3日Jリーグナビスコカップ決勝

鹿島アントラーズ対ジェフ千葉の試合が行われ、

後半35,37分に立て続けにゴールを決めた

ジェフ千葉が2連覇を達成した。

試合は一進一退の攻防で無得点だったものの、

後半運動量で勝るジェフ千葉が

運動量の落ちた鹿島を段々圧倒し始め、

後半35分にMF水野のゴールで先制すると、

その2分後セットプレーから

MF阿部が決めて試合を決めた。

千葉は2連覇、鹿島は10冠目とはならなかった。
オシムジャパンの申し子たちが90分間走り続けた

結果勝ち取った2連覇はオシムジャパンのサッカーを

証明する結果となった。

代表に大量に送り出している千葉が90分間

運動量の落ちる事のない動きで最後まで走り切った。

鹿島は小笠原が移籍してから苦しい戦いをしているけれど、

やはり試合をコントロールできる選手が

いなかったのが最終的に響いた。

90分間走れるスタミナがこの連覇を導いた

千葉は若手が多いので主力が抜けても

ユースから若手を投入してこのカップ戦を乗り切った。

カップ戦はどうしても若手主体で

試合に臨むチームが多いけれど、

その中で主力と控えの差の無いチームが

カップ戦を制する事を証明した。

まずジェフ千葉の選手達にはおめでとうと言いたい。

千葉は来季3連覇に挑む!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。