4
21日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、

延長11回3対2で巨人が4番李承ヨプの

逆転サヨナラ2ランで初戦を制した。

試合は巨人エース上原投手、

阪神エース井川投手の投げ合いで始まり、

5回まで素晴らしい投手戦を繰り広げたが、

6回に1番矢野選手のセンター前ヒットを足掛りに

3番ニ岡選手が3塁線を破るタイムリー2ベースで先制する。

7回には阪神も4番金本選手の四球で

チャンスを広げようとするが、

5番今岡選手のライトへの大飛球を矢野選手が

ジャンピングキャッチの後レーザービームで

1塁走者金本選手を刺してファインプレー!

しかし8回阪神はセカンド小坂選手のエラーで

掴んだチャンスを井川投手の代打檜山選手が

レフト前タイムリーで同点とした。

エース同士の投げ合いは8回で共に降板し

エース対決はドローとなった。

試合は延長11回に3番手福田投手が

阪神が2番関本選手のタイムリーで阪神が勝ち越したものの、

その裏3番に入っていた鈴木選手が出塁すると

4番李承ヨプが劇的な逆転サヨナラ2ランで決着をつけた。
試合はエース同士の素晴らしい投げ合いで始まった。

上原、井川投手の投げ合いは1,2点ゲームの

展開を完全に予想させた。

上原投手も井川投手も素晴らしい投球の前に

両チームとも5回まで攻略する糸口を見出せない。

この時点で正直2点入ったら勝てると

ある意味踏んだ試合でもあった。

6回に巨人は矢野選手のヒットから

数少ないチャンスを活かして先制、

このまま逃げ切る展開ではないと思ったが、

8回はある意味ターニングポイントではあった。

テレビでは逆転のランナーを出しても

9番代打檜山選手を敬遠と江川、掛布両氏は言ってたけれど、

私としてはホームのアドバンテージを活かして

最悪同点止まりにできる檜山選手勝負で良かったと思う。

結果的には打たれたものの、

この間の走塁で桧山選手をアウトにできた事で、

その後の反撃を許さなかった。

結局阪神は藤川投手が

8,9回を抑え延長戦に、

巨人もFKHTの林投手が9,10回を無失点に抑えた。

11回は福田投手が登板したけれど、

この場面ではまだまだ経験が少なかった事と、

初めての阪神戦だった事で制球が定まらず、

2番関本選手に打たれてしまったが、

その後は何とか抑えた事で最後の反撃のチャンスを待った。

それに応えたのが、4番主役の李承ヨプ!

やはり強いチームには存在&威圧感のある4番がいると強い!

初めての阪神戦を最後の最後で

決める強運は見事というしかない。

この試合のキーポイントとして8回から

清水選手を代えずに守備固めが遅れた事は確かにあるけれど、

あの打球では鳥谷選手の足を考えると

控え選手の中に刺す事のできた選手はいなかったと思う。

山田、堀田、鈴木、川中、斉藤宜選手誰を起用しても

アウトカウントが2アウトだった事を踏まえると

結果的には同じだったと判断している。

投手交代についても上原投手8回交代の判断だが、

今年の巨人は勝ちパターンにFKHTを有している

以上この時点での交代は正しい判断だったと思う。

無理に引っ張る必要な次期ではないし、

後ろにそれだけのリリーフ陣が控えているのなら

交代で良いと思う。

次の事を踏まえれば無理をする時じゃない。

攻撃面では9回にニ岡選手出塁で代走の場面だが、

二岡選手の足はどちらかというと速い方になるので、

鈴木選手を代走で起用するなら足の速くない選手で

起用するのがセオリー、

今日の試合勝ったから良いようなものの、

延長戦を戦う事を想定する以上

むやみに守備と走力のある選手を代えるのは好ましくない。

点を取る事を想定して攻める事も必要だが、

取れなかった時の事を想定して

攻める事も先を読む1つの戦術である。

結果的には勝利したものの、

今日の展開では一歩間違えば確実に巨人が負けていた試合、

矢野選手のファインプレーがなかったら

間違いなく負けていただろう。

この試合もしMVPに上げるなら

7回の矢野選手の守備を上げるべきではないだろうか。

それでも良い試合だったし、この試合を取れたのは大きい。

明日明後日の投手陣を踏まえると

少し厳しいので投手陣は総力戦になるだろう。

トラックバック先

絵描人デイズ:さよなら!スンヨプ! - livedoor Blog(ブログ)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

原辰徳流「活私」管理術―それは長嶋野球の否定から始まった


ジャイアンツ愛


選手たちを動かした勇気の手紙