5
15日アジアカップ予選

日本対サウジアラビア戦が行われ、

3対1で日本がFW我那覇の2ゴールで

快勝し首位通過を決めた。

試合は前半から日本が主導権を握り、

前半20分CKからGKが弾いたところを

DF闘莉王が代表初ゴールで先制すると、

前半29分にクロスからFW我那覇の

ゴールで追加点を上げるが、

前半33分DF闘莉王のファールで

PKを与えてしまいこれが決まって

1点差となり前半は2対1で折り返した。

後半になっても日本ペースで進み

後半5分DF駒野からのクロスを

FW我那覇が2点目のゴール決めて追加点を上げると、

日本にピンチはあったものの、

終始日本ペースで試合が進み、

試合終了間際のPKをDF闘莉王が

外すオチがあったものの、

強豪サウジアラビアに快勝し

今年最後の試合を勝利で締め括り、

アジアカップを首位通過で出場する事になった。
オシムジャパンになって始めて攻めらしい

攻めのできた試合だったと思う。

これまで再三決定力不足が指摘されてきたけれど、

それをFW我那覇の活躍でサウジアラビアを圧倒した。

守備面ではPK以外では確かにあぷない場面は

あったもののそれほど大きなピンチはなかった。

日本代表のフォーメーションは

3−5−2と4−4−2の併用

GK川口

DF今野、阿部、闘莉王、

MF

右SH加地、ボランチ(アンカー)鈴木啓、左SH駒野

攻撃MF右中村憲、左三都主

FW巻、我那覇

守備面ではサイドの加地と駒野を

ウイングバックとサイドバックを兼ねた

布陣で守備の時はサイドバックに

攻撃の時はウイングバックとして機能させた。

試合は前半から日本ペースで進む。

今までの日本は組立ては良かったけれど、

決定機で再三外してきただけに、

ここからどのように攻めるのか注目された。

攻めに関しては試合が消化される事により

コンビネーションが取れるようになり

以前より連携は良くなってきた。

それ以上に今日の試合では

ミドルシュートを打つ場面が多かった。

これでサウジアラビアの守備は前に出てくるようになり

最終ラインの裏を突きやすくなったのが大きかった。

この試合で目立ったのはMFの中村憲、

彼のパスセンスはなかなかのものがあり、

オシムジャパンでは数少ないゲームメーカーとして

この試合走りラストパスを出していた。

そしてそれ以上に良かったのがFWの我那覇、

今日の我那覇は本当に絶好調だったし、

チャンスがあればシュートを撃った事により

この試合ゴールをこじ開けるきっかけになった。

そして前半20分に

DF闘莉王が代表初ゴールで先制した後、

FW我那覇が目立ちだす。

そして前半29分にヘッドでゴールを決めると

後半5分にもこぼれたところを

確り押し込んで2ゴール目とストライカーとして

この試合最高の働きをした。

前回アウエーで敗れた悔しさが選手にも

この試合にかける気持ちとして表れ、

最後まで攻める事を忘れなかった。

守備面でもPKこそ与えたものの、

殆ど崩される場面も少なく、

ボランチが専門の今野、阿部が

急造3バックを務める布陣も

オシムジャパンのオプションの広さが

成しえたカードの1つとして

これから活かされてくるだろう。

今年最後の試合で来年以降のオシムジャパンの

目指すサッカーが見えてきたと思うし、

戦力の底上げができたW杯後の代表だった。

来年はアジアカップ獲得が最大の目標となるだけに

3連覇を目指してさらなるレベルアップと

新戦力の台頭が待たれる。

代表がいい活躍ができる事を期待して

来年の代表戦を楽しみに待ちたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

1436 ジーコ監督と日本代表 そして2006FIFAワールドカップドイツの真実


日本サッカー協会オフィシャルビデオ 日本代表激闘録 アジアカップ 中国 2004 V2


2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 日本代表 激闘の軌跡


日本代表激闘録 2000年アジア杯