プロ先生の歯列矯正日記

矯正治療に対して興味のある方、いろいろと疑問をお持ちの方、このブログでは プロ矯正歯科の患者様の協力により私の矯正治療の経過日記を書いていきます。 御協力していただけるモニターの患者様ありがとうございます。矯正専門医の立場からの苦労していること、困っていることなどいろいろと記載する予定です。

おはようございます。
東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です
春一番が吹きましたね!
僕は南風のムアっとした湿気のある空気がすきです!
喘息、アトピー体質の人は乾燥に弱いですから、一時の幸せでしたね!

最近、ハナラビ.コムの サイトでは

10代、20代、だけでなく、30代、50代の歯列矯正治療のコラムも記載してます
本日は35歳くらいで治療開始、現在46歳といった症例です。

歯列矯正治療においては歯と歯茎が健康であれば50歳でも60歳でも可能です。
ただし、10代や20代とは異なります

本人に面と向かって発言するのは失礼ですので、ブログで発言しますが

やはり、基礎代謝が衰えてきます。
傷や怪我の治りも遅くなります。

身体の適応力も劣ってきます。

それらを踏まえて治療目標を設定していきます。


つまり

年齢によっては、スタート状況が同じでも

結果が異なるということです。

歯列矯正治療はメリットが多くありますが、

デメリットもそれなりにあります

年齢に伴い、デメリットが増えます。

小児の場合はデメリットと言えば、虫歯になりやすくなることと、みためくらいです。

高齢になればなるほど、治療は難しくなります。

それでは、御時間のある方は

本日のブログ

ハナラビ.コム  

クリックして読んでください。

最後までありがとうございました。

みなさまおはようございます!
プロ矯正の田中です
今日は今月最後の休日ですけど、いつもより早起きをしての外出です

さて、前回のブログは大変アクセス履歴が多かったです!
やはり、お金がない場合はどうすればよいのでしょうか?と
歯列矯正について悩む人はたくさんおります

ただし、治療を担当する側から申し上げると、無職で矯正治療希望されても、ちょっと考えてしまいます

正規社員でなくても良いと思います
治療費用は分割払いにすれば毎月は数万円程度です

親や兄弟のお金で治療を受けるのは高校生までです

それ以上の年齢になったら
自己投資という意味で、自分の稼いだお金で治療を受けましょう

アルバイトであれば結構な数の仕事はあります

たとえ仕事のブランクがあったとしても雇用に苦労している職場であれば、働き口はあります

仕事のブランクがある人は選り好みせず、
3K(きつい、きたない、きけん)
というキーワードの仕事系統なら職につけます

まずは仕事をすることが重要です

仕事の内容はステップアップすればいいのです

また、たとえ親が生活の面倒を見てくれるとしても

まずは、月10万円程度の収入を目標です

そうでないと

担当するクリニック側としても対応に困ります

この人で治療費用支払えるのかな?

変な人でないかな?

とクリニック側も不安要素がでてしまいます


それでは本日も1日頑張りましょう!

最後までありがとうございました!

矯正歯科の内容については

http://www.ハナラビ.コム

でお待ちしております!


歯科医 ブログランキングへ

おはようございます
プロ矯正歯科の田中憲男です
本日は亀田病院で外科矯正手術のために始発で鴨川に向かってます
鴨川ですから、始発で向かっても到着は9時15分くらいになりますので、15分の遅刻になってしまいます。私が執刀するわけでないので問題はありません。

当院では外科矯正治療は治療も手術も健康保険適用です。
保険治療ですから、裏側矯正等の特殊装置は不可能ですが、インプラント矯正も適応になりました。

保険治療といっても、手術と矯正治療合わせて45万円の医療費がかかります。

相談にくる患者さんの中には、お金がないという方も結構な数おります。

それではお金がない人はどうすればよいのでしょうか?

1 諦める
2 ローンを組んで治療する
3 お金を貯めてから治療する

今の自分を変えたいなら、2か3になります

矯正治療の場合、外科矯正でも45万円
通常矯正するのにも70万円とか80万円かかります

矯正に限らず、お金がかかることを実現するためには、現在の生活を見直す必要があります

収入をあげるためには副業です
簡単なところでは土日のオフィスビルの清掃です
コンビニ等の仕事は覚える事が結構あるので意外と大変です
ビラ配りやポケットティッシュ配布なんかも土日限定で結構あります

後は新聞配達です
一番簡単なのは、コンビニ等に競馬の新聞を納品する仕事です
競馬の開催中の仕事になりますので、バイクの免許が必要ですけど、二時間位で5000円位になります

僕も研修医時代にはこのようなアルバイトを好んでやってました。
研修医の月給は45000円
幸福の科学で話題の清水富美加さんの月給以下です
また、研修医ですから歯科医師のアルバイトは禁止でした
アルバイトで頭を使うのはもったいので
頭を使うのは矯正歯科を学ぶことに集中です
そうなると、頭を使わないで、簡単な仕事で給料もそこそことなると上記の選択枝となります

笑い話ですけど、自分のパソコンを購入できたのは
研修医が終わった歯科医3年目でした



それでは

時間がないという人の場合はどうすればよいのでしょうか?

