3
10日ドラマ「正義の味方」最終話を視聴した。

今回は離婚寸前となり風雲の灯火となった

槇子と直紀の関係で容子が奮闘するが

修復不可能な状況まで突き進む。

しかし悪事女王さまの最後の強力兵器を投入して

まさかの一件落着してしまうシーンがメインだった。
ストーリー

槇子が実家に戻って来てからは、

直紀との溝が深まるばかり。

容子は、引越しが迫る陸に思いを告げたいと思いつつも、

躊躇するばかり。

その上槇子と直紀のことが気がかりでたまらない。

まもなく、中田家へ来た克夫と里美に、

槇子が遠慮なしに直紀の嫌いな点を並べたことから、

両家の関係は修復不可能な状況に。

容子は、何とか2人を元の鞘に戻そうと、

思い出のレストランに誘い出す。

だが、槇子は、直紀の話も聞かず大食いし、

トイレに駆け込む始末。

これですっかり直紀は幻滅してしまう。

まもなく良川家の両親は直紀を連れて、

離婚を告げるために中田家を訪ねるが――。

果たして、容子の努力の甲斐もなく、

槇子と直紀は離婚してしまうのか?

それとも、2人の仲を修復する奇跡が起きるのか?

固唾を飲んで見守る容子の前で、

槇子が出す最後の切り札とは?!

以上日テレ正義の味方HPより


今回は離婚寸前間で行った槙子と直紀の関係が修復するのか?

というのが最大のテーマだった。

この流れからしてどう考えても離婚回避できずと

誰もが思ったけれど・・・

それはさておき容子は絶縁状態の2人を

仲介すべく奮闘すると共に陸への想いを

テレビで伝えようとしたが、

ここで悪事女王さまの悪事が炸裂し

何ともテレビ相談とは思えない発言が

メディアを通じて流れてしまった。

これで陸に思いを伝える事ができなかった容子は

吉川家と中田家の間は完全に修復不可能と思われたが、

ここで槙子はまさかの最終兵器を投入した。

離婚を了承した途端・・・まさかの・・・

ご懐妊!!!

これで離婚が一変に白紙となった。

やあこの状況で白紙ですか・・・

どう考えても有り得ない!

普通なら中絶しろ!

と迫られてもおかしくない場面だ。

あれだけこっ酷く罵った姑が子供が妊娠していると知った途端

いきなり変わってしまうものなのか・・・

もう悪事女王さまの最終兵器は恐れ入ったというのが結末だった。

容子は陸へ思いを伝える事ができたが、

納得いかないハッピーエンドとなった。

総評としてこれだけ女王さま的な悪事をやって

はいハッピーエンドですというのが

納得できない終わり方をしたけれど、

どんな事が起きても真っすぐに自分らしく

生きる槙子の姿はある意味その信念の強さには恐れ入る。

それ以上に容子は最後まで姉の召使いのままで

終わってしまったがちょっと容子を応援していた者としては

残念な結末だったけれど

姉妹の絆はそれ以上に強かったという事なのだろう。

上下ある姉妹、兄弟関係より同等な関係であってほしいと

願いつつ最後まで悪事女王さまに

天罰が落ちなかったのが最大に納得がいかないところだった。

それでもそれでも前向きに生きる容子の姿には

どんなに辛くても強く生きる事を教えてくれた。

最後にはBlog本の出版まで行き着いたが、

それも1つの才能という事で良しとしたい。

でも現実の悪事女王さまと結婚する方には

くれぐれも覚悟ある結婚生活を送ってほしいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

正義の味方 オリジナル・サウンドトラック


ホントはね(DVD付)


ありがとう(DVD付)