青山勝先生 角膜薄い レーシック ラゼック 体験談

フェイキックIOL・ICLなら信頼の 神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

2020年01月01日


記事が増えてきましたので読みやすくINDEXを作ってみました。

はじめに・プロフィールなど
レーシックを受けるにあたり
角膜について
コンタクトレンズの恐怖
気持ちの整理・不安なことなど
神奈川アイクリニック/適応検査
錦糸眼科/適応検査
高輪クリニック/適応検査
レーシック・LASEK体験談 執刀医青山勝先生
近視矯正手術について

主なカテゴリの抜粋です。さらに詳しいカテゴリは左側の下の方にメニューがあります

★当ブログではみなさんの体験談を掲載します。「角膜が薄い」と診断された方はもちろん、「レーシックNG」がと言われてしまった方などetc... これからレーシックを受けようとされる方への参考になるような体験を掲載しませんか。右下のメールフォームよりご連絡をください。★

最新記事はこのこのすぐ下にあります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 続きを読む

prk2009 at 11:00コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年09月19日

ひさびさの更新となってしまいました。。。(;''∀'')


来月には術後8年目を迎えます。

更新が少なくなってきた→特になにも変化がない


ということで、めでたしめでたし・・・ヽ(^o^)丿

もちろん、わたしの周りのレーシック経験者にも異常はありません。

数年前にはあれだけ騒がれた「レーシック難民」

最近ではめっきり聞かなくなりましたね。。。。

・レーシックをする人が減少したのか
・難民と呼ばれる方々がいなくなったのか
・マスコミが飽きたのか
・どこかの業界の陰謀説が本当だったのか

本当の理由はわかりませんが、「レーシック難民」という言葉すら知らない若い世代もいるのではないでしょうか。

レーシック難民については肯定も否定もしませんが、ここ最近はトーンダウンしてますね。

大学病院でレーシックを施術している病院も変わりはありません。

■慶応大学医学部眼科教室
■北里大学眼科
■東京歯科大学水道橋病院
地方では
■愛媛大学医学部付属病院(ここは国立大学ですよ)

など、調べればもっとあるのかもしれませんが、大学病院でも「屈折矯正」という名のもとにエキシマレーザーを使ったレーシックと呼ばれる手術が行われています。

私の執刀医である青山勝医師は、現在、柳津あおやま眼科クリニックを開業されており、現在でもレーシックをはじめICLや一般の眼科診察&手術をバリバリこなしていらっしゃいます。将来的に白内障や重篤な眼の疾患に陥った時は、カルテ持って岐阜へ行こうと思っています。

個人的なことですが、会社の福利厚生の一環として、はり治療を受けてみました。
鍼灸師の方なのですが、まだ若い先生で、解剖学や整体も取り入れた治療を取り入れているとのこと。恐る恐る診察を受けてみると、

「首が重症です。」「強い衝撃などを受けてませんか?」

「それが原因で、脊椎から腰にかけてのバランスが来るっています。」

と、衝撃的な診断。(-_-;)

実は、わたしはかつて自動車事故で、時速70キロの速度でハンドルを顎に打ち付けて入院していたのです。

「首の症状をやわらげるために、ここへ鍼を打ちます。」と鍼を打ち、神経と筋の治療をしてもらいました。

「どうですか?首の動きが楽になったことと、視界が明るくなったでしょう。」

びっくりです。Σ(・□・;)

ちょっと薄暗い室内で治療をしていたのですが、外の風景が鮮明に見えます。
視力は変わっていないのかもしれませんが、明るく見えることって素晴らしいですね。

かつての事故の衝撃が自分の視界を暗くしていたとは・・・・

来週もその方の治療を受けます。

来月は年に一度の定期健診の月。

今年の免許の更新も視力はばっちりでした。(大型免許所有者なので0.8以上)

上京の日程を調整中です。

結果はまた報告をしたいと思います。

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

prk2009 at 09:36コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
レーシックを受けるにあたり 
livedoor プロフィール
最近注目のクリニック
コンテンツ
角膜:cornea
角膜(かくまく、英:cornea)は、眼球の前面を覆う透明な膜である。

概要
直径は約12mm、厚さは中央部が約0.5mm、周辺部が約0.7mm。角膜には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがある。また角膜表面は常に涙で覆われ、乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいる。

発生学的には、角膜は顔面の上皮に由来する。

組織学的構造 [編集]
角膜は、体表側から順に、以下の5つの層からできている。角膜が透明なのは、これらの層の結合組織(主にコラーゲン)が規則正しく配列しているからである。

角膜上皮 - 一番外側(体表側)にある層で、重層扁平上皮からなる。再生可能。
ボーマン膜(外境界膜)
固有層
デスメ膜(内境界膜)
角膜内皮 - 一番内側(網膜側)にある層で、単層立方上皮からなる。再生力に乏しい。
角膜には血管が侵入せず、酸素や栄養分は涙や前眼房水から供給される。コンタクトレンズの酸素透過性が重要視されるのはこのためである。

角膜には、三叉神経第一枝の眼神経が分布しており、刺激を与えると目を閉じる瞬目反射が起こる。この反射は両側性で、片目だけ刺激しても両方の目を閉じてしまう。瞬目反射は、中枢神経系の働きを調べる点で、臨床的に重要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブログを探そう
あわせてよみたい
あわせて読みたいブログパーツ