2
12日札幌ドームで北海道日本ハム対巨人戦が行われ、

3対2で北海道日本ハムが序盤のリードを守り抜き、

巨人は3度目の貯金挑戦に失敗した。

試合は北海道先発多田野投手、

巨人先発バーンサイドの投げ合いで始まり、

初回に北海道が3番田中選手のホームランで先制すると、

5回には1番糸井選手のタイムリー2ベースで追加点を上げる。

巨人も6回に1点を返すが、

その裏北海道は6番小谷野選手のタイムリーでダメ押しされた。

最後は抑えのマイケルから1点を奪ったものの抑え切られ

巨人は3度目の正直はならなかった。

これで巨人は5割の壁に再度跳ね返された。
多田野投手のような緩急を使う投手に

まんまとやられてしまった。

昔の90キロ台のスローカーブを

駆使した香田投手のような感じだが、

こういう投手にハマると凡打の山を築いてしまう。

四死球もなしではチャンスを広げる事もできず

そのまま最終回まで反撃らしい反撃はできずに終わった。

一応交流戦では5割以上をキープしているので

最終的に貯金して交流戦を終われば

という感じで良いかも知れないが、

このままズルズルだけはしないでほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。