24日公開の映画「007/慰めの報酬」を鑑賞した。

この映画は長年続く007シリーズの最新作で

ボリビアで進む天然資源を巡る悪の組織と対決するストーリーである。

長年続く007シリーズだが現主人公になってから

2作目のシリーズの続編である。
私自身全く番外地というべき007シリーズなので

まあ昔テレビで観た程度の知識しかない。

という事で今回は完全に簡単レビューになってしまう訳だが、

これでもかと敵を撃ち抜いていく

ジェームス・ボンドのスナイパーぶりに酔い痴れるばかりだった。

キャスト

番外地ゆえ省略

ストーリー

愛するヴェスパーを失い、失意のボンド。

彼女の裏切りの真相追及のためMと共に尋問した男から、

地球を揺るがす危険な組織の存在を知る。

ハイチに飛んだボンドは謎の女カミーユを通して

組織の幹部グリーンに接近、恐るべき計画を突き止める。

彼らは貴重な天然資源を支配することにより、

ある国の滅亡を企てていた。

個人的感情が許されない007としての任務、

愛する女を自殺に追いやった組織への復讐に揺れるボンド。

同じく心に傷を持つカミーユは

いつしかボンドに惹かれはじめていく――。

果たしてボンドが、最後に選ぶ道は?

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして007恒例となったシリーズだけれど、

とにかく裏組織として動くジェームス・ボンドの活躍を描くわけだが、

ボンドの行くところには必ず凶悪なボスと手下、

並びにボンドを愛する女性が存在する。

今回も恒例となった図式で展開していくわけだが、

まず冒頭からボンドは身柄を確保した捕虜を搬送中に

組織に追われるカーチェイスから始まった。

最初からこのペースで飛ばすものだから

一体どうなってしまうのかと思うほど迫力のカーチェイスだった。

そして詰問をしているかと思えば今度は裏切り者

発生で落ち着く暇すらない。

結局射殺してしまう結果になり情報がわからずじまいだ。

そして捜査が開始されるが、

今度はターゲットの女性を奪い組織とこれまたやりあう展開、

この失態によりボンドは停職を命じられるが、

そんな事お構いなしのボンドだった。

そして調査の結果組織の目的がわかり潜入捜査を展開するが、

次々と身近の人物が殺されていく。

果たしてボンドは今回の事件を解決することができるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

まあ最初から最後まで壮絶なスナイパー戦というべき

展開にアクションの好きな人には堪らない展開だろうが、

筋書きとして考えると展開が速過ぎて

飲み込むのがちょっと困難だったりするが、

まあ元々最後にはボンドが確り解決するあたりさすが007である。

総評として最初から最後まで休む暇もないほど銃撃戦とカーチェイス、

飛行戦が繰り広げられた。

撃ってくる相手に対しては撃って仕留め、

抵抗しない相手には確保する。

殆ど仕留めてしまうのだが、

そんな裏世界で活躍するボンドを次も楽しみにするファンは多いことだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

007大百科007大百科
著者:ジョン・コーク
販売元:AC Books
発売日:2009-01-24
クチコミを見る


007/慰めの報酬~オリジナル・サウンドトラック007/慰めの報酬~オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
発売日:2008-11-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


Quantum of Solace [Original Motion Picture Soundtrack]Quantum of Solace [Original Motion Picture Soundtrack]
販売元:Sony
発売日:2008-10-28
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


007 慰めの報酬 (ダニエル・クレイグ 主演) [DVD]007 慰めの報酬 (ダニエル・クレイグ 主演) [DVD]
おすすめ度:4.5
クチコミを見る