5
1日公開の映画「GOEMON」を鑑賞した。

この映画は紀里谷和明監督2作目の映画作品で

1582年に信長が本能寺の変で自害してから

秀吉が天下を獲って一時の平和が訪れた時代に

天下の大泥棒石川五右衛門が盗みを働いた先で

秀吉の重大な秘密を知り、自らの運命と戦っていくストーリーである。

映像は非現実的な要素があるものの、

その迫力は凄まじいものがありただ圧倒される事になるだろう。
映像クリエーター出身の紀里谷和明監督5年ぶりの作品という事で

前作があまりにも非現実的な世界を描いたが、

今回も実在人物が登場しながら時代背景が

ミスマッチな描き方をされた戦国時代末期に活躍した

石川五右衛門が今回の主人公だ。

歌舞伎の世界では五右衛門の人気は根強く、

貧困に瀕していた庶民のヒーロー的存在として

江戸時代から描かれている。

天下の大泥棒として実在人物である石川五右衛門が

実は信長の忍びだったというお話だ。

とにかく映像の迫力に圧倒され続けるだけに

ストーリー抜きに最後まで楽しめる作品ではあるだろう。

キャスト

天下の大泥棒でかつては信長の忍びだったが

信長の死後自由となり天下の大泥棒となるが自らの運命に立ち向かう

石川五右衛門演じる江口洋介

同じく信長の忍びだったが信長の死後石田三成の忍びとなるが、

ある出来事により秀吉の命を狙う事になる

霧隠才蔵演じる大沢たかお

五右衛門の手下で一時は五右衛門の命を狙ったものの

今は五右衛門の良き相棒である

猿飛佐助演じるゴリ

幼き時信長の命により五右衛門に守られながら

暮らしていたが今は秀吉の側室になるが、

信長暗殺の全貌を知り秀吉の命を狙う

浅井茶々演じる広末涼子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

1582年 天下統一を目指した織田信長は、

その夢目前にして、家臣、明智光秀の謀叛により本能寺で暗殺される。

しかし、信長の右腕であった豊臣秀吉が、その数日後に光秀を討伐。

その功績をもって信長の後を継ぎ豊臣政権を制定する。

世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。

そこに、彗星のごとく現れる一人の盗賊。

名は石川五右衛門。

超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、

貧しきものに分け与える英雄に庶民は熱狂する。

ある夜、盗み出した財宝の中に南蛮製の箱を見つける五右衛門。

その箱の中にはある重大な秘密が隠されていた。

忘れ去ろうとしていた過去の扉を開いてしまう五右衛門。

箱の秘密を追う、石田三成と霧隠才蔵、

そして徳川家康と服部半蔵。

真実を巡る壮絶な戦いが始まる。

秘密とは?開けてはならないパンドラの箱が今開く。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとしてうまく忠実(没年や出来事)に合わせつつ

脚本を着色して描かれているGOEMONだけれど、

歴史認識で考えるとよくそこまで凝った作りをしたものだと思う。

映像は迫力を出すためにどうしても

非現実的な背景となり別世界のような感じだけれど、

その分非現実的だからこそ迫力あるアクションシーンが

満載なだけにそのアクションシーンは圧巻だ。

元々石川五右衛門は実在するものの

どんな人物だったのかはわからないので

忍びだったという設定は実に見事な設定にしたものだと思う。

それを雲隠才蔵と共に鍛えたのが実在する

服部半蔵という設定にはただただ納得してしまった次第だ。

それはさておきストーリーはアル屋敷に盗みに入った

五右衛門が南蛮の箱を盗んだところから大きく展開し始める。

盗んだ金を庶民にばら撒くあたり

さすが五右衛門が庶民のヒーローと言われるゆえんを確り描いている。

その箱には秀吉が光秀と結託した血判状のありかが隠されていた。

実際の歴史上ではどうして明智光秀が謀反を起こしたのか

謎めいているものの、このストーリーでは

秀吉と結託してという事になっている。

確かに秀吉がわずか3日で岡山城から引き返した

手際さを考えるとあまりにも用意周到過ぎるので

そう考えると納得したりする。

そして血判状を見つけた五右衛門だったが、

その血判状はつけていた服部半蔵にアッサリ渡してしまう。

実は五右衛門はかつて服部半蔵の下で

忍びの修行をしていた事がありいわば師匠である。

そして五右衛門を狙った霧隠才蔵も同じように信長に拾われ、

忍びとして鍛え上げられたいわば同士だった。

秀吉は天下を獲ってからは贅沢の限りを尽し、

日本だけでは飽き足らず朝鮮と明を狙い始める。

これが朝鮮出兵だけれど、これを機に家康始め、

三成、才蔵、五右衛門、茶々が秀吉の命を狙うが、

果たして秀吉の命を奪う事ができるのか?

そして五右衛門はかまゆでの刑にされてしまうのか?

結末は劇場で観てほしいが、

とにかくストーリーは軽く飲み込む程度で

あとはアクションシーンを堪能し続けた。

ストーリーは私自身1番知っている時代の流れなので

ストーリーは確り飲み込めていた事が

最後まで違和感無く観れたけれど、

これは人によっては時代背景が違い過ぎて

別世界という感じで観なければついていけない作品となるだろう。

総評として映像の迫力は満点だった。

ストーリーも大きく着色されているものの

それはある意味別世界だから許容範囲でもある。

五右衛門が最後まで平和を望んだ描き方をした事は

戦乱の世で庶民の悲しみを見てきたヒーロー的な

描き方をされていたからゆえでもある。

それはそれで良いと思うし、

ヒーロー要素があるから今でも大泥棒でありながら

庶民の味方であるヒーローとして描かれ続けるのだろうと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

GOEMON (幻冬舎文庫)GOEMON (幻冬舎文庫)
著者:竹内 清人
販売元:幻冬舎
発売日:2009-04
クチコミを見る



GOEMON (1) (KCデラックス)GOEMON (1) (KCデラックス)
著者:紀里谷 和明(原作) 森 遊作(漫画)
販売元:講談社
発売日:2009-04-28
クチコミを見る



GOEMON オリジナル・サウンドトラックGOEMON オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:アール・アンド・シー
発売日:2009-04-22
クチコミを見る