3
2日「機動戦士ガンダム00」セカンドステージ

第5話を視聴した。

今回は保護していたマリナと沙滋をカタロンとの接触で

2人を保護してもらったが、

マリナはアザディスタンへ戻る事を希望し、

沙滋はここから抜け出す事を目論んだが、沙滋は連邦に捕まり、

セルゲイに事情を話してしまった事でカタロンの組織を

発見され多くの犠牲を出し、

マリナは燃えるアザディスタンを前に

刹那の敵が現れたシーンがメインだった。
今回はソレスタルビーイングとカタロンの初接触で

それぞれ連邦とアロウズ打倒の協力を要請したが

ソレスタルビーイングはこれを断った。

しかしこの現状ではどちらも協力体制を導く必要が

あるはずなので後々連携を取る事になるだろうし、

2代目ロックオンも彼らと通じている事を踏まえたら

時間の問題だろう。

そんな中でミスターブシドウがひとり軍の権限がある事が判明!

おとめ座は1人がお似合いという事か?

それはさておき沙滋はこの場から逃げ出そうとしたが、

途中で連邦のセルゲイに拘束され事情を話すが、

これが密かに聞いていた構成員にアロウズに情報を流し、

カタロンのアジトを把握しついに

アロウズはカタロンの組織を襲撃する。

これを察知した留美はソレスタルビーイングに情報を流すのだが、

一体留美はどちらの味方なのか?

どちらも手玉に取っている感じがしてならない。

そしてアロウズの襲撃に無人兵器による

大量虐殺をまざまざ見せつける。

これに怒った2代目ロックオンは被害を食い止めるために

カタロンのアジトへ向かうのだった。

機械による大量虐殺は別に不思議な事じゃないけれど、

この行為に対して疑問を持っている者も少なくないようだ。

そのセルゲイ、ピーリス、マネキンらがどう行動するのか?

これからの展開に注目されるところだ。

沙滋はこの件でセルゲイは保護できなくなり

再びカタロンとソレスタルビーイングに戻る事になった。

沙滋もこれでようやく戦争の現実を知る事になっただけに、

沙滋もついに逃げられなくなった。

これから沙滋がどう変わってくるのか注目だ。

そしてラストはアザディスタンが尽く滅ぼされていた。

これはいうまでもなくサーチェスだ。

こんな事をできる奴がこれからの本当の敵となるのだろうし、

これからの強敵となるのだろう。

祖国を失ったマリナは?

行き場の失った沙滋は?

2人の動向に注目しつつソレスタルビーイングの行動に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン     4years after
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4years after


CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」


儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1