時間がないという人の場合
大抵は出来ない理由をあげてるだけですけど

本当に大変という場合です

その場合は節約しかありません

節約可能な事として

1、スマフォ
2 、車
3、外食
です


スマフォは節約しても身体の1部だからという人もたくさんおります
少なくとも、キャリア会社の選択と機種もこだわらないほうが良いと思います

車は一旦手放しましょう
車庫に保険にローンと大変な出費です
生活に必要な地域性の人ならグレードを下げましょう。
また、新車は無駄ですから6年以上経過した中古にしましょう
日本車は丈夫ですから10年以上問題なく機能します

そして、最後が外食です

実は外食が一番節約可能な出費です

目標を達成するためには一番効果的な節約が外食です

飲料は水筒を持ち歩く事で毎日数百円の節約です
昼も自分で弁当持参です
飲み会等のつき合いも必要最低限です


何も一生涯そんな生活をするとはいってません
歯列矯正をすることを達成するための期間限定です

これらは歯列矯正が終わってみれば、なつかしい思い出です

私は歯科医の友人が数多くおりますが、
成功している歯科医の多くはこのような課程を経ている人がほとんどです

収入を増やすために労働時間を増やす
支出を減らすために生活全般を見直す

両方おこなえば鬼に金棒ですけど
どちらか1つでも歯列矯正くらいは可能になります

ぜひとも実践してください

くれぐれも、必ず紙に目標を書いてみえるところに貼るか財布にしまいましょう!


歯列矯正の内容については

http://www.ハナラビ.コム

でお待ちしております!


歯科医 ブログランキングへ

おはようございます! プロ矯正歯科院長 田中憲男です

本来ならば本日は祝日なのですが、2月は月の日数が少ない上に、最終の土日が
日本歯科医師会主催の臨床研修指導医歯科医師会の講習会に参加するため休診となります。

臨床研修指導医というのは、言葉のとおり、歯科大学を卒業すると研修医となります。
その研修医を指導する教官の資格となります。
この資格がないと、研修医を採用することができません。

当院は今後、研修医を雇用する予定もありません。
ですが、本資格は講習会の枠がとてもせまく、参加権利を得たこと自体がラッキーだったので、
取り急ぎ急遽参加することにしました。

資格はあっと損はありません。
また、2月の22〜23日は日本臨床矯正歯科医会で学会発表があります。
2月の休日は9日と16日の2日間だけとなりましたが、なんとか乗り越えていきます。

それでは、本日のテーマです
混雑しているクリニックとガラガラのクリニック どちらが良いか?です

結論からいうと、混雑しているのは理由があり、ガラガラであるのも理由があります。

時間とお金のある人の場合はガラガラのクリニックが良いと思います。
ただし、ここでのガラガラは完全予約制、保険診療なしといった、富裕層対象のクリニックです。

費用も高額ですが、サービスも1流です。
もし、変なことをやっているとしたら、この業界、そうそう長続きできません。

つまり、10年以上長続きしている 完全予約制、保険診療なしの富裕層対象クリニックが一番です。

それでは、一般人の場合はどうでしょうか?
普通のガラガラクリニックの場合は過剰診療をする傾向があります。
また、必要もないのに、来院回数を割増するような傾向もあります。

一方で
混雑しているクリニックの場合は、必要としている処置で完了です
また、来院回数はできるだけ少なくするような傾向があります。

昨日、矯正相談に来られた患者さんは65歳の女性でした。
娘さんが当院で矯正治療を受けたことがあるので、一度相談にいくようにとのことでの来院でした。
(娘さんは嫁にいって当院の近くに住んでおりますが、母親は遠方からです)

65歳の患者さんは友人の紹介で診察を受けた歯科医院で歯列矯正をすすめられたそうです。
また、奥歯の銀歯はすべて仮歯に変更してからの歯列矯正治療とのことで、
現在下顎の左右は仮歯状態でした。
写真がないのが残念ですが、もし、もう一度来院されたら撮影します。

