image





こんばんは。

お久しぶりです。
2時間ほど座っているだけでいいお仕事中なので、手短に今年出た機種の中で個人的に面白いと思う機種を3つだけ紹介させていただきたいと思います。

それではどうぞ↓↓↓




___________________________________


↑ブログ村ランキングに参加しております。
もしよろしければ押してやってください
_________________________________






その1

image

リング〜終焉ノ刻〜



こちらは私が個人的に純増2枚のARTの新基準の中で頭1つ抜けて面白いと感じている台でございます。

そもそも、私は前作のリングも大好きで設定4や6を何度か打ったこともあるのですが、今作も新基準機ながら前作の純増3枚の出玉感に負けず劣らずの勢いを感じさせてくれます。

そして、450〜600G付近にある超強力なゾーンのおかげでハイエナがしやすいというサラリーマンのお財布に優しい台でございます。
大体このゾーンは50%ぐらいの期待度がありまして、ビンゴネオのゾーン並の強さを誇っております。

ゲームフローは前作同様、擬似ボ中にレア役を引いてARTに入れるという仕様なのですが、擬似ボからARTへの期待度が約40%くらいあり、結構入りやすいイメージです。

そして、何よりARTの最低継続率が50%であるのも嬉しいです。
折角苦労して入れたARTでも、短いG数で強レア役を引いて強い特化ゾーンを持ってこれなければ100枚以下の獲得で駆け抜けという台が多い昨今の中では頭1つ抜けて出玉感がありますね。


私の良台であるという判断基準は

1.納得のいく演出バランス
2.目押しする価値のあるリール配列・制御
3.出玉感(ヤれる感)

でありまして、3の出玉感は最も重要視する部分であるかもしれません。
新基準機はえてして当たりまでの苦労と出玉が全然マッチしていない台がほとんどであると思います。

しかし、このリング〜終焉ノ刻〜は前作を打ったことがあるならば違和感なく馴染める程前作を踏襲した演出バランス(前作の演出バランスが良かったとは言ってない)、出玉感があり、非常に高評価であります。

まだ打ったことがない、あまり打っていない方は是非打ってみて頂きたいと思います。





_______________________________


その2

image

バイオハザードリベレーションズ



この台は最近導入されたばかりの台ですね。
最近のエンターライズはバイオ5からモンハン月下という神懸かったヒット作を輩出した時期の面影を全く感じさせないゴ〇メーカーに成り下がったという印象を受けていましたが、この台は一味違いました。

時間があまりないので詳しくは書けませんが、納得のいく演出バランス・ヤれる感・目押しする価値のあるリールと、私が個人的に良台であるというための3要件をきっちり押さえてくれておりました。

簡単にゲームフローを説明いたしますと、獲得60枚の純ボ(成立確率約1/120)からARTに繋げるという最近よくあるバジリスク絆ライクな仕様です。
天井は純ボスルー14回or810Gハマリとなっております。

設定6の機械割が109%と、同じ新基準の中の名機アステカを彷彿させる辛いスペックなのですが、先日高設定っぽい台を触る機会がありまして、いざ打ってみると演出がカッコよく、また純ボですのでレア役を引いた後にボーナスを狙う楽しみがあり、なかなか楽しめました。

詳しいARTの仕様などは申し訳ありませんが各自で調べていただきたいのですが、一撃性もありなかなか面白い台ですね。


ただ、唯一であり絶対的である欠点があるのですが、それは「強レア役が全てリプレイフラグ」ということです。
私も全く詳しく調べていないのですが、おそらく状態によって強レア役とリプレイフラグを変換していると感じました。
サラリーマン番長やマジハロ5でもそうなのですが、これをやってしまうとどこか出来レース感があり私はあまり好きじゃないんですよね…


あと、私が楽しく感じた1つの要因として高設定っぽかった台を打てたこともあるのかもしれません。
3000G程度しか回せなかったのですが、ほぼ純ボ3スルーすらせずにARTに入り続け、なかなか楽しかったですね。

image



(48000円負けました。)





_______________________________


その3

image

悪魔城ドラキュラ4




これも最近出た台ですね。
この台に関しては私が個人的にA+ARTが大好物だということもありますが、演出バランス・リール・出玉感を高い次元で完成されております。

この台に関しても詳しくは各自で調べていただきたいのですが、他の新基準機のA+ART感と一線を画しているのは""出玉感""でございます。


というのも、ARTの継続率振り分けが

50%:継続率33%
30%:継続率66%
20%:継続率80%

となっており、初当たりさえ取れれば出玉を伸ばせる仕様になっております。
また純増が低いのもあり、自力ストックも獲得しやすく毎Gドキドキ出来るのもいいですね。


実際にホールで稼働しているのを見てみると、明らかに低設定しかない状況であるのにも関わらず一撃5000枚などの出玉をよく見かけます。
ARTの当選率が設定1で約1/600と重いのですが、最近の全く出玉を得るビジョンの見えない他の台に比べると、勝てるイメージが湧く台となっております。


セット数乗せの特化ゾーンでバーを狙う演出があるのですが、その中でカットインの出るタイミングがレバオン時とウェイト解除時と分けられているなど、演出面に関しても練られており開発者の真剣さが伝わってくるのも高評価の一要因でございました。


今回紹介させていただいた3機種の中でも最も自信を持って皆様にオススメ出来る台でありますので、是非打ち込んでいただきたいと思います。

image




________________________________



いかがだったでしょうか?

この間まで新基準機のあまりの面白くなさに絶望しておりましたが、最近になって面白い台が出て来たような気がしております。

今回紹介させていただいた3機種の他にも

・ツインエンジェルブレイク
・スターオーシャン
・カンフーレディ
・閃乱カグラ
・ハイパーリノ
・ベントー
・忍魂
・アカギ
・エヴァ勝利
・ラブキューレ

などもなかなか面白いのではないかと思います。

また今後では猪木・仮面ライダーBLACK・神の左手悪魔の右手・デビルマン・ウルトラマン・ゴルゴなど面白そうな台が続々と出ますので楽しみですね。


それでは、皆様の勝利をお祈りしております。
また次回の更新で会いましょう。




↑ブログ村ランキングに参加しております。
もしよろしければ押してやってください