なんだねっ。(笑)

結婚願望がナィ美杏には、あんまり関係なぃけどぉ。(笑)

でさ、その主婦さんが、紐?ロープ?とか、
バイブだとか、なんちゅぅーんですか、調教グッズとでも言いましょうか
それらを購入する課程なんかも書いてあってね

その中で、首輪のことも書いてあったのね。
主であるS男さんからつけてもらうM女さんの首輪っ。

それっいいなぁーってちょと思っちゃったぁ。(笑)

飼われるって表現は好きじゃないけど
相手の人に支配されるって言う意味では
そこまで、してほしぃと思える相手がいるって言うのはいいよねぇ〜♪

SMの行為は好きじゃないけど
その精神的な繋がりは、ちょと羨ましく思う。(笑)

いぃ〜っつもふらふらして、
ほぼ、毎週末には、いつも違う人に抱かれてる。
そんな美杏にはムリっっぽぃけどねぇ。(笑)

でも、いつか美杏にも
首輪をはめてくれる人が現れるんだろぉかぁ。(笑)

今日の美杏はいつもとちょと違う?(笑)

  

2005年10月27日

久々の詳細えっち報告

通常の騎乗位になり
美杏が腰を動かしだす。。

彼も美杏の動きに合わせて
下から突き上げる。。

でも、やっぱりイク寸前で止められちゃって
今度は、彼が上半身を起こして
いわゆる、、駅弁ってやつ。。

ベッドのスプリングのはずみを
うまーく使って
美杏、突かれまくり。。

仰け反る美杏を抱きかかえるように
彼が支えてくれて

美杏の声も、もぉ止まらなかったぁ。。

すると、今度は美杏が押し倒されて
彼が美杏の上に乗ってきて正常位。。

やっぱり正常位が美杏は一番すき。。

ちんちんが擦れる。。
奥を突かれる。。

「お願ぃ、、止めないで、、イかせてぇぇ。。」

「いいよ…ほら……」

「ぁぁぁ、、、ん、、、ぁ、、、」

と美杏がイった途端に
美杏のおまんこが彼のちんちんを締め付け
にゅりゅにゅりゅになっているおまんこを
出し入れしてたちんちんが
密着しちゃって、身体ごと押し付けられてる感じ。。

それでも、動きを止めない彼。。

一回イっちゃったおまんこは
もぉ敏感で敏感で
何をされても感じちゃう。。

動きを止めない彼に
何回イったとかじゃなく

もぉ、イキっぱなし。。
絶頂の気持ち良さが継続されちゃうの。。

膝を立てようとしても
カクカクしちゃって、力が入らない、、

「だめ、、も、、だめ、、、ふ、、ぁぁぁ、、、、」

「俺も、、、、イク、、、」

荒くなった息遣いの中、そぉ言うと
美杏のおまんこから、ちんちんを引き抜いて
美杏のおまんこに、とろとろの液体をかけた。。

そのかけられた液体がクリトリスにもかかって
ビクンってなっちゃったぁ。。

それから彼が、美杏のおまんこを拭いてくれて
まだまだ感度があがってるおまんこに
ティッシュが当てられても
もぞもぞしちゃってたぁ。。

【 おしまい 】

簡単にわけちゃうと、
みんなそれぞれ、SとMに別れるでしょぉ?
それが、肉体的なものだったり
精神的なものだったりぃ。

だけど、この時の彼のように
SとMがうまく切り替えられると
美杏も満足のいくセックスができるっちゅぅ感じでぇ。(笑)

この時の彼とはね
「ぁれ??さっき、キミ、美杏に弄ばれてかなり悦んでたよねぇ??」
みたいなことを
最中にしばしば思い出してた。(笑)

美杏も、年下、年上、年下でも精神的に上に感じる人とかで
攻めにも、受けにも変わっちゃうんだけど
この彼もきっと、そぉゆぅ人だったんだろぉねぇ〜。(笑)

でも、美杏は攻めてくれる人じゃないと
イけないデス。。(笑)
美杏はめんたるMですからぁ。(笑)

がしかしっっ!