今後、上の左右奥歯も仮歯にしてから矯正治療だそうです。

本人は銀歯が1つ外れただけでの診察だったのですが、どんどん仮歯になっていきます。
不安になって娘に相談した結果、当院に来られました。

いわゆる、弱者につけこむ悪徳歯科医師の典型です

当院がセカンドオピニオンを断っている理由の1つに、先方の歯科医師からのクレームがあります。

今回も、先方の歯科医師からのクレームがくる可能性があります。

なぜなら、65歳という年齢で歯列矯正治療をする適応症ではなかったので、

私なら治療する必要はない、 しかも仮歯にする必要もない

かぶせもの交換するだけでいいと返答したからです。

また、そこのクリニックに通院するのがいやなら、数回で終わるから平日の3時〜5時の間に来院してくれれば
仮歯の部分の治療もおこないますから、安心してくださいと伝えました。


結局のところ、ガラガラ歯科医院は 繁華街のぼったくりバーと同じようなことを医療行為と称しておこなっているのです。

本業で生活できないなら、副業をすればいいと思いますが、先生という仕事についてしまうとなかなかフットワークも重くなるのでしょう

それでは、本日も頑張りましょう!


矯正治療に関しては、 新サイト ハナラビ.コム までいらしてください!



みなさまおはようございます!
プロ矯正歯科田中憲男です

2月に入りましたけど、今年は暖冬なのか?雪が降りませんね〜と思っていたところ

本日は朝からパラパラと降っている気配です

さて
みなさまは新年の目標設定をおこないましたか?
まだの人はぜひともこれからおこなって下さい!

念じればかなうということわざがあります
そもそも、目標設定をおこなわないのに自分の身体健康、経済力などのレベルアップは望めません

初詣で神様にお願い事をするのも願掛けの1つです

自宅で筋トレを始めるような
費用のかからない自分研きでもいいです

英会話をマスターする

資格を取る

志望校に合格する

ダイエットする

新しいスポーツを始める

まだ間に合います!

漠然と経過した1年よりも

1年1年しっかりと自分の目標設定をおこなって下さい


歯列矯正治療の内容については
新サイトの
ハナラビ.コムを参照してください

http://www.ハナラビ.コム

歯科医 ブログランキングへ

みなさまおはようございます!

プロ矯正歯科院長田中憲男です

正月明けから風邪をこじらしてしましました。

歯科医師になって23年間、病気やけがで仕事を休んだことがない自分です。

風邪でもなんでも診療を継続してました。

さすがに1ヵ月も風邪をひいていると人間不安になってきます。

もしかしたらもっと重症の病になっていないかとか心配になります。

おそらく、歯列矯正治療を検討している方は身体が健康な人でしょう

身体不安な人はまずは自分の心と身体を鍛えましょう!

私は自宅で筋トレはしていますが、有酸素運動が足りないので、

これからはスポーツジムに通うことにします!

また、新サイトである

ハナラビ.コム 

数日間サーバーダウンをしてしまいました。

本ブログのようにライブドアが管理してくれると

ダウンする前に対処してくれたり

仮にダウンしてしまっても、専門のエンジニアさんがおります

ところが、

自分でサーバーをレンタルしてドメインを所得してブログを開設している場合

ブログの管理も自分でおこなう必要があります

何かあった時は専門家ではないので

グーグルの検索などでいろいろと調べて対応を考えます。

つまり、

聞くではなく調べるです

最近は歯科治療全般では調べることがほとんどなくなってきましたが

自分自身、わからなければ調べるといった本能的行動で

サーバーの復旧をおこなうことができました。


何事もあきらめずに前に進むことが重要です

新サイト

http://www.ハナラビ.コム
歯列矯正治療に特化した記事で構成されてます!




よかったら見に来てください!

みなさまおはようございます
東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です

本日は診療中にブログ更新です

同時刻に2名の無断キャンセル患者さんがでました。
1回くらいは予約忘れていたという人もいますが、たいていは同じ人です

本日の無断キャンセルの患者さんの1人は前回も無断キャンセルでした。
当院のルールでは3回無断キャンセルになった人は基本的に予約は受け付けません。

少々道がはずれてしまいましたが、本日のハナラビ.コムでは

歯列矯正開始する年齢は何歳まで可能か? です!

最近は男性の治療希望者も増加してますし、年齢の高い人も割合が増えてます。

それでは御興味のある方は

ハナラビ.コム 

まで リンク移動お願いします!

最後までありがとうございました。


みなさまおはようございます!
プロ矯正歯科の田中憲男です!

