青山勝先生 角膜薄い レーシック ラゼック 体験談

フェイキックIOL・ICLなら信頼の 神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

2020年01月01日


記事が増えてきましたので読みやすくINDEXを作ってみました。

はじめに・プロフィールなど
レーシックを受けるにあたり
角膜について
コンタクトレンズの恐怖
気持ちの整理・不安なことなど
神奈川アイクリニック/適応検査
錦糸眼科/適応検査
高輪クリニック/適応検査
レーシック・LASEK体験談 執刀医青山勝先生
近視矯正手術について

主なカテゴリの抜粋です。さらに詳しいカテゴリは左側の下の方にメニューがあります

★当ブログではみなさんの体験談を掲載します。「角膜が薄い」と診断された方はもちろん、「レーシックNG」がと言われてしまった方などetc... これからレーシックを受けようとされる方への参考になるような体験を掲載しませんか。右下のメールフォームよりご連絡をください。★

最新記事はこのこのすぐ下にあります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 続きを読む

prk2009 at 11:00コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年03月10日

ICL(アイシーエル)/フェイキックIOL 進歩著しい近視矯正手術

私がレーシック(正確にはLASEK)を受けて、裸眼生活を得られるようになってから早いもので、7年目に突入をしました。このブログは、視力回復を決意し、適応検査の時から書き続けていますので、ブログを開設してからは丸7年になろうとしています。

私が初めて適応検査に訪れたのは神戸神奈川アイクリニックの新宿院でした。当時はイントラレーザーを使いフラップを作る、「イントラレーシック」という術式が、正確なフラップを作ることのできる画期的な術式として一般化していました。それに加えて、角膜に照射するエキシマレーザーの機器にも「眼球追尾機能」が装着され、「手術中に動いてしまう眼球にも正確なレーザーを照射できるプログラム。」ということで、ほぼ完成の域に達した時代でした。

その、イントラレーシックが受けたくて、神戸神奈川アイクリニックへと足を運んだのですが、私が適応になったのは、当時としては珍しい術式であったフェイキックIOLという眼内へレンズを挿入するという術式でした。
80万円近い手術費用と、両眼が一度に手術できないという不便さからその時はフェイキックIOLをあきらめてしまいました。

以前の状態に戻すことができる近視矯正手術

レーシックは角膜の表面をレーザーで削り、屈折状態を変化させて視力を回復させる手術なので、一度削ってしまった角膜は元に戻すことはできません。当然ですよね。元に戻るということは元の近視に戻るということなので、元に戻ってしまったら手術は失敗ということになってしまいます。

しかしながら、「もしもの時に以前の状態に戻すことができる。」というのは、将来のことを考えた場合には大きな安心感を得られることになります。

レーシックをしてしまうと二度と元にはもどりませんが、ICL(アイシーエル)/フェイキックIOLならば、挿入したレンズを取り出すことで、元に戻すことができます。また、新たな機能の備わったレンズが出てきた場合には、よりよいレンズへ交換することもできます。

最新のレンズでは、「穴あきタイプ」と言って、かつてはフェイキックIOLの最大の難点だった、「房水の流れ」を解消するタイプのレンズも一般化してきています。

医療技術の進歩も早さには、ただ驚くばかりですね。

近視という現代病に終わりはない

私は小学生の頃より視力が低く、メガネを使用せざるを得ませでした。20代になってからは、裸眼視力が0.1以下になってしまい、コンタクトレンズが手離せない生活となり、30代では、そのコンタクトレンズ使用による充血や目の乾きに悩まされる日々でした。

もちろん、メガネレンズの技術進歩もあり、かつてよりは薄いタイプのレンズも出てはきましたが、−9.0Dのレンズは、それでも分厚いものでした。最近、当時使用していたメガネを見つけて、あらためて眺めてみると、「こんなにも目が悪かったのか。」と、当時の苦悩が思い出されました。

現在では、成人の8割近くが近視なのではないでしょうか。
身近な人でコンタクトレンズを使用している人は、かなりの割合で存在します。
これは、日本に限ったことではなく、世界的に見ても経済の発展とともに、近視の増加に拍車がかかっています。

この先も、PCやスマホの画面を凝視することで、軸性近視となり、中度〜強度の近視へと発症してしまうケースは後を絶たないと思います。

近視で30年も苦しんだ私ですが、現在では裸眼での生活送ることができており、不自由はありません。
今後も、近視という現代が抱えている病について、医療の進歩を期待したいですね。


prk2009 at 10:20コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
フェイキックIOL 
livedoor プロフィール
最近注目のクリニック
コンテンツ
角膜:cornea
角膜(かくまく、英:cornea)は、眼球の前面を覆う透明な膜である。

概要
直径は約12mm、厚さは中央部が約0.5mm、周辺部が約0.7mm。角膜には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがある。また角膜表面は常に涙で覆われ、乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいる。

発生学的には、角膜は顔面の上皮に由来する。

組織学的構造 [編集]
角膜は、体表側から順に、以下の5つの層からできている。角膜が透明なのは、これらの層の結合組織(主にコラーゲン)が規則正しく配列しているからである。

角膜上皮 - 一番外側(体表側)にある層で、重層扁平上皮からなる。再生可能。
ボーマン膜(外境界膜)
固有層
デスメ膜(内境界膜)
角膜内皮 - 一番内側(網膜側)にある層で、単層立方上皮からなる。再生力に乏しい。
角膜には血管が侵入せず、酸素や栄養分は涙や前眼房水から供給される。コンタクトレンズの酸素透過性が重要視されるのはこのためである。

角膜には、三叉神経第一枝の眼神経が分布しており、刺激を与えると目を閉じる瞬目反射が起こる。この反射は両側性で、片目だけ刺激しても両方の目を閉じてしまう。瞬目反射は、中枢神経系の働きを調べる点で、臨床的に重要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブログを探そう
あわせてよみたい
あわせて読みたいブログパーツ