この彼との場合、
行為は確かに気持ちよくしてもらえた。んっ。
けどぉー、言い方がイヤっ。
命令口調がヤ!!(笑)

なんちゅぅーかなぁ。
あくまでも、美杏の感覚の問題だからぁ
表現力の乏しい美杏が説明するのは困難なんだけどぉ。(笑)

ただおちんちんを、おまんこに入れたり出したりするだけなのにねっ。
伝えるのってむずかしい…(笑)

  

久々の詳細えっち報告

ベッドの枕の向こう側が鏡になっていて
その鏡に背中を向けて
恥ずかしい格好をしてた美杏に

「向こうを向いてその格好をして」

言われるままに鏡に向かって
股を広げたまま、自分の手で自分のおっぱいを揉む。。

ほんとに恥じかしくて、恥かしくて、、、
鏡に映ってる自分の姿なんか見れなかったの。。

そんな格好をしてる美杏の後ろから
彼が手を回して、美杏のおまんこを弄り始めた。。

「ちゃんと鏡、見なよ」

「・・・だって、、ほんとに恥ずかしいんだもんっ、、」

「やめちゃうよ?いいの?」

「・・・・・・・・・。」

鏡に目を向けると
鏡を通して彼と目が合った。。

ほんとにほんとに
恥ずかしい、、

自分で自分のおっぱいを揉んでる姿なんて
今まで見たことがないし、、
さすがに、そこは見ないよぉにして
ちらっと、鏡を見ては
視線をそらしたりしてた。。

気持ちよくなっちゃって
下半身に力がはいらなくなっちゃったのと
足が疲れてきたのもあって
後ろであぐらをかいていた彼の上に
ストンっと座りこんだ。。

すると彼が両膝を立てて
その外側に美杏の両足をかけて
また開脚させられた。。

おまんこに指を入れたり出したり。。
指を入れたまま、クリクリとしたり。。
クリトリスを擦ったり。。

そぉ言うのが鏡に映って
自分自身がされてることなのに
第三者の目線で鏡に映ってるその光景を見るのって
なんか、すごく恥かしかったけど
不思議な感覚になるよね。。

その時の美杏は
されていることは、すごく気持ちがいいんだけど
でも、ほんとに恥ずかしかったぁ。。

今度は彼が、その体勢のまま、後ろへ倒れこみ
仰向けに寝ると

「自分で挿れて」

そぉ言われて、振り返ろうとすると

「向こうを向いたまま」

美杏は彼の足元の方を向きながら
彼に背を向けて
挿れようとしたんだけど
うまくはいらなくて
彼のちんちんの根元を持って挿れようとしたら

「手は使っちゃだめだよ」

って言われたの。。

だから、腰を上下させたり
左右にずらしたりして
彼のちんちんを自分に挿れた。。

ヌプッ。。

彼の立ってる膝に手をついて
ゆっくり腰を上下に動かした。。

彼の反り返ってるちんちんが
美杏の膣の中で
いともとは逆の方を刺激する。。

この感じ・・・ちょっと久々で
すごく興奮しちゃった。。

美杏がイキそぉになると
彼のちんちんを締め付けちゃうので
彼にもそれが伝わるらしく
締まってくると、彼が美杏のウエストを掴み
美杏の動きを止めるの。。

そんなことを何回か繰り返されて

「抜けないように、こっち向いて」

「ぇ…」

「抜けちゃったら、それでおわり」

こんな中途半端でセックスをやめるわけにはいかないので
美杏も抜けないように必死…。(笑)

