フェイキックIOL・ICLなら信頼の 神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

2011年01月07日

レーシック

神奈川アイクリニックのコンチェルトイントラレーシック

神戸クリニックの傘下となり国内最大の視力矯正クリニックグループとなった神奈川アイクリニック

神奈川アイクリニックにはコンチェルトイントラレーシックという独自の手術方式があります。

コンチェルトイントラレーシックとは

コンチェルト(Concerto)は、ドイツWavelight社(ウェーブライト社)のアイキュー(Eye-Q)の上位機種として位置づけされているレーシック手術用のエキシマレーザー機器です。コンチェルトは限定生産されており、その技術・デザインは世界最高レベルの機器です。
という優れたエキシマレーザーを照射する術式です。

フラップの作成には定評のあるイントラレースFS60を使用します。

これにウェーブフロント技術を加えるとウェーブフロント・エクストラビューと呼ばれ、iLASIK(アイレーシック)と同等の手術となります。

コンチェルトスーパーイントラレーシックとCRスーパーイントラレーシックを比較した場合、エキシマレーザーに最上位機種コンチェルトを使用する点が最も大きな違いで、角膜の切除量が少なくて済むいう利点があります。近視・乱視が強いほど角膜の切除量は増えるため、近視・乱視が強めの方や角膜が薄い方には、特にコンチェルト スーパー イントラレーシックがおすすめとのこと

レーシック手術の成功のカギは、エキシマレーザー機器の性能であると言っても過言ではありません。施術を行うのはマイクロメートルの世界ですから、ごくわずかな差でも視力回復手術後の結果は大きく左右されてしまいます。これを扱う医師の腕と判断も大切なのですが、コンチェルトが国内には神奈川アイクリニックにしかないというのも大きなポイントですね。

神奈川アイクリニックは新宿西口にありますので、東京都内や首都圏にお住まいの方でレーシックを受ける場合便利はとてもよいと思います。





prk2009 at 19:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
神奈川アイクリニック/適応検査 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

あい×2

最近注目のクリニック
コンテンツ
角膜:cornea
角膜(かくまく、英:cornea)は、眼球の前面を覆う透明な膜である。

概要
直径は約12mm、厚さは中央部が約0.5mm、周辺部が約0.7mm。角膜には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがある。また角膜表面は常に涙で覆われ、乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいる。

発生学的には、角膜は顔面の上皮に由来する。

組織学的構造 [編集]
角膜は、体表側から順に、以下の5つの層からできている。角膜が透明なのは、これらの層の結合組織(主にコラーゲン)が規則正しく配列しているからである。

角膜上皮 - 一番外側(体表側)にある層で、重層扁平上皮からなる。再生可能。
ボーマン膜(外境界膜)
固有層
デスメ膜(内境界膜)
角膜内皮 - 一番内側(網膜側)にある層で、単層立方上皮からなる。再生力に乏しい。
角膜には血管が侵入せず、酸素や栄養分は涙や前眼房水から供給される。コンタクトレンズの酸素透過性が重要視されるのはこのためである。

角膜には、三叉神経第一枝の眼神経が分布しており、刺激を与えると目を閉じる瞬目反射が起こる。この反射は両側性で、片目だけ刺激しても両方の目を閉じてしまう。瞬目反射は、中枢神経系の働きを調べる点で、臨床的に重要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブログを探そう
あわせてよみたい
あわせて読みたいブログパーツ