5
21日国別対抗戦ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

ファイナルが行われ、

日本代表が、アマチュア球界最強のキューバ代表

に10対6で勝利し、WBCの初代王者に輝いた。

試合は初回から打線がキューバ投手陣を捕らえ、

5番多村選手の押し出し死球で先制すると、

7番小笠原選手が四球で押し出しで2点目、

8番今江選手がセンター前タイムリーで初回に4点を先制する。

先発松坂投手は先頭打者にホームランを浴びるが、

その後4回までこの1点に抑える。

5回にも3番イチローを起点に2点追加し、6対1とするが、

6回に2番手渡辺俊投手がショート川崎選手の

エラーから2点を失うが、この2点だけに抑えた。

8回には3番手藤田投手がホームランを

浴びて1点差に詰め寄られたら、

その後大塚投手が抑え1点差のまま9回に突入し、

9回に金城選手の内野安打からチャンスを広げ、

3番イチローのタイムリー、

代打福留選手のタイムリーなどで4点を追加し、

投げても4番手大塚投手が1点失うも、

見事最後の打者を三振で試合を締めた。
この大会色々な事があったけれど、

日本の全員野球が最後まで総合力で各国に勝るとも

劣らないプレーで日本の実力を世界に示す結果で終われた。

初回からキューバ先発ロメロを捕らえると、

キューバはすぐに投手を交代してきたが、

初回からキューバを動揺させた事が

この試合の主導権を最後まで与える事無く戦えた。

先発松坂投手もこの大舞台で先頭打者に

こそ打たれたがその後は数度のピンチを

見事に抑えて反撃のチャンスを与えなかった。

打線も守備も全員全力プレーで応える。

4回の川崎選手のファインプレー、

松中選手の気迫溢れる走塁、

6回には川崎選手のエラーから2失点するが、

そのプレーにみんながカバーして窮地を乗り切った。

キューバも本当に強かったし、

1点差に迫った時にはみんな大きな危機感を抱いたはずだ。

しかしここからチームリーダーイチローが

チャンスに見事に応えて、

走塁でも川崎選手がきわどいプレーで好走塁、

代打福留選手もアトランタの雪辱が

この大舞台で見事に期待に応えタイムリー、

イチローもきわどい走塁だったが、

気迫がキューバの守備を上回った。

最後は大塚投手が1点を失ったけれど、

最後まで落ち着いて投げ切り、

日本は初代王者に輝いた。

この大会1度は諦めた準決勝進出、

しかし色々なルールの中で日本は

数少ない失点が決勝に導いたと言って良いと思う。

今大会MVPになった松坂投手も確かに凄かったけれど、

私としたら松坂投手より、

アメリカ、韓国戦で好投した上原投手の方が

松坂投手より評価している。

それでもこれはみんながプレーした結果ここまで来る事ができた。

1人の選手だけでは行く事のできない場所が決勝だ。

松井、井口、岩瀬、赤星選手など有力選手が

出ない事で色々指摘はあった。

しかし彼らが出なくても勝てた事で

日本は実力があると証明できた事が最大に大きい。

もし敗れていたら彼らが出なかったから

負けたと言われたかもしれない。

しかし私は彼らがいなくても勝てると

信じてこのメンバーを信じた。

チームコンセプトとしては誰が代表でも

勝てるチームこそ本当に強いのであって、

誰かが出なかったから勝てなかったというのは

弱いチームと考えている。

だから代表として選ばれたなら、

その中のベストの選択を常に考える必要があった。

その結果今回は走力重視の役割を徹底した事で

日本の機動力野球が機能したし、

投手こそ若干中継ぎに不安しされた面があったけれど、

そこは上原、松坂、渡辺俊投手を軸にした先発3枚、

そして大塚、藪田、藤田投手を軸にした中継ぎ陣を

上手く回す事で乗り切った。

今回の大会で反省する事もあるけれど、

それは次の大会で修正できればいい。

それより日本がプロの世界大会で初代王者に

輝いた事が非常に意義がある。

日本プロ野球の生みの親である

正力松太郎は

アメリカ野球に追いつき、追い越せ

と語ったのは有名な言葉だ。

今日本野球はアメリカ野球に追いついた。

そして次はアメリカ野球を追い越す時だと思う。

その道は決して平坦じゃない。

でもその試金石になったのがこの大会だ。

これからは日本の中で争う時代じゃない。

12球団が1つになり世界を目指す時代になった。

新時代到来を予感させる世界大会での

初代王者に輝けた事は明るい未来に光の差す勝利だった。

これからは日本と共に歩んでいく時代だ!

トラックバック先

僕らだけの未来?never end?:祝、世界一! - livedoor Blog(ブログ)

〓福岡ソフトバンクホークスが世界一に輝く日〓:〓王JAPANが世界一に輝く日〓 - livedoor Blog(ブログ)

うみのこ:WBC - livedoor Blog(ブログ)

機械技術教育の実践と研究:WBCキューバに勝って世界一!! - livedoor Blog(ブログ)

『学級委員・15歳♂』 の ★スパリ言うわよ!!★:初代だぜ! - livedoor Blog(ブログ)

Start in my Blog日本、WBC優勝♪

ブツヨク人 ? GOのハッピー?!ライフ ブログ ?:ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)王ジャパン、初代世界一!!   - livedoor Blog(ブログ)#trackback

BEING GIZAイズム:日本、キューバを破りワールド・ベースボール・クラシッ(WBC)初代世界一! - livedoor Blog(ブログ)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←よろしければクリックお願いします。

FOR THE FLAG 野球日本代表 もうひとつのアテネ


アテネオリンピック 野球日本代表 銅メダルへの軌跡


FOR THE FLAG 野球日本代表 夢と栄光への挑戦


イチロー 262のメッセージ


イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること


イチロー 果てしなき夢―少年の想い遙かに


我慢


怪物―松坂大輔と日本のミラクルキッズ


松坂大輔―160キロへの闘志