4
5日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、

0対8で巨人が小笠原選手のタイムリー、

由伸選手の2ランなどで快勝し

阪神と3.5ゲーム差まで縮まった。

試合は東京ヤクルト先発川島投手、

巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制し、

6番二岡選手のタイムリーで2点目を上げる。

5回には5番由伸選手の2ランで追加点を上げると、

7回に一挙4点を上げて勝負を決めた。

投げても先発グライシンガーが安定した投球をみせて

14勝目を上げた。

これで巨人は首位阪神とのゲーム差が

3.5と縮まりいよいよ首位が見えてきた。
初回に主導権を握れた事が大きかった試合だけれど、

先発グライシンガーで確実に勝利をものにできる事も大きい。

打線は3番小笠原選手が後半戦以降大爆発で

いつの間にか3割を越えている。

これが最近巨人の破壊力が上がった一因でもあるけれど、

残り試合で阪神にどこまで迫れるか?

今は自分たちの戦いに集中する事だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。