5
今朝サッカーW杯の組み合わせが決まり、

日本はブラジル、クロアチア、オーストラリアF組に入った。

優勝候補筆頭のブラジルはともかく、

クロアチアとオーストラリアと同組という点では予選突破は十分見える。
この組は間違いなくブラジルが2歩前に出ている。

しかしそれ以外のクロアチアとオーストラリアは

日本が勝てない相手ではないだけに総合的に考えると

日本には優位な組に入ったと思う。

特にオーストラリアと同じ組に入ったのが1番大きい。

オーストラリアは次のW杯ではアジア予選に回る事が

決まっているいわゆる同じ地域同士だ。

実力的に考えたとしても日本はオーストラリアより

確実に上なのが明白なので、

日程的にもオーストラリアが初戦、

クロアチアが2戦目、

ブラジルが3戦目という日程的な優位にある。

この予選突破の鍵は初戦のオーストラリアに

勝ち点3を取る事が前提になる。

ここで引き分け以下だと予選突破の目は見えてこない。

オーストラリアに勝利し、

クロアチアがブラジルと引き分け以下で対戦する事になれば、

日本が勝利する事で予選突破が決まる。

この予選突破にはオーストラリアとクロアチアに2勝する事が前提だろう。

その可能性は十分あると私は思う。

クロアチアとの対戦では死闘になるだろうが、

それは予選突破する上では避けて通れない道でもある。

予選突破を決めてブラジルと対戦するなら何も失うものはない。

1番のベストは2戦までに日本とブラジルが共に2勝する事だろう。

今回のキーワードは2戦目で全てが決まるといって良いだろう。

正直今年のコンフェデレーションズ杯では

ブラジル、メキシコ、ギリシャと対戦して

決勝トーナメントには進めなかったが、

欧州王者のギリシャに勝利し、

優勝したブラジルには2対2の引き分けで世界を驚かせた。

ジーコジャパンならやってくれると信じている。

そしてベスト8も決勝トーナメントでは

イタリアかチェコとの対戦になる模様なので、

相手次第では十分可能性がある。

来年のW杯が楽しみになってきた。

Ranking ←よろしければクリックお願いします。

サッカー日本代表 2006年度 カレンダー


サッカー日本代表 ドイツをつかんだ男たち <DVD> (仮)


FIFA コンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本代表激闘の軌跡


日本サッカー協会オフィシャルビデオ 日本代表激闘録 アジアカップ 中国 2004 V2


日本代表 Go for 2006 ! 初回限定コンプリートBOX