2
22日FA宣言をしていた北海道日本ハムの

小笠原道大選手が巨人入団に合意した。

小笠原選手は今季パシフィックリーグの2冠王で

チームのアジア王者に貢献しMVPを獲得し、

ただ1人WBC、リーグ優勝、日本一、アジア一を

経験した選手だった。

巨人はこれで大型補強により打線は強化されたものの、

高齢化は進みほぼ野手にかんしては若手育成を放棄し、

若手育成とは名ばかりの

来季結果だけを求める補強が続いている。
このチームは何時から選手を買い物するだけの

チームとなってしまったのだろうか。

現在予想されるスタメンは投手以外では

キャッチャー阿部捕手、

ファースト李、

セカンド脇谷、木村、小坂選手らの競争だが

脇谷選手以外はベテラン、

サード小笠原選手、

ショート二岡選手、

レフト由伸選手、

センター谷選手、

ライト矢野、清水、亀井、小関選手で

競争も清水、小関選手の場合はベテランとなり

阿部捕手、脇谷、矢野、亀井選手以外全て30代以上となる。

新人は確かに入団したものの

このメンバーでレギュラーを取れそうなのは

セカンドかライトしかない。

これでまた大物外国人が入れば

さらに高齢化が急速に進む事になり

若手を起用する余地は殆どなくなってしまう。

しかもその中には他球団の戦力外寸前だった中堅、

ベテラン選手も含まれている訳で

このメンバーではどう考えても結果以外に求める事はない。

その中でも若手を使えという意見もあるだろうが、

それを言うなら過去の10年間を

確り振り返った上で話してほしい。

申し訳ないが今のメンバーの多くは

長嶋終身名誉監督が我慢して使い続けて

育った選手は残っているものの、

原監督、堀内監督の間には若手を殆ど

我慢して使い切れず中途半端な選手

ばかりになってしまった。

矢野選手にしても、亀井選手にしても

1軍には定着したが常時出場できる力はまだないだけに、

我慢して使い続ける気持ちは1つもないだろう。

そういう我慢ができなかった5年間を観ているだけに

いきなりそれができる訳がまずない。

それができなかったから即席出前のように

他球団の選手を獲得し続けて凄い選手か

中途半端な選手しかいなくなった。

血の入れ替えというが、

これはあまりにも血の入れ替え過ぎで

人間の血同様に拒否反応を起こしても仕方ない。

今ハッキリしているのは野手陣の殆どは

結果しか求める事がないという事だ。

これも経験というのはご法度!

小笠原選手には結果以外に求める事がないだけに

北海道のファンがかわいそうというのも良くわかる。

まず巨人ファンとして北海道のファンには

本当に申し訳ないと言いたい。

今巨人の内部には心をなくし、お金しかなくなった。

そしてそういうファンばかりになってしまった。

そういうファンの集まりの公式サイトがあるが、

それはあくまでお金で魂を売ってしまった者たちの

典型的なSNSだ。

お気に入りの選手以外は松井、清原選手同様に

罵声対象、裏切り者扱いを受けるだけに

もはや私の知る巨人では無くなった。

ゆえに今は契約こそ継続したが、

ほぼ外から見届けているのが現状だ。

そんなお金しかないチームに来た小笠原選手の

今後を踏まえるとその危惧は否定できない。

現実にFAで巨人に来た選手で引退できたのは

川口投手しかいない。

あとは皆自由契約などで他チームへ移籍した。

結果しか勝つ事しか興味の無いファンばかりなので

結果が出なければ陰湿ないじめ並の嵐が

待ち受けている事だけは確かだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

読売巨人軍をダメにした「ジャイアンツバカ」


原巨人“内幕”ファイル。―新生ジャイアンツは勝てるのか?報道されない、その内情に迫る!


巨人軍に葬られた男たち


巨人がプロ野球をダメにした