彼は足を伸ばして
美杏も腰をよじらせながら
ゆっくりと、ゆっくりと
彼のちんちんが抜けてしまわないよぉに
腰をまわした。。

【 つづく 】

ぇーと、早速メルをくれた皆様っ!
どもデスっ♪♪

なんか、ぁ〜ココを読んでくれてるんだなぁ〜
ってすごく実感ができて嬉しかったですよぉ♪

  

2005年10月25日

久々の詳細えっち報告

彼の手で乳首をきゅっと摘まれて起きた。
彼に背中を向けて寝ていたから
後ろから手を回されて、
美杏の乳首で遊んでいる彼。。

M気質の彼に、イかせてもらえないだろぉなぁって
思っていたから、また美杏をその気にさせて
しゃくらせたいんだろぉなぁって思った。

おっぱいで遊んでいた彼の手が
美杏の身体を這うように、お腹へ…更に下の陰毛を掻き分けて
おまんこの割れ目に指が進入していく。。

クリトリスを中心に
指が行ったり来たり、、こねくり回すよぉに指を動かす。。

彼の方へ身体を向けると
首筋へ顔をうずめて舌を這わせて
時折、ちゅちゅっと音を立てる。。

彼が美杏の上に覆い被さり
美杏のおっぱいにむさぼりつく。

気持ちがよくて仰け反る美杏の腰辺りを両手で掴み
おへその周りにもたくさんキスされた。。

更に下へ下がる彼が
美杏の股に挟まり、おまんこを両指で広げて
まじまじと見ながら、ゆっくり顔を近づけて
舌を入れてきた。

やさしく舐められてるかと思えば
ヂュヂュ、、と下品な音を立てて吸い付く。。

そんなことをされたら
美杏も欲しくてたまらなくなっちゃう、、
けど、彼は、挿入じゃなくて咥えてほしいから
美杏をその気にさせてる。。

それから彼が再び美杏の上へ覆い被さった時に
美杏が、彼のちんちんを握ったの。。

さっきイったのに、また物凄く硬くなってる彼のちんちん。
先っちょから、えっちな液体もでてきてるのがわかったの。。

なのに、彼は、ちんちんを握ってる美杏の手を掴んで
ベッドに押し付けた。

両手を掴まれて美杏の上半身をひっぱり起こすと
膝を立てて大きく股を開かせると
目の前で美杏の表情を見ながら
指でおまんこをクチュクチュさせたの。。

恥ずかしいぃ、、、

おまんこから指を抜き
美杏のワキを抱えて

「しゃがんだまま動くな…」

その時の美杏の格好は
わかり易く言うと
インリンちゃんお家芸のM字開脚だょ。。

「そのまま、自分の両手でおっぱい揉んで…」

「ゃ…恥ずかしぃ…」

「言う事聞かなきゃだめ」

「・・・・・・・・・・・。」

すっごく恥ずかしいけど
自分のおっぱいを両手でわしづかみにしたの。。

「指で乳首を挟むように揉みなよ」

さっきは、悶え喘いでた彼なのに、、、
さっきとは全く違う、上からものを言う言い方で
美杏に指示を出す。。

あれ、、この人、M気質だった、、よねぇ、、、?

そんな風に思いながら
彼に言われたように
中指と薬指で、乳首を挟んだんだけど

恥ずかしいんだけど
自分で触っても、すごく感じちゃってた。。

そんな姿を彼は美杏の目の前で
視線を上下させて
じぃーっと見てた。。

【 つづく 】

突然、思い立ったので美杏のうぇぶあどUPしたっ。(笑)
ほら、前にもちらっと言ってたよぉに
考えてるより、とりあえずUPしてみたら?
まぁ、おかしなことがあったら削除っちゃえ
ってことでぇ。(無責任・笑)

が、しかし、

美杏ってば、ほぉんとメル不精だからぁ
その辺をふまえた上でメルをもらえると嬉しいですっ。(笑)
メルの読み逃げ確信犯デス。(笑)

いきなり、ちんちん画像とか添付しないよぉに
ご注意願いますっ。(笑)