7日MLBシカゴ・ホワイトソックスの井口資仁内野手が

3月に開催される

「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)

の出場辞退を表明した。

一度出場を表明しながら辞退を表明した事に対して

不信感を抱いている人も多いが、

今回の大会そのものの欠陥と、

イチローを除いた他のメジャー所属の選手の実情を

考えたらある程度予想できる事だし、

イチローを除いた選手を考えれば十分理解できる事でもある。
まず何故イチロー以外の選手と振り分けたのかと言えば

これは簡単な話しで完全にレギュラーを補償されている選手と

そうでない選手との差と言えば解り易いと思う。

イチローは既にメジャーリーグ(MLB)において

何処のチームに所属していても確実にレギュラーを

約束されている選手であり、

怪我以外で外される事のない選手でもある。

それは契約時点でそういう契約が成されていると思うし、

そういう観点で考えればイチローに代わる選手は

いない事を踏まえればイチローが何の不安もなく、

イチローが語っていた

「五輪はアマチュア最高の大会でありプロの僕が出る理由はないけど、

プロ最高の大会なら出る。」

と宣言した通りその観点では有限実行したし、

それ以上に彼は完全に保証されている。

しかしその他のMLB所属選手については

正直レギュラーを補償されている選手はいないのが実情だ。

確かに井口選手が言っていたように

「日本なら間違いなく出場したけれど、

MLBではまだレギュラーじゃないから見送る事にした。」

というのは井口選手がまだレギュラー選手ではないからであり、

当然何時でも外される可能性があるから

辞退したという事をよく理解しなければならないだろう。

以前松井選手の辞退についても賛否両論があったけれど、

ヤンキースの選手構成を考えれば、

常に試合に出るためにはキャンプで

確りアピールする必要がある。

ましてヤンキースの場合確実に野手で

レギュラーを補償されている選手は

ジーター

Aロッド

シュフィールド

FA移籍のサイモンの4人だ。

それ以外の選手は常に若手選手の押し上げがあり

何時外されてもおかしくない。

そして忘れてならないのは控えに力が衰えたとはいえ

ベテランB・ウイリアムスが控えている事だ。

そう考えたら松井選手がチームを離れてWBCに出場する

余裕など何処にもないという事になる。

これが11月開催なら間違いなく出場しただろうが、

今回見送ったのはその競争に勝つ為であり、

それは仕方ない事でもあったと思う。

大塚投手もレンジャース移籍になった事で

中継ぎのポジションが流動的であり、

当然まだメジャー3年目の選手なので調停権も得ていない。

そういう選手にとってはWBCに出場する以上に

厳しいレギュラー争いが待っている。

もしイチロー以外の彼らがNPB所属の選手で

あったのならレギュラーは確実に補償されるし、

何より日本プロ野球の為に喜んで出場しただろう。

もしあなたならどちらを選ぶか?

WBCに出場して1シーズン控え選手として過すか?

WBCを辞退して1シーズンMLB162試合出場するか?

そう考えれば前者では後々を考えると

サッカー日本代表のような高原、柳沢、中田英、中田浩

のような状態になってしまう。

そうなれば松井、井口選手を楽しみにしている

MLB視聴者には不遇の1年という可能性も有り得る。

そう考えれば後者を選んで1シーズンプレーを見せる事を

選んだ方が後々にはいい結果になると

考えれば当然な選択とも言える。

現状怪我で辞退した巨人阿部捕手は仕方ないとしても、

井口選手と同じMLBに移籍した城島捕手を

怪我と環境になれる事を理由に選出を見送った事を

踏まえればもう少し王監督も理解があっても

良かったのではないかと思う。

ヤクルト石井弘寿投手もポスティングシステムで

MLB移籍となれば出場するのは困難になる。

ポスティングシステム制度は個人的に廃止論を唱えているので、

制度上石井弘寿投手が悪い訳じゃないし、

下手な口約束をしたヤクルトフロントの責任が大きいと思う。

井口選手の時にあったような、

球団社長が不測の事態で辞める事になった場合

自由契約にする契約をしていた

(こんなバカな契約する方もする方だけれど)

というのならその通りに執行しなければならないし、

これで法的手段を取ったとして見解を示すとしたら、

私自身現状の制度と事例を踏まえたら

石井弘寿投手の主張は認められると思う。

これは球団統一のルールでそれを活用している

チームがある以上下手な事を言ってしまえば

その通り執行しなければならないだろう。

いずれにしてもだからと言ってこれで打線やメンバーが

組めないというのはどうかな?と思う。

現状今回の大会では真剣勝負とは程遠い

投手の球数制限があり、

球数の多い松坂投手はむしろ抑えに回った方が

良いかもしれないし、

4番不在とも言うが、

2冠王の松中選手もいるし、

場合によってはバレンタイン監督のように

4番にサブローみたいなアベレージヒッターを置いてもいい。

現状投手陣では抑え投手の整備が急務となるが、

それなら最初から投手5人も選出した

千葉ロッテから小林雅英投手を何故選出しなかったのか?

バレンタイン監督が拒否したなら分かるが、

そうでないなら説明理由が必要かもしれない。

もし選んでいれば抑えに困る事はなかったのではないかと思う。

投手陣の不安は抑えだけであり、

野手陣については30人の予備要員がいるのなら

そこから選出するのが当然だと思う。

いずれにしてもイチロー以外のMLB選手が辞退する事に

もっと理解しなければならないと思う。

Ranking ←よろしければクリックお願いします。

監督・長嶋茂雄の闘い―アテネ五輪野球日本代表


FOR THE FLAG 野球日本代表 夢と栄光への挑戦


アテネオリンピック 野球日本代表 銅メダルへの軌跡


FOR THE FLAG 野球日本代表 もうひとつのアテネ