3
3日アニメ「機動戦士ガンダム00」第5話を視聴した。

今回は天柱の重力ブロックが思わぬ事故で

宇宙を漂流するところをガンダムキュリオスが

ミッション外の行動をして救助する回だった。
ストーリー

世界が混迷を極める中、マリナは各国に

援助を要請するためアザディスタンを後にする。

日本人の学生、沙慈とルイスは

奨学金で行ける研修旅行のため、

人革連の低軌道ステーションへと向かっていた。

そのころアレルヤは、

次の任務のためリニアトレインで宇宙へ戻る。

今回は人革連の新モビルスーツの

テスト起動中に起きた事故で、

ガンダムシリーズではお馴染みだが、

遺伝子操作した人間は不完全さを示した。

強化人間がその例だけれど、

何かを強化すると何かのリスクが伴うが、

やはり情緒不安定というのが見て取れた。

一度修正が利かなくなったら止めるのは容易じゃなく、

宇宙なら余計大事故に繋がる。

本来のミッションではなかったが、

キュリオスが出動して人命救助へ向った。

今回は天柱=軌道エレベーターの説明がメインだったが、

半世紀掛けた事業だけあって

加盟国へのエネルギー供給は

かなりの電気量を供給できるシステムには

24世紀の技術といえるかもしれない。

しかし敵対している相手でも救助に向った

アレルヤも過去の経験が

このような行動に駆り立てたのだろう。

その経験が宇宙での漂流という事を考えると

刹那同様他のマイスターにも

そのような経験があるのかもしれない。

しかしデュナメスの射撃性能の凄さは恐れ入る。

計算された射撃とはいえ0コンマ何ミリズレても

ダメなわけでその実力の凄さを世界に知らしめた。

次回は新装備を披露するらしいので

そのミッションに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

機動戦士ガンダム00 2008年カレンダー


DAYBREAK’S BELL





機動戦士ガンダム00 (1)