5日「機動戦士ガンダム00」セカンドステージ

第1話を視聴した。

今回は前回から4年後の2313年を舞台に

地球連邦が設立したアロウズによる弾圧を

ソレスタルビーイングが4年の沈黙を経て

再び悪に飲み込まれようとする世界を守るために

活動を再開するシーンがメインだった。
ストーリー

西暦2312年。

ソレスタルビーイングと、国連軍との最終決戦から4年。

地球連邦政府を樹立した人類は、さらなる国家の統合、

人類の意思統一を目指すべく、連邦正規軍とは別に、

独立治安維持部隊『アロウズ』を組織する。

しかし、その実態は、統一に名をかりた反政府勢力や主義、

思想等への非人道的な弾圧であった。

夢を叶え、ルイス・ハレヴィとの約束を守るべく、

宇宙技術者の道に進んだ沙慈・クロスロードも、

否応なく連邦政府の改革に巻き込まれていく。

一方、4年前の最終決戦で生き延びた刹那・F・セイエイは、

ソレスタルビーイングによって変革を促された

世界の行く末を見つめていた。

監視者、アレハンドロ・コーナーを倒し、

争いのない平和な世界になることを夢見て。

しかし、彼が目の当たりにしたものは

『アロウズ』によって作られた弾圧という名の平和、

歪み続ける現実であった。

彼は再び戦う決意をする。

世界を変革出来うる力、ガンダムと共に。

再び動き出す世界で刹那や沙慈の進み行く先は

どこに向かうだろうか?


今回は最終決戦から4年後の世界が舞台だけれど、

そこでは4年の歳月で色々なものを変えていた。

4年ってわずかかもしれないけれど、

沙慈は既に宇宙技師として働き、

刹那は単独行動で行動しており、

ティエリアはソレスタルビーイングの再建に尽くしていた。

その他アレルヤの行方は知れず、

ロックオンはこの世にいなかった。

ここで驚くのはルイスが弾圧組織のアロウズに

入隊していたという事実とそれ以上に

モビルスーツに搭乗していたという事実には驚いた。

わずか4年で彼女をどう変えたのかはこれからわかる事だけれど、

セカンドステージの始まりとしては

色々な再会から世界は動き出していく事になるだろう。

さてこれからだけれどまずソレスタルビーイングは

戦力を整えなければならない。

刹那は確かに戻ったものの、

その間にスメラギはいなくなり、

アレルヤもロックオンもいない。

さすがに2人では無理な訳で、

その中で戦力を集める事と反政府組織カタロンが

どうソレスタルビーイングと絡んでくるのか?

そこがこれから注目される。

如何せん今回はカタロンはまだその全貌が良くわからないし、

アロウズはどのような弾圧で世界を苦しめていくのか?

それは次回からダブルオーガンダム始動と共に

大きく動き出すだろう。

世界の再生のために再び殲滅に向かう

ソレスタルビーイングのこれからの行動に目が離せない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4years after


機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT


CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」


CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「MISSION-2306」


機動戦士ガンダム 00VoiceActorSingle I 宮野真守 come across 刹那・F・セイエイ 『Soup』/『箱空』


機動戦士ガンダム00 7