ワキガに限らず、体臭を予防する為には、なによりもまず「清潔」を保つ事です。

■.薬用の石鹸を使う
ワキガの元は汗と混ざり合う雑菌です。殺菌効果のある薬用石鹸を使い、身体を洗いましょう。朝出かける前と帰ってお風呂に入るときに洗うと効果的です。

■.吸湿性の高い下着(シャツ)身につけましょう
シャツを重ね着したりする方は、必ずTシャツなどの下着をつけましょう。吸湿性が高い素材であればなお良いです。肌の上にYシャツ、直接ブラウスを着るのはやめましょう。
汗を吸収しないのでそのまま臭いに繋がります。また、消臭効果のある肌着も売っておりますので、試してみるのも良いでしょう。

■.汗はこまめに拭きましょう
汗を放置しておくと臭いに繋がります。こまめに拭き取るようにしましょう。また、消臭効果の高い天然フラボノイドをしみこませた汗拭きシートなどを利用して汗を拭き取ると効果倍増です。

■.制汗、消臭剤を使用する
スプレータイプのものやスティックタイプ、ロールオンタイプなどたくさんありますが、ロールオンタイプがおすすめです。
スプレーは、吹きかけるだけなので、持続効果が短く、臭いと混ざり合う危険性があります。ロールオンは直接塗るタイプなので、長い時間効果が持続します。また、臭いが混ざり合う危険があるので「無香料」タイプをおすすめします。

■.食事制限を(脂肪分をとらない)
脂肪はアポクリン腺や皮脂腺を刺激し、ワキガの効果を強める力があります。焼肉などよりも、魚や野菜など高栄養・低カロリー食品をとるようにしましょう。

■.病院で治療する
皮膚科などで、ワキガを抑える軟膏などを処方してもらいましょう。それでも気になる人はワキガ手術という手もあります。自分の身体の状況を考えて治療方法を考えましょう。

「薬用ネオテクト」で【ワキガ・ワキ汗・加齢臭】対策