30日公開の映画「ROOKIES-卒業-」を鑑賞した。

この映画は2008年4月期に放送された

ドラマ「ROOKIES」の劇場版で舞台はドラマの1年後となる

2009年4月から甲子園を目指し紆余曲折を経て予選を戦い

夢の甲子園を目指すストーリーである。

不良たちが甲子園を目指すドラマとして

若い世代に多くの感動をもたらしたドラマだけれど、

最終となる劇場版でも最後の最後まで

奇跡を信じて戦うニコガクナインの戦いから目が離せないだろう。
私は実はドラマは1度も観なかったんだけれど、

劇場版決定が決まってから観る事を決めていたので

大げさな宣伝お構いなしでも観ましたという感じだが、

しかしこれほど込んでいる劇場も珍しいというか

込みやすい劇場でも満員寸前というケースは殆ど無かったけれど、

今回は昼の回まで満席と最前列しか取れませんでした・・・

エヴァやごくせんはこれ以上の予想ができるだけに今から覚悟しないと・・・

余談はさておき、不良だった連中が目的を持って目指す

ストーリーは私自身とても好きだし、

野球好きな私としても観たい作品ではあった。

まあ個人的には理論派なんだけれど、

根性論も認めない訳じゃないので

その点を突っ込んでしまったら色々言いたい所もある。

それでも夢を目指して頑張る姿は最後に

筋書きの無いドラマとして目撃する事になるだろう。

キャスト

野球は素人だが熱血漢は誰にも負けない、

不良だったニコガクナインに夢を持つ事を教え続ける

川藤幸一演じる佐藤隆太

ニコガクのエースで4番安仁屋恵壷演じる市原隼人

ニコガクのキャプテンでセカンド兼キャッチャー御子柴徹演じる小出恵介

ニコガクのサード5番新庄慶演じる城田優

ニコガクのキャッチャー若菜智哉演じる高岡蒼甫

ニコガクのファースト湯舟哲郎演じる五十嵐隼士

ニコガクのセンター関川秀太演じる中尾明慶

ニコガクのショート桧山清起演じる川村陽介

ニコガクのレフト岡田優也演じる佐藤健

ニコガクのライト今岡忍演じる尾上寛之

ニコガクの代打要員平塚平演じる桐谷健太

ニコガクの新入部員で中学から注目された逸材で

怪我したキャプテンの代わりに出場する赤星奨志演じる山本裕典

ニコガク新入部員で平塚に助けられた事で

ニコガク野球部に入部する濱中太陽演じる石田卓也

ニコガクのマネージャーで安仁屋とは幼馴染で

甲子園に連れてってやるという言葉を信じている

八木塔子演じる村川絵梨

他多数の豪華キャストでストーリーが進行する。

ストーリー

野球部の面々が3年に進級し、

川藤が二子玉川学園高校の教師に返り咲いた2009年春。

野球部には新入生2人、中学時代から名を轟かしている赤星奨志と、

平塚平をヒーローと崇める濱中太陽がやって来た。

横柄で反抗的な赤星と、頼りない平塚の実態を知り

すっかり拗ねてしまった濱中。

そんな中、不良生徒にからまれた赤星を庇い、

御子柴が下腿骨を骨折、夏の予選大会への出場が絶望的になる。

しかし部員たちはさらに結束を固め大会での活躍を誓う。

そんな彼らの決意が反抗的であった赤星、濱中の心も溶かしていく。

そしてついに予選大会を迎え…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして赴任して早々半年間の出場停止だった

ニコガク野球部に赴任して纏め上げた熱血教師川藤、

しかしその川藤が過去の事件で野球部を去ることになり

再び教員試験を受け直して復帰するところからストーリーが始まる。

その以前はドラマの部分なのでドラマを

観ていた人たちにとっては彼らの経緯は良く解っているので

説明は不要だと思うけれど、

そして始まった最後の甲子園への夏・・・

最初は新入部員も入らず、

ニコガクの現状に失望する2人に新入部員の赤星と濱中・・・

しかしそんな2人をキャプテンの御子柴らが説得して濱中が入部し、

赤星もメジャーを目指すと言って大学野球部で練習している。

しかしある時同じ高校の不良に絡まれて

それを庇った御子柴が怪我をしてしまい

全治3ヶ月の大怪我を追ってしまう。

それを観た赤星は入部を決意し練習にも参加し

いよいよニコガクが1つに纏まった瞬間だった。

この映画の5割は試合シーンなので

そういう冒頭は最初の50分だけれど、

ドラマを観ていなくてもこのシーンはある程度熟知してしまえる

部分なのでそれはそれで良いとは思うけれど、

1つ忠告するとこの作品では高校生の設定なので

タバコを吸うシーンは法律上禁止な訳だ。

演じている人たちは20歳以上ですけれどね。

メジャーを目指そうとしている者が健康管理も怠るようでは

メジャーは遠い先の話なのだが、

まあ不良の世界を知らない人には

彼らの行動は理解し難い面はあるけれど、

高校生の頃って大人にあこがれている面もあり、

ついついたばこを吸いたくなったりするんでしょうね。

私も高校時代にそうやって吸っていた人たちがいたけれど、

私は元々今でも一切吸わない人なので

そんなの吸って何が良いんだろう?

