5
11日「機動戦士ガンダム00」セカンドステージ

第14話を視聴した。

今回はメメントモリ破壊に成功したものの、

イノベーダーの反撃にあいプトレマイオスは地上へ落下する。

一方プトレマイオスと離れた刹那は地上へ降下したところに

サーチェスの機体と遭遇し、リボンズと対面する。

ティエリアたちはイノベーダーの追撃に対して迎撃し、

ティエリアがトランザムでセラフィムを

排出しイノベーダーをし止めた。

一方刹那はサーチェスを止めを刺そうとしたが、

マリナの歌声で止めを刺せないシーンがメインだった。
今回はメメントモリ攻略に成功したものの、

イノベーダーの反撃にあい地上に落下してしまったプトレマイオス、

確かに戦力的にもトランザムを使い果たしてしまったあとなので

これは仕方ない。

しかしそのために刹那ははぐれてしまいネーナの情報で地上へ、

反撃すると思ったが助けたという事で今回は見逃した。

その間にセルゲイがクーデターの情報を得るが、

確かにこのままアロウズの非道を許せず

という状況であるならそれも有り得る訳で

どういう事になるのかこれから楽しみだ。

そしてクーデターの情報を得たカタロンはその交渉に行く事になる。

その時マリナは歌を創っていた。

そして地上に降りた刹那が待っていたのは

サーチェスに案内されたリボンズだった。

リボンズこそかつてのオーガンダムのパイロットだったのだ。

どうしてリボンズがソレスタルビーイングに参加せず

アレハンドロ・コーナーについたのか?

その謎はまだまだあるらしいが、

ここでかつてのパイロットと対面した。

しかしここで引き下がる刹那ではなく、

あっさり断ったがサーチェスに撃たれ負傷したまま

サーチェスと対決する。

一方イノベーダーの反撃にティエリアとアレルヤが迎撃し、

ティエリアはトランザムを使ってセラティムを排出し、

イノベーダーの1人を討ち取った。

一方刹那もサーチェスを追い込むが、

ここでまさかの歌声が聞こえて躊躇した。

この歌声の主こそマリナだった。

どうしてこの歌声で躊躇したのか疑問だが、

刹那の心に響くものがあったのだろう。

これでサーチェスを逃がしてしまいこの先再び再戦となる。

マリナの歌がエンディングというのも以外だけれど、

果たしてマリナの歌声がこれからカギを握るのか?

そして負傷した刹那は?

ソレスタルビーイングは?

その展開に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
著者:講談社 編
販売元:講談社
発売日:2008-12-25
クチコミを見る




機動戦士ガンダム00 高河ゆんデザインワークス機動戦士ガンダム00 高河ゆんデザインワークス
著者:高河 ゆん
販売元:一迅社
発売日:2009-01-14
クチコミを見る


機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3
アーティスト:TVサントラ
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008-12-24
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
出演:宮野真守
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009-02-20
おすすめ度:4.0
クチコミを見る