インフルエンザが大流行してきてるようです
今の子供さんたちは、インフルエンザ予防接種は任意なのですね

私が小学校時代は注射回しうちでのワクチン接種だった記憶があります

今、振り返るとゾッとします

それこそ歯科医院も街の中に数件しかなかった時代でしたから、乳歯の虫歯はバケツ冠か抜歯でした

そんな治療でも当時の先生は1日100人以上診療していたのですから、大変な重労働だったと思います

最近は歯科医院はコンビニエンスストアーよりも多くなったといわれております

クリニックが増えれば、診療する患者数も減少します

そうなると、歯科医院側としては新しい治療メニューを考えます

ホワイトニングなどが代表的です

インプラントもメニューに入りますけど

出血を伴う外科手術行為は、なれていないと場合によっては救急車騒ぎになったり、死亡につながります

そうなると、歯科医院側からみると小児歯科矯正治療は簡単そうに感じます

正確には、簡単そうではなく死亡などの危険性がないということです

死亡や救急車騒ぎになることが少ないという理由でそこらじゅうで小児歯科矯正治療がおこなわれてます

そのため治療の質も料金設定もバラバラです

地雷を踏まないという意味でも知っておきたい知識です

詳細については、新サイト

ハナラビ.コム

に掲載されてます



ハナラビ.コムです!

本日も最後までありがとうございました!

みなさまこんばんは!
プロ矯正歯科院長田中憲男です!
日中は暖かい気候でしたけど、夜になったら寒いですね
本日は午前プロ矯正歯科で診療、午後は新宿で外勤でした
さすがに1日で移動をしながらの外勤は効率も悪いですし、疲れます

また、さらには外勤先の院長先生に矯正歯科を教えているので、その対応も大変です

非常に優秀な先生ですけど、歯列矯正は片手間ではものにならないなあと

改めて実感しました

年初の年賀状で、周りの先生から今年から矯正歯科を始めますといった文面が多く感じたのは気のせいでしょうか?

勉強するのは非常に重要ですけど、中途半端は患者さんにも失礼です

新サイト
ハナラビ.コム
では、矯正歯科治療費用についての特集をしました

これからのハナラビ.コムでは

治療以外にも費用やトラブルサポートについて
表裏なくドンドン発言していきます


ハナラビ.コム


よろしくお願いいたします!

おはようございます!
プロ矯正歯科院長 田中憲男です
本日は大学入試センター試験日です

今朝も厳しい寒さです
関東でも積雪予想でしたが、いまのところ大丈夫そうです

私の方は、新年早々に風邪をひいてしまいました
今回はかなり重症です

どうしようもなかったので、木曜に内科を受診しました

診療開始が九時のところ、8時45分に到着
すでに、患者さんが10人くらいおります!

待っているあいだはひっきりなしに患者さんが来院されます
電話もドンドンかかってきます

受付の一人はそういった患者さん対応専門のようです

明るい声で、ただいまは大変混みあっておりますので、
二時間待ちになります‼



返答の対応の繰り返しです

それでも、いいですっといった患者さんは

待ち合い室に入ってきます

誰一人何分待たせるのか‼といったクレームは言いません

先生は一人で一生懸命診療していると思います

結局

私が呼ばれたのは

10時を少し回ったところでした

診察はおおよそ3分間で終了

先生は顔色も余りよくなく、疲れている感じがしました


駅前には内科クリニックもたくさんあると思います

全ての内科が混雑しているわけではございません

私はめったに病院にはいきませんけど

過去に受診した内科の先生とは相性があわず
今回は他のクリニックにいきました

ちなみに

過去に受診した内科のクリニックは待ち時間 もほとんどなく、暇すぎるのか?最近は週休3日になりました

つまり、僕が今回感じたことは

自分のニーズを考えてクリニック選びをした方がよいと言うことです

木曜日は午後からはインプラントのオペがありましたので

僕自身は、はやく診療を終えたかったです

となると

変なプライドは捨ててガラガラのクリニックを選べば良かったと思いました

一方で
混雑しているクリニックでの診療を希望しているのであれば

それなりの不自由も受け入れないといけないなあと

先生は一生懸命診療していました

なんだか

ふだんの自分とダブってしまいました

もうすぐ錦糸町駅に到着します


当院の新サイト

ハナラビ.コムも随時更新しております!

最近の記事は
矯正治療をせずに7年間放置したその後は?です!

歯列矯正治療に興味のある方は

ハナラビ.コムをみてください!


今日も1日頑張っていきましょう

最後までありがとうございました!

このページのトップヘ