と思いながら見ていたのを思い出す。

言うまでも無いがその連中は後々発覚し

停学処分が下った事はいうまでも無い。

話を戻すといよいよ始まった

最後の夏の甲子園大会東京地区予選が始まった。

東京地区というと全国でもかなりの激戦区であり

勝ちあがることそのものが容易じゃない。

そこから甲子園へ行こうという事が困難な場所だ。

予選1回戦から勝ちあがっていく

ニコガクナインは激戦を経て決勝の舞台まで辿り着いた。

その決勝戦の相手は安仁屋が中学校時代に

3打席3三振を屈した川上率いる笹崎、

安仁屋はリベンジを果たすために気合を入れていくが・・・

初回に走者3塁のチャンスに安仁屋は三振振り逃げのシーンで

走らずチェンジとなってしまう。

これに自分の弱さを感じた安仁屋は川藤に一発殴ぐる事を

お願いして気合を入れなおす。

しかし初回から安仁屋は打ち込まれホームランなどで

6回まで5点をリードされる。

残り3回しかない・・・

しかし少しずつだが川上は疲れだしていた。

しかしニコガクにもアクシデントが襲っていた。

ニコガクはこのアクシデントを乗り切れるのか?

そして5点ビハインドを跳ね返して甲子園へ行く事ができるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

半分が決勝のシーンなので

このシーンではその場面でのニコガクのナインの気持ちが描かれている。

ただ川藤は元々野球の素人なので

作戦面は8割は気合あとはフリーという感じだ。

相手の川上攻略法を初球はフォークは投げないと

読んだが見事に裏をかかれる始末・・・

しかしフォークってわかっていても

落ちが良ければ簡単に打てるボールじゃないので

こういう投手を攻略する時は暴投の可能性が

あるわけだからそこを狙っていく事が攻略の糸口になる。

実際に試合のシーンでは何度も暴投している。

これはキャッチャーも捕るのが困難だからだ。

そしてセーフティバントの多用だけれど

これはあまり使い過ぎると効果が無い。

不意打ちで初めて効果はあるが続けてするものじゃない。

盗塁の多用だけれど、

よほどけん制が下手なのか盗塁成功するシーンが多い。

通常左投手だと1塁から2塁への盗塁は難しい。

ただ2塁から3塁は走り易い面がある。

安仁屋の投球だけれど、

殆どがストレート中心と基本は確かにストレートなのだが

ど真ん中が多く狙われてホームランにされるシーンが目立った。

通常コンビネーションで2種類のゴールとコースを使って

投げないといくら速くても抑えられないんだけれどね。

ただ投手の場合は遅くても上手く打たせて捕る投球で

抑えられる醍醐味があるのでストレートの切れが

良ければ打者も打つのは困難だ。

そしてこの試合では通常考えられない

奇跡的なバッティングがあるんだけれど、

通常の試合でもある打者のシーンのように

当てるつもりがなくても当ってしまってフェアという事はある。

私も投手をやった事があるのでコントロールミスで

高めのボールが行ってしまい避けたバットに当って

ファウルという事があったからまあルール上問題なしでもある。

ただあの大根切りは天才イチローでも打てないぞ・・・

総評として色々悪さをしてきた不良たちが

夢を持つ事で一生懸命になれる事を見つけることができた2年間・・・

その2年間で得た事は今後の人生で

絶対忘れる事の無い出来事だろうしこの夢が

あったからこの先夢を持ち続けていけるはずだ。

私も数多くの野球の試合、サッカーの試合を観ているけれど、

野球では絶体絶命の9回2アウトビハインドで

逆転サヨナラホームラン、

サッカーならロスタイムの決勝ゴール、

これらのシーンは生で味わう事ができれば

その魅力に取り付かれて離れないだろう。

そして高校生では夢を持って目標を持つ事で生きる意味を知っていく。

その夢に向かって頑張る姿は誰が観ても

夢にトキメキ、

明日にトキメキ

そして強くなっていく事を感じることになるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

ROOKIES ルーキーズ -卒業- PERFECT BOOKROOKIES ルーキーズ -卒業- PERFECT BOOK
販売元:集英社
発売日:2009-05-28
クチコミを見る



映画 ROOKIES ―卒業―(JUMP J BOOKS)映画 ROOKIES ―卒業―(JUMP J BOOKS)
著者:森田まさのり
販売元:集英社
発売日:2009-05-11
クチコミを見る



ドキュメント of ROOKIES ~11人が戦った141日間のキセキ~完全版 初回限定版ドキュメント of ROOKIES ~11人が戦った141日間のキセキ~完全版 初回限定版
出演:佐藤隆太
販売元:TCエンタテインメント
発売日:2008-10-29
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



「ROOKIES-卒業-」オリジナル・サウンドトラック「ROOKIES-卒業-」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:HARBOR RECORDS
発売日:2009-05-27
クチコミを見る



遥か(初回限定盤)(DVD付)遥か(初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:GReeeeN
販売元:NAYUTAWAVE RECORDS
発売日:2009-05-27
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

ドキュメント of ROOKIES −卒業− [DVD]ドキュメント of ROOKIES −卒業− [DVD]
出演:佐藤隆太
販売元:video maker(VC/DAS)(D)
発売日:2009-04-22
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版
出演:佐藤隆太
販売元:TCエンタテインメント
発売日:2008-07-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOXROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOX
出演:佐藤隆太
販売元:TCエンタテインメント
発売日:2008-10-08
おすすめ度:3.5
クチコミを見る