4
5日アニメ「機動戦士ガンダム00」

第13話を視聴した。

今回はアザディスタン王国の武力介入後編で、

内戦和議への道しるべを示すシーンがメインだった。
今回は前回の続きという事で、

アザディスタン王国の内戦状態が続く中で、

その原因を調べる刹那にグラハムが

調査で邂逅するシーンから始まった。

このシーンはソレスタルビーイングとしては

初の刹那とグラハムの

モビルスーツ外での邂逅となった。

さすがに鋭いグラハムは刹那の事は

ただの地元の住民とは見なかったのは

このシーンから捉えている。

まあ最もここで下手に手出しても仕方ない

という事になるのだろうが、

それでも通じるところがあって刹那に情報を流す。

その情報で勘付いた刹那は

この戦闘がアリーの仕業

という事を察知して隠れ家へ向かう。

そして隠れ家に辿り着いた

刹那のエクシアはアリーと戦闘になるが、

性能が上のエクシアが終始圧倒するが、

やはり実力差が縮まった訳じゃなかった。

それでも最後は性能が勝り

アリーのアナクトを撤退させた。

その中でアリーは刹那の正体を知っただけに

今後の展開でどうなるのか見ものだ。

そして人質を保護して送り届けるシーンでは

どんな困難な事でも戦争を根絶する

ソレスタルビーイングの

意志表示を示すシーンだった。

武装解除したエクシア、

銃で攻撃するアザディスタン軍、

それでも抵抗せず最後まで確り送り届けた。

そして最後には

戦え!お前の信じる神のために

それが刹那がマリナへ向けたメッセージだった。

でもこれが戦争根絶の強い意志でもあり、

マリナへのメッセージだった訳で、

今後マリナがこの戦争に対して

強い意志で導けるかに掛かっている。

どの世界でもそうだが、

戦争をしたくてしたい国ばかりじゃない。

その中でそれぞれの国が

どうやったら戦争を根絶できるのか?

それは永遠の課題かもしれないが、

一時は戦争のない時代だってあった訳で、

その答えはそれぞれの国が握っているのだと

いう事をソレスタルビーイングが

残したメッセージなのだと思う。

もちろんこれで終わるわけじゃないし、

これで解決するわけじゃない。

その意志が通じるまで

ソレスタルビーイングは存在し続ける。

グラハムもこの強い意志に

手を出せなかったのは当然だろう。

グラハムだって戦争を根絶を望んでいる訳だから・・・

という事で次回は3大国の軍事演習

という名目で

ソレスタルビーイングがどう絡むのか?

注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

機動戦士ガンダム00オフィシャルファイルvol.1


機動戦士ガンダム00オフィシャルファイル 専用バインダー付き4号


機動戦士ガンダム00 2008年カレンダー


ピアノピース 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)/主題歌「DAYBREAK’S BELL」「罠」


DAYBREAK’S BELL





機動戦士ガンダム00 (1)


機動戦士ガンダム00 2